楽天Edyが地方銀行からのチャージにも対応しました。国内主要銀行以外からチャージできるサービスは業界初!

楽天Edy株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役社長:穂坂 雅之、以下「楽天Edy」)は、地方銀行と協業し、スマートフォンの「楽天Edy」アプリ上で地方銀行の預金口座から電子マネー「楽天Edy」のチャージが可能になりましたので、お知らせいたします。スマートフォンのアプリ上で地方銀行の預金口座から電子マネーをチャージできるサービスは業界初となり、第一弾として3月30日(水)から千葉銀行とのサービスを開始しました。

日本国内で最も会員が多い電子マネー「楽天Edy」は、2016年3月30日(水)より、おサイフケータイを搭載しているスマートフォンであれば、地方銀行からもチャージできるようになりました!

チャージ方法の選択肢が増えたことで、会員にとって利便性アップが期待できるでしょう。

地方銀行から楽天Edyにチャージできる!

楽天Edyが地方銀行からのチャージに対応。国内主要銀行以外からチャージできるサービスは業界初です!

楽天Edyは、「おサイフケータイ」を搭載しているスマートフォン(もしくは携帯電話)の「楽天Edyアプリ」上で、地方銀行の預金口座からもチャージが可能になりました。

※楽天Edyカード(ポイントカード)へは対応していません。

アプリ上で限度額を設定すると、預金口座から都度チャージができる他、楽天Edyの残高が一定額を下回ると自動的にチャージされる「オートチャージサービス」にも対応。

スマートフォンのアプリ上で、地方銀行の預金口座から電子マネーをチャージできるサービスは業界初です。

楽天Edyは国内最大級の電子マネーとして、さらに利便性を高めました。

どこの銀行でチャージできるの?

楽天Edyは2016年3月30日から、千葉銀行とのサービスを開始。

今後はこちらの地方銀行にもサービスを拡大する予定です。

  • 福岡銀行
  • 親和銀行
  • 広島銀行
  • 北陸銀行
  • 滋賀銀行
  • 百五銀行
  • 北海道銀行

その他の楽天Edyチャージ方法は?

その他、楽天Edyのチャージ方法は大まかに分けて3つあります。

  • 現金かクレジットカードでの都度チャージ
  • クレジットカードからのオートチャージ
  • 銀行口座振替(都度またはオートチャージ)
    対応銀行:楽天銀行、三井住友銀行、みずほ銀行、りそな銀行、埼玉りそな銀行、ゆうちょ銀行、信用金庫
    ※おサイフケータイ搭載のスマホもしくは携帯電話のみ

現在も銀行口座からのチャージは可能ですが、国内の主要銀行のみの対応でした。

しかし、今回の協業で地方銀行が加わったことで、さらにチャージ方法の選択肢が増えました!

楽天Edyの狙いは・・・?

今や国民のほとんどがスマートフォン(もしくは携帯電話)を利用しているため、インターネットでのお買物が当たり前となりました。

そのため、LINE Pay(ラインペイ)やPay Pal(ペイパル)のように、「インターネットでの決済を、より手軽にできる決済サービス」へのニーズが高まっています。

中国では既に「銀聯ネット決済」や「Alipay国際決済」など、クレジットカード以外のインターネット決済サービスが一般化しているほど。

楽天Edyもそんなニーズに応えようと、実店舗以外にインターネットでも使える電子マネーとして成長してきましたが、今回、地方銀行に対応したことで、さらに利便性を感じる会員が増えるはず。

その結果として、「ネットで使える電子マネーとしても更に認知度を高めて、楽天Edyの利用者増加につなげる」というのが狙いでしょう。

楽天Edyはクレジットカード一体型がおすすめ

楽天Edyは、楽天カードのようにクレジットカードと一体型のものがおすすめ。

クレジットカードから引落しでチャージができて、支払いもカードをかざすだけで完了します。

クレジットカードからチャージをするとほとんどの場合クレジットポイントが付くので、銀行引き落としや現金チャージよりもお得ですよ。

まとめ

地方銀行との協業は電子マネー業界で初!

楽天Edyは様々な方法でチャージができますが、主要銀行以外の対応は、地方銀行の利用者にとってありがたいですよね。

楽天Edyは利便性の高い電子マネーとして、今後も更に勢力を拡大していくでしょう。

もっと読む

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    Pocket