アメリカンエキスプレス

アメリカンエキスプレスは、旅行・グルメ・レジャーなどで質の高いサービスを提供するブランド。持っているだけで様々な優待を受けられます。

そんなアメリカンエキスプレスに対して、"富裕層向け"とか、"年会費が高そう"というイメージを持つ方も多いでしょう。

しかし、実際には年会費無料や低年会費で持てるアメリカンエキスプレスカードも多く発行されています。

そこで今回は、比較的少ない負担で所有できるアメックスブランドのクレジットカードを集めてみました。

年会費無料で持てるアメックスカード

セゾンパールアメリカン・エキスプレス・カード

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード

年会費実質無料のカード。

正確には初年度年会費無料、2年目以降1,000円(税抜)の年会費が必要ですが、年1回以上カードを使うと翌年も年会費無料でカードを所有できます。

電子マネーはiD・QUICPay・nanacoが利用できるほか、毎月5日・20日に全国の西友・リヴィンでお買い物が5%割引でお得。

また、アメックス特典として次のサービスも利用可能です。

  • コートお預かりサービス
  • 海外用Wi-fiレンタルサービス
  • 海外携帯電話レンタルサービス

旅行傷害保険やショッピング保険は付帯していませんが、自分に必要な補償だけを12プランの中から選択できるサービス付き。

タカシマヤセゾン アメリカン・エキスプレス・カード

タカシマヤセゾン アメリカン・エキスプレス・カード

年会費永年無料。

高島屋で利用すると、基本2.0%、最大5.0%(ポイントアップ期間なら最大7.0%)の高還元率を誇ります。

また、高島屋での年間利用額に応じて1.0~3.0%のボーナスポイントが追加付与される特典も。

アメックスブランドが年会費永年無料で持てる、数少ないカードの一つです。

出光カードまいどプラス

出光カードまいどプラス

アメックスブランドが年会費永年無料で持てる、数少ないドライバー向けカード。

入会1ヵ月間はガソリン・軽油が1リットル当たり5円引き、灯油が3円引きになります。

アメリカンエキスプレスだけの手厚い特典も利用できます。

  • 海外利用でポイント2倍
  • アメリカン・エキスプレス・セレクト:国内外のショッピング・旅行・食事などで優待
  • アメリカン・エキスプレス・トラベル・サービス・オフィス:世界140か国以上で旅のサポート

旅行傷害保険やショッピング保険は付帯していないものの、ロードサービスやハウスサービス(自宅でのアクシデントに対応)が付帯しているので安心です。

低年会費で持てるアメックスカード

年会費無料とまではいかなくても、比較的低年会費で持てるアメックスブランドのカードをまとめました。

三井ショッピングパークカード《セゾン》

三井ショッピングパークカード《セゾン》

VISA、MasterCard、JCBは年会費無料、アメックスを選択した場合は3,000円の年会費が必要。

ららぽーとやダイバーシティなど、全国55か所に及ぶ三井ショッピングパーク核施設で優待を受けられるカードです。

還元率最大2.5%で、三井ショッピングパークポイントとセゾンの永久不滅ポイントの2種類が貯まってとてもお得。

アメックスブランドだと次の補償やサービスも付帯するので、3,000円以上の年会費を払う価値はあるでしょう。

  • 海外利用でポイント2倍
  • アメリカン・エキスプレス・セレクト:国内外のショッピング・旅行・食事などで優待
  • アメリカン・エキスプレス・トラベル・サービス・オフィス:世界140か国以上で旅のサポート
  • 海外・国内旅行傷害保険:最高3,000万円
  • ショッピング保険:最高100万円

LOFTカード

LOFTカード

VISA、MasterCard、JCBは年会費無料、アメックスだと3,000円の年会費が必要。

ロフトでのお買い物が、毎月最後の金・土・日と年数回の特別優待会では10%OFFになります。

また、全国の西友・リヴィン・サニーにて毎月5日・20日にお買い物が5%OFFになる特典も利用可能。

さらにアメックスブランドのみ、最高3,000万円の海外・国内旅行傷害保険と、最高100万円のショッピング保険付きです。

MUJIカード

MUJIカード

VISA、MasterCard、JCBは年会費無料、アメックスは3,000円(税抜)が必要。

アメリカンエキスプレスの場合は、海外・国内旅行傷害ほけが最高3,000万円まで、ショッピング保険は最高100万円まで補償されます。

年に4・5回開催される無印良品週間の「10%OFF」特典や、西友・リヴィン・サニーにて「毎月5日・20日5%OFF」の特典が利用可能。

また、無印良品でカードを使うといつでもポイント3倍になる特典も付帯しており、無印良品でよくお買い物をする方向けのカードです。

PARCOカード

PARCOカード

VISA、MasterCard、JCBは年会費無料、アメックスは3,000円(税抜)。

アメックスのみ最高3,000万円の海外・国内旅行傷害保険と、最高100万円のショッピング保険が付帯しています。

カードが発行されてから1年間は、PARCOでのショッピングがいつでも5%OFF

また、毎月5日・20日の西友・リヴィン・サニーでの5%OFF特典も利用可能なので、PARCOだけでなく西友グループでもお得な1枚です。

低年会費でアメックスカードが持てる理由

アメリカンエキスプレスは基本的に年会費の高い富裕層向けブランドです。

アメックスの中で最もグレードの低いアメリカン・エキスプレス・カードでさえ、他社のゴールドカードに相当する年会費。

そんなアメリカンエキスプレスブランドのカードがなぜ年会費無料で持てるのかというと、理由は"提携カードであるため"です。

これだけだとわかりづらいので、詳しく解説していきますね。

提携カードとは?

提携カードとは、アメリカンエキスプレスと他社が提携して発行するクレジットカードのこと。

例えばセゾンとアメリカンエキスプレスは、複数のクレジットカードを提携発行しています。

そのため、アメリカンエキスプレスが自社で発行しているアメリカン・エキスプレス・カードとは、特典が少し違うのです。

基本的な特典やポイントサービスなどはセゾンのものが適用され、追加でアメックスの優待特典が利用できるという感じ。

  • アメックス自社発行カード:ポイント、保険、優待特典など全てアメックスのサービスが適用される
  • アメックスとの提携カード:主にセゾンのサービスがメインで、アメックスの優待は一部利用できる

少しでも負担を少なくアメックスブランドのカードを手にしたい方には、提携カードがおすすめです。

低年会費のアメックスカードまとめ

いかがでしたか?

アメリカンエキスプレスは"富裕層向け"というイメージが強いブランドですが、提携カードを選べば無料もしくは低年会費で所有できます。

これまでなんとなくアメックスには手が出しづらいと思っていた方は、今回紹介したカードをぜひ検討してみてくださいね。

もっと読む

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    Pocket