クレジットカード

分割払いは、少し高額な商品を購入する時に非常に有効な支払い方法。

今回は、手数料や支払い回数、支払いの方法など分割払いについて徹底解説します。

ぜひお買い物の時に上手に活用してみてください。

分割払いとは?

分割払いとはその名の通り、支払いを数回に分けて行うこと

例えば3万円を支払う場合、このようになります。

2回払いの場合
  • 1ヵ月目:15,000円
  • 2ヵ月目:15,000円
3回払いの場合
  • 1ヶ月目:10,000円
  • 2ヵ月目:10,000円
  • 3ヵ月目:10,000円

カード会社が用意した"分割可能回数"の中から支払い回数を選択でき、これに応じて月の支払い額が変わります。

高額の商品を購入する場合などに、非常に有効な支払い方法です。

分割払いの利用方法は?

分割払いを利用したい時は、お店で「分割払いで」と言えばOK!

同時に支払い回数も指定します。3回なら「3回払いで」、6回なら「6回払いで」といった感じ。

ネットショッピングで分割払い

ネットショッピングで分割払いをする場合は、"利用するショッピングサイト(または購入する商品)が、分割払いが可能であるか"を確認する必要があります。

ちなみにネットショッピング大手のAmazonでは、クレジットカードで分割払いが出来ません。

こういう場合は「まず一括払いで購入した後、クレジットカードの会員ページ(もしくはカード会社への電話)から、支払い方法を分割払いに変更」すればOK。

属に言う"あとから分割"という方法です。

分割払いには手数料がかかる

分割払いには、別途で手数料がかかります。

そのため、上で説明した支払い金額にプラスして、手数料も支払わなくてはなりません。

3回払いの場合
  • 1ヶ月目:10,000円+手数料
  • 2ヵ月目:10,000円+手数料
  • 3ヵ月目:10,000円+手数料

2回払いなら手数料がかからない!

とは言え、2回払いであれば手数料がかかりません

2回払いで十分な場合は、手数料を抑えるためにも、それ以上の回数を選択しないことをおすすめします。

支払い可能な回数は?

分割で支払える回数については、クレジットカード会社が提示する回数の中から選択する形になります。

「選べる回数はカード会社によって違う」というのが答えですが、「3、6、10、12、24回」は、ほとんどのカード会社で使えると思って良いでしょう。

大手のクレジットカードで比較してみます。

楽天カード JCBカード オリコカード
2回 2回 2回
3回 3回 3回
5回 5回 6回
6回 6回 10回
10回 10回 12回
12回 12回 15回
15回 15回 18回
18回 18回 20回
20回 20回 24回
24回 24回    
30回  
36回
合計12種類 合計10種類 合計9種類

分割払いの手数料はどのくらい?

分割払いでかかる手数料はクレジットカードによって違うので、確認が必要です。

ただ、どこのカード会社もほとんど同率の手数料を設定しているので、カードごとの大きな違いはありません(2016年現在)。

参考までに、顧客満足度7年連続ナンバーワンの「楽天カード」の手数料を載せておきます。

支払い回数 実質年率 100円当たりの手数料
1回 0% 0円
2回 0% 0円
3回 12.25% 2.04円
5回 13.50% 3.40円
6回 13.75% 4.08円
10回 14.50% 6.80円
12回 14.75% 8.16円
15回 15.00% 10.20円
18回 15.00% 12.24円
20回 15.00% 13.60円
24回 15.00% 16.32円
30回 15.00% 20.40円
36回 15.00% 24.48円

年率よりも100円当たりの手数料が参考になる場合も

実質年率は、支払い回数が12回以下ならあまり気にしなくて良いでしょう。

年率は「1年間借りたままの場合にかかる手数料」を表しています。

しかし、10回払いまでなら1年以内に完済できるため、年率がまるまるかかることはありません。

そのため、"年率よりも100円当たりの手数料の方が参考になる"という場合もあります。

分割払いが出来ないクレジットカード

下記のカードは分割払いが利用できないので、注意してください。

リボ払い専用カード

リボ払い専用カードは、文字通り"支払い方法がリボ払いのみのクレジットカード"。

そのため、支払いは自動的にリボ払いとなります

ちなみにリボ払いと分割払いの違いを簡単に説明すると、こうなります。

  • リボ払い:カード利用残額に対してまるまる手数料がかかる
  • 分割払い:分割払いに指定した金額だけに手数料がかかる

アメリカン・エキスプレス・カード

アメリカンエキスプレス発行のクレジットカードは、そのままだと分割払いが利用できません。

電話で「分割払いが利用できるようにしてほしい」と、申し出る必要があります(ボーナス払いの場合も同様)。

こうしないと基本的に一括払いしか利用できないので、支払い方法として分割払いを追加したい方は注意が必要です。

ダイナースクラブカード

ダイナースクラブ発行のクレジットカードは、分割払いが出来ません。

ダイナースクラブは基本的に、クレジットカードに限度額を設けていないため「ダイナースクラブでBMWが買える」とか言われていますが、その分支払いも一括払いのみとなります。

ちなみにボーナス一括払いは利用できるので、支払いを先延ばしにしたいと思ったら、ボーナス払いをご利用ください。

まとめ

もっと読む

今年(2016年)、JCB発行のクレジットカードは、"ショッピングスキップ払い"という新たな支払い方法を利用できるようになりました。

最大で6ヶ月間も支払いを先延ばしにできるので、ボーナス払いと使い分けるのもおすすめです。

詳しくはこちらをご覧ください。

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    Pocket