家族

両親や兄弟、配偶者が、滞納や自己破産または債務整理といった"金融事故"を起こしている場合、その家族である自分もクレジットカードを作れないのでしょうか?

「家族がブラック状態だから、カード審査に落ちるかも・・・」と、不安に思う方もいると思います。

そこで今回は、家族の信用力は、自身の審査にどのくらい影響するのか解説していきます。

家族がブラック状態だどカードは作れない?

家族

家族がブラック状態である場合、クレジットカード審査への影響力はほとんどゼロ(もしくは微量)です。

理由は、"クレジットカード申込時に参照される個人情報は、申込者本人のものだけ"だから。

そのため、カード会社は家族の信用情報を見ることは出来ず、ブラックかどうかまで確認のしようがありません。

つまり、家族の誰かが金融事故を起こしていても、申込者の審査自体にはそこまで関係ないでしょう。

「類似情報」を見られたらどうなる?

実は、私たちの個人情報を管理する「信用情報機関(CICなど)」には、類似情報を表示する機能があります。

この類似情報を参照すれば、家族がブラックである事実を確認できます。

「えっ。類似情報を見られたらカードが作れないのでは・・・」と思う方もいるでしょう。

しかし、心配は不要!クレジットカード会社は、類似情報の中身まで閲覧することはできません

家族にブラックの方がいても、それがカード会社へ知られることはないのです。

家族が金融事故を起こしたカード会社は避けるべき?

クレジットカード

家族がブラックであることは審査において全く影響しないのかと言うと、そういうわけではありません。

前述の通り、多少の影響が出てしまう可能性はあります。

例としては、「家族が金融事故(滞納など)を起こした会社のカード」に申込みをした場合

この場合、カード会社内に家族の利用履歴が残ってしまっているため、これが照会されると、カード審査に不利になる可能性があります。

カード会社は、信用情報機関の「類似情報」を勝手にチェックすることはできませんが、自社の記録情報をチェックできます

もちろん、必ず審査に落ちるというわけではありませんが、気になるのであれば、別のカード会社で申込むというのも1つの手です。

家族カードの発行について

家族

「家族がブラックの場合、自身のカード審査にどのくらい影響するのか」という観点からは少し逸れますが、家族カードについても解説させてください。

家族カードとは、本会員が追加で発行できるカードのことで、原則として、引き落とし口座や限度額は本会員と共有されます

※家族カードは、ブラックの方も手にすることが可能

新規発行時のような与信審査はないので、選択肢の一つとして家族カードも検討してみてくださいね。

家族がブラック状態の場合まとめ

一般的には、身内にブラック状態の方がいても、自身のカード審査にはあまり影響しません。

あくまで本人の信用力が問われるため、身内の信用情報について過剰に心配する必要はないでしょう。

クレジットカード審査に通過するには、普段からお金の管理に十分注意し、信用力を磨いておくことが大切です。

もっと読む

ブラックリストとは「信用情報に傷が付いた状態」を示す表現であり、実際には"リスト"たるものは存在しません

そんなブラックリストについて、詳しくはこちらの記事で解説しています。併せてご覧ください。

 

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    Pocket