VISAマスターカードJCBロゴ

クレジットカードの国際ブランドは複数ありますが、特にVISA、MasterCard、JCBは3大国際ブランドと呼ばれるほど主要です。

国際ブランドによってサービスが異なることもあるので、いざ選択する時に困惑しないようその違いを把握しておきましょう。

自分の利用用途に合わせて国際ブランドを選択した方が、カードの利用価値も断然上がりますよ。

国際ブランドって何?

国際ブランドとは一言で言うと、「世界に多くの加盟店を持ち、国内外問わずどこでも使えて国際的に通用するクレジットカードのブランド」のこと。

下記は、6大国際ブランドとして知られています。

  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
  • アメリカンエキスプレス
  • ダイナースクラブ
  • Union pay(銀れん)

中でもVISA、MasterCard、JCBは特にユーザーが多く、3大国際ブランドとして非常に有名。

国内で「お得」と言われているクレジットカードのほとんどは、VISA、MasterCard、JCBのいずれかに属すか、選択できます。

対して、アメリカンエキスプレスかダイナースクラブはお得よりもステータスや優待に重きを置いている傾向があります。

国際ブランドは大きく分けて2種類の特徴を持ち、各ブランドによって受けられるサービスが違うので、それぞれ見ていきましょう。

決済カードブランド

VISAとMasterCardがこれに当たります。この2社は、基本的には自社でクレジットカードを発行していません。

あくまで「決済機能のみを提供する」というスタイルなので、必ずどこかの企業と提携してカードを発行している特徴があります。

JCBには「JCBカード」がありますが、VISAとMasterCardは三井住友VISAクラシックカードACマスターカードというように、メインではなく付属となるイメージ。

決済カードブランドは、世界に多くの加盟店を持っているため、他の国際ブランドと比べても圧倒的に利用範囲が広いという特徴も。

T&E(Travel&Entertainment)

JCB、アメリカンエキスプレス、ダイナースクラブがこれに当たります。

前者とは違って、旅行や娯楽(トラベル&エンターテイメント)などでのお得を追及したブランド。

旅先でのサービスに重きを置いているため、現地でのトラブルにも柔軟に対応してくれるという特徴を持っています。

こちらは、決済機能だけを提供するVISAやMasterCardとは違い、自社でクレジットカードを発行しています。

JCBカードアメリカン・エキスプレス・カードダイナースクラブカードという感じですね。

VISA

【初心者向け】クレジットカードの国際ブランドって何?VISA/MasterCard/JCBはこう選ぶ。

国際ブランドの中でもVISAは圧倒的な加盟店数を持っており、カード発行数、加盟店数ともに世界でNo.1

アメリカに本社を持つVISAは、「Value International Service Association」の略です。

このブランド名は、「金融界のビザとして、各国地域の市場ニーズに合わせた貨幣価値を、国際決済サービスで提供する世界通貨」を意味する。(ウィキペディアより)

世界で使えるクレジットカードが欲しいなら、国際ブランドはVISAが最もおすすめです。

MasterCard

【初心者向け】クレジットカードの国際ブランドって何?VISA/MasterCard/JCBはこう選ぶ。

MasterCardは、ドイツの「Euro Card(ユーロカード)」との合併によりスタートした国際ブランドであるため、ヨーロッパ圏に強いと言われてきました。

しかし加盟店はVISAに劣るものの、最近ではVISAと同じくらい幅広い範囲で使えます。世界シェアはVISAに次いでNo.2!

正直VISAもMasterCardもそこまで変わらないので、世界で使いたい方は2つの中から好みで選ぶといいと思います。

「すでにVISAを持っているから、次はMasterCard」という選び方も良いでしょう。

JCB

【初心者向け】クレジットカードの国際ブランドって何?VISA/MasterCard/JCBはこう選ぶ。

JCBは「Japan Credit Bureau(ジャパン・クレジット・ビューロー)」の略。

日本国内の唯一の国際ブランドでありながら、世界に名を連ねる実力を持っています。

VISAのように世界どこでも使えるわけでないのですが、韓国、台湾、シンガポール、タイ等のアジア諸国、ハワイやグアムでも利用可

JCBは「日本以外で使えないから海外旅行者には向かない」というイメージを持たれがちです。

しかし、旅先でも日本語でサポートを受けられる等、意外にも旅行に強いため、最近は「JCB=国内」というイメージも払拭されつつあります。

ちなみに東京ディズニーリゾートのスポンサーでもあるので、東京ディズニーランドの無料入場チケットが当たることも

実はアメックスと提携している!

また、意外に知られていませんがJCBはアメリカンエキスプレスと提携しているため、互いの加盟店で使える側面も持っています。

ただし海外のアメリカンエキスプレス加盟店で使う場合、その旨を現地語で説明しなくてはならない場合もあるので注意してください。

まとめ

ざっくり分けると、

  • VISA、MasterCard:世界どこでも利用したい
  • JCB:主に国内での利用、またはハワイ、グアム、アジア諸国への旅行が多い

と言った感じで、それぞれ良い面を持っています、

クレジットカードを作る際は、ぜひまだ持っていない国際ブランドを選択してみてください。

もっと読む

 

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    Pocket