手

例えば、「VISAを選んでカードを発行したけど、やっぱりJCBに変更したい」という場合、クレジットカードの国際ブランドを変更することはできるのでしょうか。

結論から言うと可能。ただし、変更の手順に関しては、カード会社によって異なります。

そのことも踏まえた上で、今回は「国際ブランドの切替え・変更」について解説します!

国際ブランド切替え・変更の基本

国際ブランド

前述の通り、クレジットカードの国際ブランドを変更することは可能です。

ただし、いくつか注意点があるので、確認していきましょう。

カードによっては変更不可

そのカードが対応している国際ブランドの範囲内で変更できます。

例えば、楽天カードの国際ブランドは"VISA、MasterCard、JCB"から選択できますが、エポスカードはVISAのみです。

この場合、エポスカードは国際ブランドの選択肢が他に無いので、変更できません。

カード会社によって変更方法が異なる

国際ブランドの変更に関しては、カード会社によって方法が異なります

カード会社に連絡し、国際ブランドの切替え申請をする

この場合は切替えとして対応されるため、審査はありません。

ブランドの変更に伴ってカード番号も変わるので、公共料金の支払いにカードを登録している方は、再度手続きが必要となります。

カードを解約し、別のブランドを選択の上、再度申し込む

この場合は一旦カードを解約し、再度申し込む必要があります。もちろん、審査も再度行われます

一度通過しているとは言え、審査が省略されたり優遇されることはありません。

ちなみに、"再申込みのタイミングで審査に通らず、意図せずにカードを失ってしまった"というケースもよくあるため、解約時には注意が必要です。

カード会社ごとに比較してみた

大手カード会社を中心に、"国際ブランドの切替え・変更に関する方針"を比較してみました。

以下の3種類に分けて、まとめています。

  • 再発行の扱いで、ブランドの切替えが可能
  • 一旦カードを解約し、新規申込によってブランドを選び直す必要がある
  • ブランドの変更自体が不可能
再発行による切替え 三菱UFJニコス ライフカード セディナ
JACCS イオンカード 東急カード
解約&再申込み 楽天カード 三井住友カード セゾン
ポケットカード ビューカード  
変更不可 JCB アメリカンエキスプレス ダイナースクラブ
エポスカード アコム  

※カードによっては変更不可な場合もあるので、詳細はカード会社へ確認してみてください。

国際ブランドによって何が違うの?

どの国際ブランドを選ぶかによって、受けられるサービスが異なります。

例えば、

  • VISA:海外に強い、旅行サービスが充実、加盟店数が多い
  • MasterCard:海外、特にヨーロッパ圏に強い
  • JCB:国内・東南アジアに強い、ディズニー特典が多い

など、ブランドごとに特徴があります。

そのため、クレジットカードに申込む際は、慎重に国際ブランドを選択するべきでしょう

後から変更するとなると、再発行の申請や解約・新規申込など、手間がかかってしまいます。

そんな手間を省くためにも、あらかじめブランドごとの特徴を知っておくのがおすすめですよ。

今回は、国際ブランドの切替え・変更について解説しました。

もっと読む

こちらの記事で、6大国際ブランドの違いを解説しています。ぜひ、併せてご覧ください。

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    Pocket