貸す

クレジットカードについて、こんな考え方をしたことはありますか?

  • 「夫婦でクレジットカードを共有しよう」
  • 「いざと言う時のために子供にクレジットカードを貸しておこう」
  • 「ちょっと親のクレジットカードを借りよう」
  • 「兄弟や姉妹にカードを貸してもらおう」

実はどれも違反行為。契約した本人以外がカードを利用すると、最悪の場合は利用停止となるケースもあります・・・。

今回は、本人以外がカードを利用した場合に起こりうるケースや、そうならないための対処法を解説します。

本人以外のクレジットカード利用は違反行為!

禁止

「身内なら少しくらいカードを貸しても(借りても)いいかな・・・」と考える方もいるかもしれません。

しかし、クレジットカードの規約には必ず「第三者にカードを使わせてはいけない」という旨の記述があります。

例(楽天カードの会員規約参照)

カードは、カード表面上に会員氏名が表示され、所定の署名欄に自署した会員のみが利用でき、他人に貸与・預入・譲渡・質入又は担保提供等に利用する等第三者への占有の移転は一切できません。また、会員は会員番号及びカードの有効期限についての情報を本人によるクレジットカード取引システムの利用以外に他の者に使用させることはできません。 前2項に違反してカードが他人に使用されたことにより生じる一切の債務については、本規約を適用し、すべて会員がその責任を負うものとします。

つまり「他者にカードを貸さないでください。貸したことによりトラブルが生じたら、あなた自身に責任をとってもらいますよ。」という意味です。

本人以外がカードを使うとどうなる?

もし契約者本人以外がクレジットカードを利用した場合に起こる、様々なケースを説明していきます。

補償が適用されなくなる

困る

前項でも少し触れましたが、本人以外の第三者がカードを利用すると、万が一トラブルが起こっても補償が適用されません

  • 貸していたカードを紛失し、誰かに不正利用された
  • カード利用者が本人ではないとバレて、ショップが警察に通報した

などの予期せぬトラブルが起きた際には、全て自己責任。

特に不正利用は、本来ならば盗難紛失保険が適用されるため被害額はカード会社が補償してくれます

しかし、本人以外の利用に関しては、当然ながらカード会社に責任は無いのです。

困った挙句に「自分が利用した」と偽っても、カード会社の調査ですぐに真実がわかります。

そうなると最悪の場合は、訴訟に発展する可能性も・・・。

嘘の証言はすべきではありません。

いずれにせよ、無くしたカードの利用可能額が大きければ大きいほど痛手となるので、カードは安易に他者に貸さないようにしましょう。

カード利用停止の可能性も

困る

契約者本人が規約に違反した場合、カード会社には「カードの利用停止」や「利用額の一括請求」を実行する権利があります。

そのため、場合によっては利用停止や強制解約の可能性もあることを、考慮に入れなければいけません・・・。

また、カード裏面の署名欄に自分ではない家族の名前を書かせたり、カードの暗証番号を家族に教えることなども重大な契約違反。

この場合も、カード会社の判断次第で利用停止となり得るので、カードの扱いには注意が必要です。

家族にクレジットカードを持たせたい場合は?

家族

家族にカードを持たせたい理由としては、次のようにいろいろあると思います。

  • 「クレジットカードを持っていない家族に自分のカードを使わせてあげたい」
  • 「いざという時のためにクレジットカードを持たせておきたい」

そういう方には「家族カード」の発行がおすすめです!家族カードは、本会員の追加カードとして発行でき、カード会社も認めているもの。

利用可能額や引落口座は本会員と共有し、ポイントサービスは本会員のカードに集約されるという仕組みです。

家族カードであれば、「自分のカードを他者に使わせた」という扱いにはなりません。

保険は家族カードごとに付帯するので、万一トラブルが起こった際はしっかりと家族会員にも適用されます。

Webや電話から簡単に発行申請ができるので、家族にカードを持たせたいと思ったら検討してみてくださいね。

まとめ

夫婦、両親、子供、兄弟、姉妹。いずれも自身が信用している方だと思います。

しかし同様に、カード会社と契約者との信頼関係も大切です。

クレジットカードの扱いには十分注意して、安心とお得の両方を手にしてみてくださいね。

もっと読む

家族カードについて更に詳しく知りたい方は、こちらを参考にしてみてください。

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    Pocket