家族

家族カードは、引落し口座や利用可能枠を全て本会員と共有するのが一般的です。

しかし、中には「家族と引落し口座を分けて管理したい!」と思う方もいるはず。

そこで今回は、家族カードの引落し口座を別々にする方法について調べてみました。

家族会員と引落し口座を分けられるクレジットカード

家族

基本的に、家族カードの引落し口座を分けることはできません

ほとんどのクレジットカードは、本会員の銀行口座から引き落とすという方式を採用しているからです。

しかし例外として、下記紹介のカードは本会員と家族会員の引落し口座を分けることができます。

JCBゴールドカード

JCBゴールドカード

JCBゴールドカードは、家族カードを発行する際に「利用者支払型家族カード」を選択できます。

利用者支払型家族カードを選ぶことで、家族カードの利用分も本会員ではなく、家族名義の口座から引き落とし可能です。

ただしその場合、家族カードの年会費が変動するので注意が必要です。

年会費
  • 本会員:10,000円
  • 家族カード(通常):1人目無料、2人目以降は1枚につき1,000円
  • 利用者支払型家族カード:3,000円

※価格は全て税抜

「多少年会費がかさんでも、支払い口座を分けて簡単に管理がしたい」と言う方におすすめです。

三井住友VISAゴールドカード

三井住友ゴールドカード

三井住友VISAゴールドカードは、「パーソナルアカウントタイプ」の家族カードを発行可能。

JCBゴールドカードと同様に、家族の利用分は家族会員名義の指定口座から引き落とされます。

また、利用代金明細書も家族会員宛てに送付されます。

国際ブランドは、VISAとmastercardのいずれも対象です。

年会費

  • 本会員:10,000円(翌年以降、条件付きで最大4,000円まで割引
  • 家族カード:1人目初年度無料(翌年以降条件付き無料)/2人目以降1,000円

※価格は全て税抜

三井住友VISAプラチナカード

三井住友プラチナカード

三井住友ゴールドカードと同じく、「パーソナルアカウントタイプ」の家族カードを発行できます。

国際ブランドは、VISAとmastercardのいずれも対象です。

年会費

  • 本会員:50,000円(翌年以降、条件付きで最大1,000円まで割引
  • 家族カード:1人目初年度無料(翌年以降条件付き無料)/2人目以降2000円

※価格は全て税抜

他に引落し口座を分ける方法はあるの?

家族

「上記のカードは特に検討していない」という方もいるはずですよね。

しかし現状では、家族会員と引落し口座を分ける方法は"他にはない"というのが結論です・・・。

多くのクレジットカードは、利用明細をWebまたはアプリで簡単に確認できます。

家族カードの場合でもカード利用者ごとに明細を確認できるため、自分と家族会員の利用分がごっちゃになるなんてケースは少ないです。

実際、私も本会員として家族カードを発行していますが、家族の利用明細は私の明細と分けて確認できていますよ。

それでも、「どうしても引落し口座を分けたい!」という場合は、先ほど紹介したカードを検討してみてはいかがでしょうか?

家族カードの引落し口座を分ける方法まとめ

家族カードは"本会員のカード利用"という扱いになってしまうため、引落口座を分けるのはなかなか難しいです。

どうしても引き落とし口座を別にしたい場合、「そのようなサービスを提供しているカードを選ぶしかない」というのが現状です。

家族カードの発行を検討している方は、ぜひ参考にしてくださいね。

もっと読む

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    Pocket