家族

ほとんどのクレジットカードは、追加で「家族カード」を発行できます。

本会員よりも安い年会費で同様のサービスを受けられるなど、そのメリットはたくさん。

付帯保険やポイントサービスなども共有できるので、上手に使えばとてもお得なカードです。

家族カードとは?

家族カードとは、"クレジットカード本会員の家族に対して、追加で発行できるカード"のこと。

家族カードは本カードの限度額を共有することが多く、支払いは両カードともに一括して行われます。

わかりやすく言うと、こんな感じ。

  • 親:本会員のカード
  • 子:家族カード

元(親)となるカードが解約されれば同時に使えなくなりますし、本会員が「家族カードを解約したい」と言えば、家族カードだけ使えなくなります。

自分のクレジットカードの"分身"を作り、それを家族にも使わせると言ったイメージです。

家族カードの特徴

家族カードは、通常年会費がかかるカードでも無料もしくは格安で保有できます。

本会員が"カード会社へ連絡するかオンラインから発行申請をする"だけで、発行可能。

カードによっては複数枚作れたり、1枚しか作れなかったりと条件があるので確認してください。

家族カードが使った分のポイントも本カードへ集約され、付帯保険なども同時に適用されます。

家族カードを持つメリット

ポイントを集約できる

家族カードに貯まったポイントは本カードに集約されるため、効率的にポイントを貯めることができます。

一人ではなかなか貯まらなかったポイントも、家族と合算すれば倍のスピードになるため、還元に期待できるでしょう。

ポイントだけでなく、もちろんマイルなども同様。旅行好きな方は、JALカードなどを家族で利用して、効率よくマイルを貯めるのもおすすめです。

付帯保険が適用される

クレジットカードには保険が付帯していることがほとんど。

有名なものだと旅行傷害保険がありますが、これは「旅行中のトラブルに対して損害を補償してくれる保険」です。

通常はカード本会員にしか適用されませんが、家族で旅行に行く場合に、家族にも適用されるともっと安心ですよね。

そんな時にも家族カードを発行しておけば、家族にも補償が適用されます

REX Card Liteなど、年会費無料で旅行障害保険が付帯しているカードであれば、なおさら安心&お得!

年会費が無料もしくは格安

家族カードは、無料もしくは本カードより安い年会費で保有できます。

例えば、最高峰のステータスカードであるダイナースクラブカード(年会費22,000円+税)は、家族カードなら5,000円+税で持てます。

4分の1以下の年会費でダイナースクラブカードが持てるなんて、家族カード以外ではありえません。

ほとんど無審査で持てる

本会員が審査に通っていることが前提なので、基本的には"家族カードだけの特別な審査"はありません

そのため自分では審査に通らないようなカードでも、家族カードとしてなら保有できる場合があるので、ぜひ試してみてください。

ただし、本会員が「滞納や遅延など、信用情報に関わる問題を起こしている場合」は、家族カード発行に関して注意が必要です。

ちなみに、本会員が新たにクレジットカードを申込む際に、同時に家族カードを申込むことも可能。

この場合も審査の対象となるのは、本会員だけです。

利用明細の管理が楽

利用明細は家族カードごとに分類されて、利用金額が記載されます。そのため、誰がいくら使ったのか一目瞭然。

「複数枚のカードの明細を見たり、レシートを管理したり・・・」と面倒な手間はかからず、1つの明細で全ての支出が把握できます。

また、三井住友VISAゴールドカードなど、家族カードの引落し口座を分けられるタイプもあります。

基本的に引落しは本会員の口座からとなりますが、個々で分けて管理したいという方は検討してみてください。

クレジットヒストリーが磨ける

家族カードの利用実績は本会員のものとなります。

例えば家族が月に3万円カードを利用すれば、それは本会員が利用したということに。

そのため、クレジットヒストリーを磨いてプラチナカードやブラックカードなどを目指している方は、ぜひ積極的に活用することをおすすめします。

家族カードのデメリット

利用明細が筒抜けとなる

利用明細が一元管理できることがメリットであると先ほど述べました。

しかし、逆にそれをストレスに感じてしまう方もいます。

いくら何に使ったのかなどが全て家族に筒抜けとなるため、明細は自分で管理したいという方には向かないでしょう。

自分自身のクレジットヒストリーを磨けない

家族カードの利用分は本会員の実績となります。

そのため、自分自身のクレジットヒストリーを磨いて信用度を積むには不利。

30歳くらいまでにクレジットヒストリーが無いと、新規でクレジットカードを作りづらくなることもあります。

いずれは自分が本会員としてクレジットカードを持ちたいと考える方には、返ってデメリットとなることも。

利用限度額が共有となる

家族カードの枚数が増えると、必然的に利用人数が増えます。

しかし、本カードの利用限度額は同じまま。

限度額が低いカードで家族カードを作ると、その分限度額に達するスピードも速くなってしまいます。

本会員がいざカードを使おうと思った時に、家族カードの利用分で限度額が足りないなんてことが起こりうる可能性も・・・。

発行に制限がある

原則として家族カードを発行できるのは同居家族などです。

家族カードの発行枚数が決められている場合や、「1枚目は無料、2枚目以降は年会費発生」などという場合も。

また、一部のカード(年会費無料カードや学生カード・ヤングカードなど)では家族カード自体作れないこともあります。

家族カードに関しては、それぞれ条件が違うので、当サイトトップページ:クレジットカードおすすめ比較より確認してください。

年会費無料で家族カードを発行できるクレカ

年会費無料で家族カードが発行できる、おすすめのクレジットカードを3つ比較してみました。

  楽天カード VIASOカード Orico Card THE POINT
楽天カード VIASOカード card_oricothepoint_visa
年会費(本人) 無料
年会費(家族)
還元率 最大6.0% 最大10.0% 最大15.5%
海外旅行傷害保険 最高2,000万円 最高2,000万円 なし
ショッピング保険 なし 最高100万円 なし
特徴 楽天市場でお得 携帯電話・プロバイダなどの固定費でお得 ネットショッピングでお得

VIASOカードは年会費無料ながら、旅行傷害保険、ショッピング保険付帯で、還元率も高くおすすめです。

まとめ

家族カードについて、デメリットもいくつかありましたが、やはりポイントや付帯保険が同時適用となるメリットは大きいと思います。

クレジットカードを持っているけど、家族カードを検討したことがなかった方はぜひ、有効活用してみてください。

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    Pocket