慶應義塾大学が受験料のクレジットカード払いに対応!出願から支払いまでネットで完結するらしい。

慶應義塾大学は2月24日、『2017年度入試より学部の一般入試において、紙の願書を廃止し、インターネット出願に全面切り替えを行う。』と発表しました。

これに伴い受験料の支払い方法として、新たにクレジットカード払いに対応

来年からは、出願から支払いまで全てネットで完結します。

そこで今回は、『インターネット出願』と『クレジットカード払い』という2つの側面から解説していきます。

インターネット出願への切替え

慶應大学は「紙の願書を廃止して、インターネット出願のみにする」と発表しました。

↓願書のサンプル

慶應義塾大学が受験料のクレジットカード払いに対応!出願から支払いまでネットで完結するらしい。

具体的にはこんな感じになります。

  • (従来)キャンパスや書店で願書を購入
  • (今後)サイトから直接ダウンロード(パソコンでもスマホでも出願可能)

※インターネットが利用できない出願者には個別に対応

特徴としては以下の通りです。

  • 入力内容は自動チェックされ、記入漏れの心配はなくなる
  • 出願内容は後で確認可
  • 受験料を支払う前なら内容の修正や追加も可能

インターネットが急速に普及している今、紙の願書に慣れ親しんで来た親御さんの世代は、少し苦労するかもしれません・・・。

受験料もクレジットカード払いで!

これに伴い、受験料の支払い方法は従来のコンビニ払いに加えて、新たに2つの方法が可能になります。

  • クレジットカード払い
  • 銀行ATM(ペイジー)

そして同時に、銀行窓口での振込は廃止の予定。

ますますクレジットカードの需要が高まっているように思えます。

インターネット出願のメリット

願書の購入が不要になる

通常、大学入学願書は購入する必要があります。

価格は300円~1,500円とばらつきがありますが、慶應大学は820円(税込)。

インターネット出願なら、この費用が浮くメリットがあります

他にも、書店やキャンパスまで買いに行く手間も省けるでしょう。

24時間出願が可能になる

インターネットなら24時間いつでも出願が可能です。

そのため、郵便局、銀行やキャンパス等に提出しに行く必要はありません。

郵送料や振込手数料等も節約できます。

クレジットカード払いのメリット

出願から支払いまでネットで完結する

これまでは、銀行窓口での振込かコンビニ払いが利用できましたが、支払いに行く手間がかかります。

そのため、「クレジットカードを使ってネットで支払いができるメリット」は大きいでしょう。

願書の記入も、受験料の支払いもネットで済ませることができるので、大幅な時間短縮につながりますね。

クレジットカードポイントが貯まる

クレジットカード利用で、カード会社ごとにポイントが貯まるメリットもあります。

出願は1件につき35,000円かかることがほとんど。

支払いに使うカードの還元率にもよりますが、そこそこのポイントを獲得できるでしょう。

まとめ

パソコンやスマートフォン等の電子機器に疎い人からしたら、インターネット出願への切替えは、困惑する点もあるでしょう。

しかし、クレジットカード払いの導入に関しては特にデメリットが見つかりませんでした。

いずれはどこの大学でも当たり前のように、インターネット出願やクレジットカード払いが導入されるのかもしれません。

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    Pocket