iphone-top

iPhoneやAndroidをお使いの方なら、一度は有料アプリを使ってみようか悩んだことがありませんか?

でも実際には支払方法もよく分からず、無料アプリしか購入したことがない方も多いのではないでしょうか?

そこで今後、良質なコンテンツにめぐり逢えたときに備えて、有料アプリの支払方法を確認しておきましょう。

最後に、お金の管理に役立つおすすめアプリもご紹介します。

スマホアプリを使うには?

アプリを探す

スマートフォンにアプリをインストールするには、まずは使いたいアプリを探します。

アプリを探すためのアプリ(下記)が最初からスマホに入ってますので、それで探しましょう。

applogoicon

  • iPhone:App Store(ロゴ左)
  • Android:Google Play(ロゴ右)

アプリを手に入れる

appbotan

アプリを見つけて「入手」や「インストール」をタップすると、自動的にスマホに取り込まれます。

ここで、「インストールしたアプリが有料だったら、勝手に課金されるのでは・・・」と心配しなくても大丈夫。

有料アプリなら「¥○○」と金額が表示され、それをタップしただけではインストールは始まりません。

支払い方法を設定しなければインストールされないので、「気がつかないうちに課金された・・・」なんていう心配も不要です。

「app 内課金有り」の表示があるアプリも、同じく大丈夫ですよ。

有料アプリの支払方法は?

iPhoneやAndroidの有料アプリ料金を支払うには、クレジットカードかプリペイドカードが必要です。

Androidの場合なら「キャリア決済」も利用できます。

キャリア決済とは、有料アプリ料金を携帯電話料金に合算して、一括支払いできる仕組のこと。

Androidの方が、支払方法が広がりますね。

クレジットカードのメリット

like-1638737_1280

アプリをすぐに使える

クレジットカードの一番のメリットは、アプリを買おうと思った時にその場ですぐにインストールできる点にあります。

一度クレジットカード情報を登録しておけば、継続的な購入も可能です。

必要なアプリだけ買える

上限金額が決まってるプリペイドカードと違い、使いたい金額だけを決済できるのもメリットです。

数十円のアプリ1個から数百円・千円のアプリまで、好きな数だけ購入できます。

ポイントが貯まる

クレジットカードを使うと、カード会社からポイント還元を受けられます。

実質的な割引サービスとなりうる「ポイント還元」。

プリペイドカードにはないお得なサービスです。

クレジットカードのデメリット

boy-1637188_700

使いすぎないか不安

クレジットカードは後払いのため、誰もが不安になるのが「使いすぎの恐れ」。

使いすぎの可能性は常に隣り合わせです。

しかし、先払いでも後払いでもお金の管理ができなければ、そのリスクは同じもの。

むしろクレジットカードなら、金額に縛られず必要なアプリだけを購入できるので、管理を怠らなければムダな出費が抑えられます。

セキュリティは大丈夫?

次にデメリットと思われているのがセキュリティ面。

「悪い人に勝手にアプリを大量購入されるのでは?」といった不安です。

しかし、インストールしたアプリはそのスマホでしか使えず、スマホを紛失したらすぐに利用停止できます。

心配する必要はありませんが、パスワードの管理はしっかりしておきましょう。

プリペイドカードのメリット

like-1638752_700

クレジットカードを持っていない人

プリペイドカードのメリットは、何と言ってもクレジットカードを持っていない人が利用できることにあります。

プリペイドカードはジュースと同じく、コンビニなどで簡単に購入できます。

ギフトにも

プリペイドカードなら、ギフトとして人にあげても喜ばれそうですよね。

使い道さえ決めておけば、子供に渡しても安心です。

使った額がわかりやすい

使った金額の上限がわかるのも便利です。

ただし、使いすぎ防止策として過度に重視しない方が賢明です。

せっかく上限額が決められていても、無駄遣いしては意味ありませんからね。

プリペイドカードのデメリット

boy-1636731_700

買いに行くのが面倒

プリペイドカードは実物のカードを手に入れなければならないので、アプリをインストールする前に買っておく必要があるのはデメリットです。

どこからでもネットにアクセスできる、せっかくのスマホ機能が活かせませんよね。

無駄遣いになりがち

プリペイドカードは、無駄遣いしすぎちゃう人にとって落とし穴もあります。

というのも、プリペイドカードは安くても1,500円からの販売なのに、有料アプリは数百円のものがほとんど。

使い切れずに残った中途半端なカードは、無駄遣いの原因になりがちです。

プリペイドカードは音楽など他の商品にも使えるので、購入する商品をちゃんと決めておきましょう。

クレジットカード登録方法

iPhone

iPhoneのアプリをクレジットカードで買うためには、「Apple ID」を取得する必要があります。

Apple IDは、iPhoneに音楽を配信させるための「iTunes Store」と、アプリを買うための「App Store」のアカウントです。

アカウントは、スマホを使っているのが本人であることを確認するために使われます。

Apple IDを取得するには、iTunes StoreやApp Storeで商品をインストールする時に「Apple IDを新規作成」をタップするだけです。

Android

Androidの場合には、特に名称はありませんが「Google Play」内の支払方法設定で、「クレジットカードまたはデビットカード」を選べます。

iPhoneと内容に違いはありません。

お金の管理におすすめのアプリ

最後にスマホに入れておくと、お金管理に役立つおすすめアプリをいくつか紹介します。

銀行系アプリ

都市銀行・地方銀行を問わず、最近は銀行でも口座残高や出入金を確認するためのアプリがリリースされています。

操作性では他のアプリに劣る部分があるものの、ウェブサイトよりもスムーズに残高や出入金を確認できます。

お金に対する意識を保つためにも有益です。

クレジットカード会社のアプリ

1枚でもクレジットカードを持っている方は、カード会社のアプリを入れておくと便利です。

今月のクレジットカード利用状況や、次の請求額等が簡単に確認できます。

クレジットカードで貯まったポイントを、交換できるサービスもあります。

カード所有者にとってのお金管理には欠かせないでしょう。

カード管理アプリ

クレジットカードを何枚か持ってる人には、カードを一括管理するためのアプリ「creco(クレコ)」がおすすめ。

クレジットカードの他にポイントカードを何枚か持ってる人には、一括管理アプリの「スマホサイフ」がおすすめです。

帳簿アプリ

ちょっとした家計簿や現金出納帳にもアプリが便利です。

手軽に使えるスマホなら、ノートより簡単に帳簿をつけられます。

便利に使える無料アプリが沢山あるので、気軽な気持ちでお気に入りのアプリを見つけてみませんか?

まとめ

iPhoneやAndroidのスマートフォンには、それぞれ100万本を超えるアプリが登録されています。

今は無料アプリが豊富で助かりますが、もっと質が向上すれば有料アプリも増えてくることが予想されます。

今はまだ使いにくいアプリも多いので、これからはどんどん質のいいアプリが増えるといいですね。

もっと読む

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    Pocket