電子マネーの種類を比較!国内の主要電子マネー一覧をまとめました。

カードやスマホを、端末にタッチするだけでお買い物ができる「電子マネー」。

「種類が多すぎてどれを選べばいいかわからない!」という方のために、国内の主要電子マネーについてまとめてみました。

それぞれの特徴を知って選択すれば、よりお得なキャッシュレス生活が実現するはず。ぜひ比較の材料にしてもらえたらと思います。

電子マネーについて簡単に説明!

電子マネーは、コンビニ、スーパー、自動販売機、電車、ネットショップ等で現金代わりに利用可能。

種類はプリペイド型(前払い)とポストペイ型(後払い)が存在し、ポストペイ型電子マネーの場合はクレジットカードもしくはケータイとの紐づけが必須となります。

プリペイド型は事前にチャージ(入金)して利用、ポストペイ型は後から利用分が、クレジットカードまたはケータイ料金と合わせて請求されます。

国内の電子マネーでポストペイ型のものは「iD」と「QUICPay」の2種類だけなので、それ以外の電子マネーは全てプリペイド型と覚えておけばOK!

楽天Edy(ラクテンエディ)

楽天と提携する電子マネー。

国内の電子マネーではトップクラスの加盟店数を誇ります。

nanaco(ナナコ)

セブンイレブン、イトーヨーカドーで使える「セブン&アイグループ」の電子マネー。

ポイントが貯まりやすく、セブンカード/アイワイカードを持っていればQUICPay機能も使えます

WAON(ワオン)

主にイオングループで使えることで有名な電子マネー。

犬をモチーフにしたイメージキャラクターと決済音が可愛らしく、主婦にも人気です。

Suica(スイカ)

交通系電子マネー。

日本全国の加盟店や交通機関で使えます。

交通系ICカードの中ではトップクラスの知名度で、交通系電子マネーの起源とも言えます。

モバイルSuica

ケータイ・スマホでSuicaを使いたい方はこちらをご覧ください。

PASMO(パスモ)

Suicaと同じく交通系電子マネー。

Suicaが使える場所でも利用可能。首都圏ではSuica派とPASMO派に分かれます。

iD(アイディ)

国内に2つあるポストペイ型電子マネーのうちの1つ。

ドコモが提供する電子マネーです。

利用分が後から請求されるため、残高を気にする必要がありません。

QUICPay(クイックペイ)

国内に2つあるポストペイ型電子マネーのうちの1つ。

JCBが提供する電子マネーです。

クイックと言うだけあって処理がとても早く、支払いは約1秒で完了します。

電子マネーをコンビニで比較!

各電子マネーをコンビニで比較してみました。

  楽天Edy nanaco WAON Suica PASMO iD QUICPay
ファミマ  
セブンイレブン  
ローソン  
ミニストップ  
サークルK    
デイリー    

大きく差があるのはnanacoとWAON。これらは、全てのコンビニで利用できるというわけではありません。

しかしnanaco、WAONにはそれぞれイトーヨーカドー、イオン等の大手スーパーマーケットで特定のお得を手に出来る強みがあるので、お得面では引け目を取らないでしょう。

まとめ

自分のライフスタイルに合う電子マネーを比較して選択することで、現金ではありえないほどのお得を手にできます。

電子マネーはクレジットカードと一体型のものなら、ポイントが貯まりやすかったり保険が利用できたりと、おすすめです!

トップページ:クレジットカードおすすめ比較で自分ピッタリの1枚を探す

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    Pocket