銀聯ネット決済の利便性

決済サービスを提供する「ソフトバンク・ペイメント・サービス」が、2016年1月25日に銀聯ネット決済を追加しました。

これは中国で最も利用されている「銀聯カード」での決済が、日本のネットショップでも利用できるというもの。

そこで、銀聯ネット決済の導入について、経済効果という観点から分析してみました。

銀聯ネット決済とは?

銀聯カード(Union Pay)は、中国で最も一般的な決済手段。

利用と同時に自身の銀行口座からお金が引き落とされる仕組みで、デビットカードと同じです。

預金残高と紐づけて利用するため、当然ながら口座残高以上の利用はできず、使いすぎの心配はありません。

また、キャッシュカードとしても使えるため非常に優れた決済手段。

この銀聯カードをオンライン上でも利用できるようにしたものが、「銀聯ネット決済」です。

なぜ銀聯ネット決済を導入したのか?

ソフトバンク・ペイメント・サービスが銀聯ネット決済を導入した理由は、中国人顧客の獲得を目指すためです。

訪日外国人消費動向調査によると、日本に訪れる観光客のうち約4人に1人は中国人であり、中国人が日本で利用した金額は1人当たり28万4,000円

また、「2015年に訪日外国人が日本で利用した金額は全体で34,771億円、うち14,174億円が中国人観光客によるもの」だと記録されています。

ということは、中国人顧客の獲得を目指せば間違いなく経済効果が見込めるのです。

中国人顧客の獲得を目指すには、中国国民の約半数(日本の全人口の4.6倍)が利用している「銀聯」を導入するのが必須の流れ。

そこでソフトバンク・ペイメント・サービスは、越境EC向けの決済手段として「銀聯ネット決済」を取り入れ、EC事業者が幅広い範囲で顧客を獲得できるようにと考えたのでしょう。

Alipay国際決済と銀聯ネット決済

ソフトバンク・ペイメント・サービスが電子決済サービス「銀聯ネット決済」を導入。中国人顧客の利便性はどうアップするのか?

ソフトバンク・ペイメント・サービスは既に、中国で最も一般的なオンライン決済方法「Alipay国際決済」を提供しています。

どちらも中国では一般的な決済方法なのですが、大きく分類するなら銀聯カードは実店舗Alipay国際決済はオンラインにてそれぞれ最も利用されています。

今回は銀聯ネット決済の追加で、「Alipay国際決済との区別がつかない」「どちらを導入するべきなのか」と言った疑問が浮かび上がってくるのではないでしょうか?

その違いを説明したいと思います。

Alipay国際決済

Alipay国際決済は、中国の情報技術関連企業のアリババグループ(阿里巴巴集団)によるオンライン決済サービスで、銀聯カードのように実店舗で使うものではありません。

オンライン上にAlipayのアカウントを作成し、その上で利用分だけAlipay口座にチャージする"プリペイド式"。

決済の際はこのAlipay口座から利用分が引き落とされるという流れになります。イメージとしては日本でいうところのYahooウォレットなど。

銀聯ネット決済

銀聯ネット決済は、銀聯カードがオンライン決済に利用できるというサービスです。

日本でもクレジットカードを使ってネットでお買物ができますが、これと同じ。

違いと言えば、銀聯カードが中国ではデビットカードとして利用されているため、その場で預金口座から引落が行われるということだけです。

銀聯ネット決済のメリットは?

およそ6億人(国民の約半数)が所有している銀聯カードは、現金同様もしくはそれ以上の価値を持っており、最も一般的な決済方法。

一方Alipay国際決済はオンライン専用の決済方法であり、会員数は約3億人(2010年時点)と、銀聯カードの半分程度の会員数です。

そこで、国民の約半数が保有している銀聯ネット決済を取り入れることで、顧客の幅が2倍に増える可能性があります

間違いなく経済効果が見込めるでしょう。銀聯ネット決済のメリットはここにあります。

まとめ

前述の通り、訪日外国人が日本で消費した総額のうち約半分が中国人からの利益です。銀聯ネット決済の導入が日本へもたらす影響は、「経済効果のUP」で間違いありません。

実際にソフトバンク・ペイメント・サービスに電話をし、Alipay国際決済と銀聯ネット決済どちらを取り入れるべきかを確認してみたところ、

「中国においてオンラインで最有力のAlipay国際決済と、実店舗で最有力の銀聯カード、そのどちらも決済方法として取り入れることで、幅広い範囲で抜け目なく顧客を獲得していくことができます。」

という回答をいただきました。

近年、マーケティングにおいて鍵となるのは、中国人の顧客獲得に目を向けていくことなのかもしれません。

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    Pocket