いわき市が市税等のクレジットカード納付を開始!2016年4月1日より税金もカードで確実に。

国民である限り、避けては通れないのが納税。最近は支払い方法として、様々な手段が取り入れられています。

東京都ではほとんどの区や市で、税金のクレジットカード払いができ、その他の県でも自治体によってはクレジットカードでの納付が可能です。

そんな中で「今春、福島県いわき市でもクレジットカード納付を開始する」とのことで詳細を確認しておきましょう。

税金のクレジットカード納付!

クレジットカードで税金が支払えるかどうかは住んでいる県によりますが、日本全国109の自治体がクレジットカード納付を受け付けています(2016年3月現在)。

例えば東京都では、ほとんどの区や市でクレジットカード納付が可能。

そして今春4月1日より、いわき市でもクレジットカード納付ができるようになります

福島県では、既に須賀川市が市税等のクレジットカード納付に対応しているので、県内ではこれに次いで2番目となります。

どんな税が支払えるの?

いわき市で、クレジットカード納付に対応する税目はこの通り。

  • 市県民税(普通徴収)
  • 固定資産税・都市計画税
  • 軽自動車税
  • 国民健康保険税(普通徴収)

注意点

納期限が過ぎた納付書は取扱いできません。

必ず期限内に納付するようにしましょう。

納付方法は?

納付には「Yahoo!公金支払い」を利用します。

手順としてはこのような流れになります。

  1. Yahoo!公金支払いのサイトにアクセス
  2. トップページで『自治体および税目』を選択
  3. 市税等の納付書に記載されている、『通知書番号・確認番号・期別』を入力
  4. 支払いに使うクレジットカード情報を入力し、『支払う』ボタンを押す

全てオンライン上で完結するので、手間がかかりません。

手数料について

市税等をクレジットカードで納付する際に、必要な手数料は以下の通りです。

  • 納付金1万円以下:108円
  • 納付金2万円以下:216円

つまり、納付金1万円ごとに108円の手数料が発生する計算。いずれの場合も、市が定額の54円を負担します。

利便性がアップ!

今回いわき市で、市税等のクレジットカード納付が可能になったことで、市にとっても市民にとっても利便性がアップしました。

市全体のメリット

市全体のメリットとして、「納税環境の拡充」が挙げられます。

いわき市ではこれまで納付の方法に関して、徐々に利便性を向上させてきました。

  • 2010年度:コンビニ払いが可能に
  • 2013年度:ゆうちょ銀行、郵便局の窓口(東北6県の店舗)での納付が可能に

そして2016年4月1日より、新たに

  • 2016年度:クレジットカード納付が可能に

ということで、3年ごとに利便性を増し、さらに納税しやすい環境が整ったようです。

市側のメリット

  • 期限内の納付が期待できる

クレジットカード納付なら、コンビニや銀行、郵便局での支払いに比べて滞納の可能性が減ります。

市民側のメリット

  • 手元に現金がなくても支払いができ、延滞金がかからない
  • 支払い方法は一括、分割、リボ払い等から選べる
  • 支払いが楽

コンビニ・銀行・郵便局で支払うよりも手間がかからず、期限内に納付できる確率がより高くなるでしょう。

また支払回数も融通が利くため、柔軟に対応できそうです

まとめ

クレジットカードは、もともと『お得』のために誕生したもの。

しかし、最近は税金や公共料金等の固定費にも、当たり前のように利用されていますね。

『便利』な側面も、より強くなってきているように思えます。

今後は更なる利便性を求めて、日本全国の自治体でもクレジットカード納付が導入されると予想します。

もっと読む

 

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    Pocket