電子マネー「楽天Edy」を完全攻略!初心者にもわかりやすいようにまとめてみました。

数ある電子マネーの中でも圧倒的にユーザーの多い「楽天Edy」。

事前にチャージしておけばタッチするだけで支払いができるので、コンビニなど少額決済の時にとても便利です。

今回はそんな「楽天Edy」についてまとめてみました。

楽天Edyとは?

楽天Edyとは、楽天グループが提供するプリペイド式の電子マネーのこと

ユーロ (Euro) ・アメリカドル (Dollar) ・円 (Yen) に次ぐ第4の基軸通貨になってほしいと願って、各々の頭文字を取った名称を採用しています。

事前にチャージ(入金)して使う形になっており、おサイフケータイや、カードを用いて利用可能。

コンビニやスーパー、カフェ等様々なお店にて、端末にかざすだけで支払いが完了します。

楽天Edyにはどんなメリットがあるのかというと・・・。

  • 現金を持ち歩かなくて良い
  • 支払いがスピーディー
  • 使える店舗数が多い
  • 楽天スーパーポイントが貯まる
  • 1ポイント=楽天Edy 1円分として交換もできる

楽天グループが提供する電子マネーなので、楽天市場などのサービスを利用する方には、特におすすめです。

楽天スーパーポイントを貯める

電子マネー「楽天Edy」を完全攻略!初心者にもわかりやすいようにまとめてみました。

楽天Edyは、利用200円ごとに楽天市場などで使える楽天スーパーポイントが1ポイント貯まります。

さらに、ポイントプラス加盟店で利用すると2倍(100円につき1ポイント)貯まるので、もっとお得。

主なポイントプラス加盟店
  • サークルK
  • サンクス
  • 椿屋珈琲店
  • てもみん
  • デックス東京ビーチ
  • ダッキーダック
  • 八重洲ブックセンター

また、楽天カードからクレジットチャージを行うと、200円につき1ポイント貯まります

貯めた楽天スーパーポイントは、楽天グループではもちろん利用可能。

しかし、それだけではなく1ポイント=楽天Edy 1円分として交換することも可能なので、次のお買物でダイレクトに活用できます!

こんなお店で使える!

楽天Edyは、電子マネーの中でもトップクラスの加盟店数を誇ります。

その数なんと40万店舗以上

主な楽天Edy加盟店
  • セブンイレブン
  • ローソン
  • ファミリーマート
  • ミニストップ
  • イトーヨーカドー
  • マツモトキヨシ
  • ブックオフ
  • ビックカメラ
  • ヨドバシカメラ
  • 高島屋
  • ららぽーと(店舗による)
  • ドン・キホーテ
  • マクドナルド
  • ガスト
  • PRONTO(プロント)

書ききれません(笑)。

他にもカラオケや居酒屋、ファストフード店、空港なども・・・。

生活に関わるありとあらゆる場所で使えるので、場所を選ばず「お得」を手に出来ます。

ネットショップでも使える

楽天Edyはネットショップでも使えます。

楽天市場ではもちろん、ライバル的存在である「Amazon(アマゾン)」でも利用可能なのが驚き。

楽天Edyが使えるその他ネットショップ
  • アメーバ
  • グルーポン
  • グリー
  • Joshinネットショッピング
  • DMM.com
  • ニッセンオンライン
  • KBSダウンロードモール
  • LINEストア

楽天Edyの入手方法3つ

そんな便利な楽天Edyの入手方法は3つあります。

1.Edy-楽天ポイントカード

電子マネー「楽天Edy」を完全攻略!初心者にもわかりやすいようにまとめてみました。

1つ目の方法は、楽天Edyが貯まる「Edy-楽天ポイントカード」を入手すること。

楽天Edyのオフィシャルサイトから購入できます。

発行手数料
  • Edy-楽天ポイントカード:100円+税
  • キャラクターEdyカード:500円+税

キャラクターデザインだと若干高くなりますが、バリエーション豊富で目を引かれるデザインが多いです。

※別途送料がかかります。

他にもカフェ&バー「PRONTO(プロント)」の店頭でも、プロン党Edy-Rポイントカード(500円+税)を購入できます。

ストラップ型も!

持ち運びに便利な、ストラップ型の楽天Edyもあります。

通常の楽天Edyと同じように使えるので、おサイフケータイがついてないiPhoneユーザー等におすすめ。

価格は980円(+税)ですが、こちらも送料別なので注意してください。

2.ケータイ・スマートフォン

2つ目は、おサイフケータイ機能がついたケータイ・スマホを利用する方法。

専用の楽天Edyアプリをダウンロード後、指示に従って簡単な設定をするだけで楽天Edyが利用できます。

3.楽天Edy付きクレジットカード

そして、一番おすすめしたいのが「楽天Edy付きクレジットカードを利用する」という方法です。

楽天発行のクレジットカードは、最初から楽天Edyが搭載されている種類を選択できます。

特に楽天カードは年会費無料で、新規入会キャンペーンをたびたび実施しているので、楽天Edyの発行手数料を節約できますよ

おサイフケータイと違って、アプリを通して設定する必要もありません。

楽天Edyチャージの方法4つ

楽天Edyは1,000円単位で入金して使う形ですが、チャージの方法が4つあるので確認しておきましょう。

1回のチャージは最大25,000円、楽天Edy自体の上限額は50,000円までとなっています。

  • ケータイ・スマホから:楽天Edyのアプリから手順に従って、その都度チャージ。
  • オートチャージ:残高が設定額を下回ると、登録したクレジットカードから自動でチャージ
  • 街ナカのお店(レジ):お店によっては、レジにて現金チャージが可能。
  • 楽天Edyチャージャー:スーパー、空港、商業施設等に設置してある入金機からチャージ。
  • 銀行口座から:おサイフケータイなら、「楽天Edyオンライン」を利用してチャージ可能。

まとめ

いかがでしたか?楽天Edyは、生活のあらゆるシーンでお得&便利に使えるため、電子マネーの中でも特に人気が高いです。

楽天スーパーポイントを貯めている方は、楽天Edy搭載の楽天カードを利用すると、もっと「お得」を手に出来るでしょう。

クレジットカードとポイントカードが一体になっているので、より利便性が高いですよ。

併せて検討してみてくださいね。

もっと読む

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    Pocket