楽天スーパーポイントもANAマイルも貯めたい方に朗報!『楽天ANAマイレージクラブカード』が誕生しました。

楽天カード株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役社長:穂坂 雅之、以下「楽天カード」)と全日本空輸株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:篠辺 修、以下「ANA」)は、クレジットカードの発行において提携し、「楽天カード」に「ANAマイレージクラブ(AMC)」機能を付帯した「楽天ANAマイレージクラブカード」の申込受付・発行を、本日から開始します。

2016年2月16日から、楽天カードにANAマイレージクラブの機能を兼ね備えた新クレジットカードの申込み受付&発行が始まりました。

その名も「楽天ANAマイレージクラブカード」!1枚で楽天スーパーポイントとANAマイルが貯められる多機能クレカです。

楽天ANAマイレージクラブカードって?

「楽天カードのクレジット機能と、ANAのマイレージクラブ」そのどちらも叶えるのが、今回紹介するカード。

クレジットカードで決済をすると、楽天スーパーポイントまたはANAマイルが貯まります

こんな人におすすめ

上記に当てはまる人にとって、1枚でそのどちらもカバーできる楽天ANAマイレージクラブカードの誕生は喜ばしいでしょう。

楽天ANAマイレージクラブカードのスペックは?

楽天スーパーポイントもANAマイルも貯めたい方に朗報!『楽天ANAマイレージクラブカード』が誕生しました。

ざっとまとめると詳細はこんな感じ。

名称 楽天ANAマイレージクラブカード
  楽天ANAマイレージクラブカード
年会費 初年度無料
2年目以降500円+税
※年1回のカード利用で年会費無料
カードデザイン シルバーとピンクの2種類から選択可
スキップサービス ANAの国内線に搭乗手続きなく搭乗できる
電子マネー 楽天Edyが利用可

楽天Edyは一例だけでもこんなにたくさんのお店で使えますよ。特に、大手コンビニを全てカバーしているのが嬉しいですね。

  • セブンイレブン
  • ファミリーマート
  • ローソン
  • ミニストップ
  • ガスト
  • バーミヤン
  • ジョナサン
  • 紀伊国屋書店
  • マツモトキヨシ
  • ヨドバシカメラ 他

ちなみに既に楽天カードを持っている人が「楽天ANAマイレージクラブカード」を入手したい場合、切替えという形になります。

ポイントコースが選べる!

楽天スーパーポイントもANAマイルも貯めたい方に朗報!『楽天ANAマイレージクラブカード』が誕生しました。

楽天スーパーポイントまたはANAマイルの付与は、自分で選んだコースによって決まります

そのため、基本的には同時付与はされません。

コースは登録後も自由に変更できるので、ライフスタイルに合わせてよりお得な方を選びましょう。

ポイント付与率
楽天スーパーポイント カード利用:100円につき1ポイント
楽天市場での決済に利:用2倍(100円につき2ポイント)
街の楽天スーパーポイント加盟店で利用:最高3倍(100円につき最高3ポイント)
ANAマイル カード利用:200円につき1マイル

楽天スーパーポイントとANAマイルをダブルで貯めたい!

先ほど「楽天スーパーポイントとANAマイルは同時付与されない」と言いました。

しかし、例外として二重取りできる場合も

楽天ANAマイレージクラブカードは、楽天スーパーポイントが貯まるポイントカード機能も兼ね備えています。

そのため、楽天スーパーポイント加盟店で利用した場合は、ANAマイルコースを選んだ人でも別途楽天スーパーポイントを貯められます。

主な楽天スーパーポイント加盟店
  • サークルK
  • サンクス
  • ポプラ
  • ミスタードーナツ
  • プロント
  • 大丸
  • 松坂屋
  • パレットプラザ
  • 出光
  • Joshin

楽天スーパーポイントとANAマイル、どちらも貯めたい方は上記のお店でカードを使うのがおすすめ。

補償内容は?

「ANAマイルを貯めて旅行へ行きたい」と考える方にとって欠かせない海外旅行傷害保険は、最高2,000万円まで補償。

他にも、既存の楽天カードが提供する『あんしん制度』は全て付帯します。

  • カード利用お知らせメール:登録したメールアドレスに利用額を知らせる
  • 商品未着あんしん制度:カードで購入した商品が届かない際に請求を取り消し
  • ネット不正あんしん制度:ネットショッピングでの不正利用時に損害を補償

楽天ANAマイレージクラブカードの狙いとは?

楽天ANAマイレージクラブカードの狙いとは何なのか調べてみました。

ANAは「楽天カードが強みとしている若年層」を、楽天カードは「ANAが強みとしているビジネス層」を。

互いにその得意領域をカバーし合うことで、広範囲にわたって顧客を開拓することが狙いだと語られています。

まだ始まったばかりのクレジットカードですが、今後が楽しみな1枚ですね。

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    Pocket