【初心者向け】クレジットカードの国際ブランドとは?押さえておきたい違い&選び方まとめ。

「国際ブランドって何?どんな違いがあるの?」

これらは、クレジットカード選びにおいて、初心者が最初にぶつかる壁。

「よくわからないからなんでもいいや・・・」と適当に選ぶのではなく、国際ブランドごとの違いを押さえておきましょう!

国際ブランドとは?

国際ブランドとはその名の通り「国際的に通用するクレジットカードのブランド」を指し、それぞれのブランドごとにサービスが違います。

VISA 世界で一番会員が多く、世界中で幅広く使いたい人向け。
MasterCard VISAと大差はない。世界で幅広く使いたい人向け。
JCB 日本国内またはアジア圏で使いたい。日本のきめ細やかなサービスを受けたい人向け。
アメリカンエキスプレス ステータスや優待重視。旅行の機会が多い人向け。
ダイナースクラブ ステータスや優待重視。最高級のおもてなしを求める人向け。
Union Pay(銀聯) 中国へ渡航の機会が多い人向け。

これらは6大国際ブランドとして認識されています。

それぞれの国際ブランドについて解説している記事をまとめたので、参考にしてください。

 VISA、MasterCard、JCB

国際ブランドの中でも加盟店が多く、国民の間でも特に有名なのがVISA、MasterCard、JCBの3つ

これらは3大国際ブランドと呼ばれており、オーソドックスなブランドとして、幅広く普及しています。

年会費無料のカードも多く取り扱っており、ダイナースやアメックスと比べて"お得感"が強い傾向があります。

アメリカンエキスプレス

アメリカンエキスプレスは、6大国際ブランドの中でもダイナースクラブと並ぶ富裕層向けのブランドです。

ざっくり言うと「誰でもお得に使いこなせるVISA、MasterCard、JCBとは違い、クレジットカード上級者が使いこなせる国際ブランド」と言ったところでしょう。

一番グレードの低いアメリカン・エキスプレス・カードですら年会費は12,000円(税抜)と、決して安くはありません。

しかしステータスや高額補償、旅行における優待特典など、会員を裏切らない価値を還元してくれるため、とても支持率が高い国際ブランドです。

ダイナースクラブ

ダイナースクラブは、アメリカンエキスプレスと並ぶ富裕層向け国際ブランド。

手が届きにくいと憧れのまなざしを向けられているブランドでもあります。

特徴としてはダイナースクラブカードを始めとして、いずれのカードも利用限度額に制限がないこと

もちろん入会の条件は厳しいですが、高いステータスと最高級のおもてなしが約束されています。

Union Pay(銀聯)

Union Pay(ユニオンペイ)は、またの名を銀聯(ぎんれん)と言います。

中国の国際ブランドなので、日本在住なら、中国へ渡航する時以外ではほとんど使い道がないでしょう。

中国在住の人が日本へ訪れた際に使うか、日本在住の人が中国へ訪れた際に使うかのどちらかとなります。

日本で銀聯カードを発行する場合は、日本のクレジットカードに追加する形で発行が可能。

三井住友カードなら、ほとんどの券種は銀聯カードの追加発行が可能です。

まとめ

初心者にはVISA・Master・JCBが、富裕層にはアメリカンエキスプレス・ダイナースクラブがおすすめです。

それぞれの違いを理解し、自分に合った国際ブランドを選択してください。

トップページ:クレジットカードおすすめ比較で自分ピッタリの1枚を探す

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    Pocket