挑戦

クレジットカードの審査に落ちて、発行ができなかった時。

せっかくそのカードに魅力を感じて申し込んだのに、「ご希望に沿えず申し訳ございません。」と言われてしまったら、やるせない気持ちになりますよね・・・。

そんな時は、やみくもに別のカードに申込むことはおすすめできません。審査に通らなかったということは、自分に何かしらの原因があるためです。

自分が審査に通らなかった理由を分析して、諦めずに再度同じカードの取得を目指してみましょう。

再申込みをするタイミングは?

試す

私たちがクレジットカードに申込みをした履歴は、個人信用情報機関に約6ヵ月間残ります。当然ながら、その結果も記録されます。

そのため、まずは個人信用情報機関から申込み履歴が消える「6ヵ月間」を目安に、最低でもその期間は別のカードへやみくもに申込むことは控えましょう。

カード会社は私たちの個人信用情報を見ることができるので、多重申込みは"個人信用情報機関へマイナスな記録を増やしていくだけの行為"となりかねません。

こういった行為は自分の信用力を落とし、ますます審査に不利となる可能性が高いです。

審査に落ちてしまったら、まずはその原因を究明し、状況を改善していくことが重要です。

※カード会社によって審査の基準は異なるので、例えば「A社で審査に落ちても、その後すぐB社の審査に通った」なんてケースはよくあります。

再申込みは審査に不利?

疑問

クレジットカードの審査に落ちてしまった記録は約6ヵ月間残ります。

しかし、これは金融事故(いわゆるブラックリスト)とは違い、数年に渡って審査に不利に働くものではありません

そのため、「再申込みで審査が特別不利になる」という可能性は低いでしょう。

とは言え、以前申込みをした時と状況がほとんど変わっていない場合、当然ながら発行は難しいです。

再申込みで審査に通るコツは?

審査

最低6ヵ月間の期間を空けるのは大前提ですが、その期間で少しでもクレジットカードの審査に通るように、状況を変えておくことも大切です。

例えば・・・
  • 複数枚のカードを所有している方は、本当に必要なカード以外解約したり限度額を下げたりして、与信枠を広げてみる
  • 転職後や引っ越し後、あまり時間が経っていない方は、しばらくの間は実績作りに励んでみる(居住歴や勤続年数は長い方が有利)
  • 別のカードで滞納や延滞などを起こさず真面目に利用し、クレジットヒストリーを磨く
  • 再申込みでは、携帯電話だけでなく固定電話の番号も記入してみる

審査に落ちる原因として考えられることはクレジットカード審査基準を参考にし、できる限り改善しておきましょう。

再申込みまとめ

クレジットカードの券種にこだわりがないのなら、別のカードを申し込んでみるのも一つの手です。

しかし、そのカードもまた審査に落ちてしまうと、次のカードの審査がさらに不利になる可能性があります。

やはり、自分の信用情報を磨いて、再申込みに備えるのがベストと言えるでしょう。

もっと読む

約6ヵ月の期間を空けても審査に通らない場合、ブラックリストに載っている可能性も考えられます。

心当たりがないか、この記事を読んでチェックしてみてください。

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    Pocket