時間

「クレジットカードの引落日に、どうしても銀行口座にお金を用意できそうにない。」

「数日後にお給料が入るから、その日になれば支払えるんだけど・・・。」

というように、やむを得ず支払いが遅れてしまう場合、カード会社への事前連絡は必須です。

ただ、事前に連絡すれば信用情報に傷がつかないのかと言えば、そういうわけではありません。そこで今回は、クレジットカードの延滞について解説します。

事前に連絡すれば延滞しても大丈夫?

電話

例えばクレジットカードの引落日が毎月27日であるのに対し、お給料日が毎月30日である場合。

「引落日には間に合わないけれど、30日には必ず支払います。」と、カード会社に連絡をすれば、信用情報に傷がつかないのでしょうか。

・・・結論から言うと、傷がつきます

カード会社に無断で延滞するよりも、事前に連絡した方が"多少はマシ"であるというだけで、「延滞」の事実は変わりません。

延滞情報は複数の機関に記録される

記録

クレジットカード会員が支払いを延滞したという事実は、いくつかの機関に記録されますが、これが信用情報に傷がついた状態。

一度記録されてしまうと、そう簡単には消えません。

クレジットカード会社

各カード会社では、「自社のクレジットカード会員に関する情報」を綿密に管理しています。

その中で、基本的に1日でも約束の期日を過ぎると、延滞として処理されてしまいます。

事前に連絡しただけでは、延滞情報を払拭することはできません。

個人信用情報機関

CICをはじめとする個人信用情報機関にも、延滞情報は残ります。

個人信用情報機関には「支払い状況を記録する欄」が設けられており、支払い状況は記号で記録されます(下記参照)。

  • $:期日までに支払いが完了したことを表す
  • A:延滞したことを表す

Aのマークを付けるタイミングや基準はカード会社によって様々。

1日でも延滞をすればすぐにAをつけるところもあれば、期日までに引落しが出来なくても再引落で入金が確認できた場合は、Aをつけないところもあります。

原則として、延滞すると"Aマークが付く"と覚えておいてください。

Aマークがつくとどうなる・・・?

カード会社は、個人信用情報機関を開示できるので、私たちの信用情報は隠せません。

そのため、支払い状況の欄にAマークがついていると、クレジットカードの審査において非常にマイナス。

期日を守れないということは、「信用のおけない人」という印象を持たれることに繋がるのです。

それでも連絡するべき理由は?

連絡

「カード会社に連絡をしたところで、どうせ延滞に変わりはないし、する意味あるの?」と、思う方もいるかもしれません。

しかし、カード会社は会員を信用してクレジットカードを発行しているので、信頼関係に亀裂を入れないためにも、入金が間に合わないことは必ず伝えてください。

カード会社が一番困るのは、下記の情報がわからないまま会員と連絡が取れないことです。

  • なぜ入金ができないのか
  • いつまでに入金できるか

期日を過ぎても連絡・支払いをしないままでいると、最悪の場合は、カード利用停止や、法的手段を使った債権回収が行われることもあり得ます。

事前に連絡を入れておけば、ここまでされる可能性は少ないでしょう。

また、多少支払いが遅れたとしても、事前に連絡&その期日通りに入金すれば、「個人信用情報機関への滞納の記入」を見送ってくれるカード会社もあります。

クレジットカードの延滞まとめ

もちろん、延滞をしないことが大前提ですが、やむを得ず支払いが遅れてしまう可能性は、誰にでもあると思います。

そんな時は、「なんとなく気まずいから・・・。」とそのままにしておくのではなく、必ずカード会社へ連絡してください。

連絡を入れたからと言って、決して延滞が認められるわけではないですが、少なくとも「延滞の理由と入金の予定」を伝えることが重要です。

もっと読む

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    Pocket