ICOCA

日本全国に11種類ある交通系ICカードのうち、関西・近畿エリアを担当するのが「ICOCA(イコカ)」。

交通系ICカードとして日本で一番有名なのはSuica(スイカ)ですが、正直内容はそこまで変わりません。

それでは、関西・近畿エリア在住の方向けにICOCAを徹底攻略します。

ICOCA(イコカ)とは?

ICOCAはJR西日本発行の交通系ICカードで、近畿圏・岡山・広島・香川エリアを対象としています。

事前にチャージ(入金)しておけば、タッチするだけで乗車やお買い物が楽。

数ある交通系ICカードの中でも日本で一番有名なのはSuica(スイカ)ですが、正直ICOCAもほとんど同じです。

原則として「Suicaで出来ることはICOCAでも出来るし、ICOCAで出来ることはSuicaでも出来る」と覚えておけばOK!

ICOCAの種類

ICOCAにはいくつか種類があり、デザインも結構違います。

個人的に、国内に9つある交通系ICカードの中でもICOCAのデザインは、お気に入りTOP3に入ります(笑)。

※なお、子供用の黄色いデザインは現在は通常のデザイン(青色のカード)へと切り替えが行われています。

ICOCA

ICOCAの種類

  • ICOCA:誰でも利用可。1枚2,000円(初回チャージ:1,500円、デポジット:500円)。
  • こどもICOCA:小児用。本人のみ、12歳となる年度の3月31日まで利用可能。
  • SMART ICOCA:現金なしでチャージ可。クレジットカードと紐づけて利用

※2015年4月以降、一部の自動券売機では1,000円、3,000円、5,000円、10,000円(デポジット500円含む)でも発売。

ちなみに、Suica等とは違って普通のICOCAは記名ができません。

記名に対応しているのは、こどもICOCA、SMART ICOCA、ICOCA定期券のみなので注意しましょう。

ICOCA定期券

ICOCA定期券

定期券一体型のICOCAです。

チャージしておけば、定期券区間外でも改札機にタッチするだけで、乗車区間の運賃を自動精算できます。

ICOCAのメリット

タッチするだけで乗車ができる

事前にチャージ(入金)しておくことで、改札機にタッチするだけで乗車区間の運賃を自動的に清算できます。

そのため、乗り換えでもいちいち清算する必要がなく、乗車がとてもスムーズになります。

日本全国で使える

ICOCAはJR西日本の交通系ICカードですが、実際には日本全国の交通系ICカードと提携しているため相互利用ができます

関西・近畿エリアを対象としてはいますが、出張や旅行等で他の地方に出かけた場合にも問題なく使えます!

※エリアをまたがっての利用は不可。

電子マネーとしてお買い物ができる

電車やバスで利用できるのはもちろん、電子マネーとしてお買い物にも利用可能です。

1枚あればお財布の中もスッキリ。

1枚のカードを繰り返し使える

ICOCAはチャージして使う交通系ICカードなので、1枚持っていれば繰り返し使えます。

残高が少なくなったらチャージしましょう。

利用履歴の確認・印字ができる

  1. タッチパネル型自動券売機のカード挿入口、もしくはカードリーダーの上にICOCAを置く
  2. 画面の指示に従ってボタンをタッチ

これだけの手順で、最大20件までICOCAの利用履歴を確認または印字できます。

紛失しても安心

記名されているICOCAのみ、紛失しても再発行が可能です。

記名式ICOCA
  • こどもICOCA  
  • SMART ICOCA
  • ICOCA定期券
  • こどもICOCA定期券
  • SMART ICOCA定期券

普通のICOCAは記名ができないので注意しましょう。

ICOCAが使えるエリアは?

ICOCA利用可能範囲

ICOCA利用範囲2

関西・近畿エリアの交通系ICカードでありながら、日本全国で使えます。

注意点

アイコンIC

←このマークは、交通系ICカード全国相互利用のシンボルマークです。

つまり、このマークがある場所ならICOCAが使えます!

  • 広島交通系ICカードPASPYエリアでも利用可能。
  • 新幹線は利用不可。
  • エリアをまたがっての利用は不可。
  • 上記のエリア以外では、利用不可。

ICOCAでPiTaPa交通利用エリアの各交通事業者を利用する場合

  • ご乗車前にチャージ(入金)が必要。
  • ご利用の区間の普通運賃を減額します。割引運賃は適用されません。
  • きっぷのご購入やのりこし精算には利用不可。

ICOCAでお買い物ができる!

ICONエリア

このマークがあるお店では、電子マネーとしてお買い物もできます。

利用できるお店の例
  • 駅のキヨスク
  • コンビニ
  • 飲食店
  • 飲料自販機
  • コインロッカー
  • 街ナカのお店 等

交通系ICカードではありますが、ワンタッチでお買い物までできるのでとても便利ですね!

注意点

  • 切符機能のない「ICOCA定期券」は、ICOCA電子マネーが利用不可。
  • 2枚以上のICOCAを併用しての支払いは不可。

まとめ

正直、どの交通系ICカードもそこまで大きな違いはないので、「ご当地カード」くらいの認識でも間違いではないかもしれません。

もっと読む

 

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    Pocket