Edyチャージアプリ

おサイフケータイ機能が搭載されていない、NFC機能が搭載されたAndroidをお持ちの方必見!アプリを通して、Edyカードの残高・履歴の確認、Edyのお受け取り(ポイントチャージ)、楽天会員IDに登録されているクレジットカードからのチャージが可能です。

2016年12月5日より、Androidアプリ「Edyチャージ」が登場しました。

NCF機能が搭載されたスマートフォンであれば、おサイフケータイにEdyカートをかざすだけでチャージが完了します。

そんな「Edyチャージ」について、早速詳細を見ていきましょう!

「Edyチャージ」とは?

Edyチャージ

「Edyチャージ」とは、Android専用のスマートフォンアプリ。

電子マネー「楽天Edyカード」を、スマホにかざすだけでチャージができるというものです。

おサイフケータイが付いていないスマホでも、NFC機能が付いていれば利用できます

Edyチャージアプリ対象のAndroid端末
  • Huawei Ascend Mate7
  • Huawei Honor6 plus
  • Huawei P9
  • ASUS ZenFone2
  • HTC Desire 626
  • Arrows M01
  • Huawei Honor8
  • Nexus 5X
  • Nexus 6P

「Edyチャージ」アプリでできることは?

Edyチャージ

Edyチャージアプリで出来ることは下記の通り。

  • 残高の確認
  • 楽天会員IDに登録しているクレジットカードからのチャージ
  • Edyの受け取り(Edyギフト機能)
  • ポイントチャージ(対象カードは楽天カード付帯Edy)
  • 利用履歴の確認
  • キャンペーンの確認

チャージはもちろん、残高の確認などもアプリから簡単にできます。

わざわざお店に行かなくても、いつでもその場でチャージできるはとても便利ですね。

「Edyチャージ」アプリの利用方法

Edyカードへのチャージ方法

Edyカードチャージ方法

Edyチャージアプリで、Edyカードにチャージをする方法は次の通り。

  1. チャージボタンをタップ
  2. チャージ金額とパスワードを入力
  3. 対象のEdyカードをかざす

これだけでチャージが完了です。

Edyの受け取り方法

Edyの受け取り方法

Edyギフト機能も利用可能です。Edyの受け取り方法は下記の通り。

  1. プレゼントアイコンをタップ ※受け取るEdyがある時だけ表示されます
  2. 受け取るEdyカードを選択
  3. 受け取るギフトを選択し、対象のEdyカードをかざす

楽天Edy一体型のクレジットカードが便利!

楽天Edy一体型のクレジットカードを持っていれば、Edyチャージアプリをわざわざ利用しなくても、もっと簡単にチャージ可能。

楽天カードは楽天Edyが付帯しており、オートチャージ機能が利用できます。

楽天カード

オートチャージとは、あらかじめ設定しておいた残高を下回った場合、自動で設定額をチャージしてくれる便利なチャージ方法。

もちろんオートチャージを希望しない方は、オンライン上でその都度チャージもできますよ。

楽天カードの利用明細はもちろん、楽天Edyの残高も簡単にスマホで確認できるので、ぜひ検討してみてくださいね。

「Edyチャージ」アプリまとめ

いかがでしたか?

Edyチャージアプリの登場により、今後は店頭レジやチャージ機にわざわざ出向かなくても、いつでもどこでも簡単にチャージができます。

おサイフケータイ機能が搭載されていないAndroidスマホをお持ちの方は、Edyチャージアプリをダウンロードしてみてはいかがでしょうか。

もっと読む

  • はてなブックマークに追加
  • Google+でシェア
  • Pocket