android700300

米グーグルは三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)と組み、今秋にも日本でスマートフォン(スマホ)を使った電子決済サービス「アンドロイドペイ」を始める。

スマートフォンを使ったGoogleの決済サービス「Android Pay(アンドロイドペイ)」が、2016年12月13日より日本で利用できるようになりました。

Android Pay(アンドロイドペイ)は、専用の読み取り機にスマホを近づけるだけで支払いが完了する便利なサービス。

さっそく、その詳細を見てみましょう。

Android Pay(アンドロイドペイ)とは?

mobile-phone-1572901_960_720

Android Pay(アンドロイドペイ)はお買い物をする時に、「レジの読み取り機にスマホをかざすだけで支払いが完了する」スマホを使った電子決済サービスの1つ。

Googleと三菱UFJフィナンシャルグループが提携し、サービスを開始しました。

利用の手順

tejunn

お店での利用手順は以下の通り。

  • スマホに専用アプリをダウンロード
  • 支払い方法(クレジットカードやデビットカードの情報)を登録
  • レジにスマホをかざす

このように、店先でお金や情報をやり取りすることなくお買い物が完了します

インターネットショッピングではGoogleアカウントを用いて決済します。

Android Pay対象のスマホは?

androidlogo

対象となるのはAndroid(アンドロイド)搭載のスマホ。

中でも「アンドロイド4.4」以降のOSを搭載し、近距離無線通信規格「NFC」に対応したスマホが必要です。

実際にこれにあてまはるスマホは、国内で年間1,000万台以上販売されています。

登録できる支払い方法(クレジットカード・デビットカードなど)は?

money-256314_960_720

Android Payに登録できるのは、現時点でポイントカード「楽天ポイントカード」と電子マネー「楽天Edy」のみ(2016年12月現在)。

また、三菱東京UFJ銀行の発行するデビットカードや、三菱UFJニコスが発行するクレジットカードが使えるようになる予定です。

既にGoogleは、他の電子マネー大手(JR東日本やNTTドコモ、ジェーシービー(JCB)など)との提携も検討しているため、今後も決済手段は拡大していくでしょう。

既存のシステムに相乗りできるようになれば、支払い方法も利用者も一気に拡大すること間違いなしです。

Android Pay(アンドロイドペイ)の特徴

thumb-422147_960_720

グローバルな決済システム

現在、日本国内で普及している電子決済サービスはSuica(スイカ)や楽天Edy(エディ)など。

しかしこれらは、日本国内での利用に限られます。

これに対してAndroid Pay(アンドロイドペイ)は、Googleが2015年秋にアメリカで開始して以降、既にイギリス・オーストラリア・シンガポールにまで拡大しているグローバルな決済システム。

これからは海外でも、スマホ1つでお買い物ができるようになりますよ。

決済手数料

Android Pay(アンドロイドペイ)は、カード会社から決済手数料を取りません

その代わりに利用者の買い物についてのデータを集めて、分析に充てることが予定されています。

これには個人情報保護に対する懸念もありますが、一人一人への広告の効果を高める狙いがあるようです。

ぜひとも、適切な情報管理を求めたいですね。

まとめ

いかがでしたか?

これからますます加速しそうな、スマホを使った電子決済サービス。

Androidなら「Android Pay」、iPhoneなら「Apple Pay」というように、ユーザーが大きく分かれそうな予感です。

もっと読む

  • はてなブックマークに追加
  • Google+でシェア
  • Pocket