電子マネーiD(アイディー)とは?メリット&使い方について。

電子マネーは、端末にかざすだけで簡単に支払いできる便利なツール。

代表的なものだと楽天Edyや、PASMO、Suica等が人気を集めていますね。

これらはプリペイド式と呼ばれ、事前にいくらかチャージ(入金)して使う形となっています。

今回はそんな中でも、ポストペイ式でチャージ不要の電子マネー「iD」を紹介したいと思います。

iDとは?

電子マネーiD(アイディー)とは?メリット&使い方やQUICPay(クイックペイ)との違いについて。

iD(アイディー)とは、「スマホやクレジットカードを決済端末にかざすだけで、支払いが完了する電子マネー」のこと。

DoCoMo(ドコモ)と三井住友カードが提携して運営しています。

現金より断然便利です。

iDの使い方は?

iDの使い方としては2通りあります。

  • おサイフケータイ機能付きの携帯電話をかざす
  • iDを搭載したクレジットカードをかざす

iDが使えるお店で「iDで支払う」と伝えれば良いだけなので、とても簡単。

使った分は、iDに登録したクレジットカードの利用分と合わせて、後で請求されます。

ちなみに、おサイフケータイは主にAndroid(アンドロイド)の機能なので、残念ながらiPhoneの方は利用できません・・・。

iPhoneユーザーは、iD付きクレジットカードを利用すると良いでしょう。

iDのメリットは?

iDを利用するメリットについて、プリペイド式電子マネーと比較しながら解説していきます。

支払いがスピーディー

まず一番のメリットは「支払いの簡素化」でしょう。

レジでかざすだけで良いので、いちいち小銭を用意する必要はありません。

「クレジットカードを使いたいけど、サインや暗証番号入力の手間を考えると効率が悪い・・・。」と思う方にとっても便利です。

iDは手持ちのクレジットカードと紐づいているので、間接的にクレジットカード払いという扱いになる上、クレカよりもスピーディーだからです。

チャージの手間がかからない

国内で普及している電子マネーのうち、ポストペイ式を採るものはiDとQUICPay(クイックペイ)のみ

プリペイド式電子マネーだと、残高を気にしながら定期的にチャージ(入金)しなくてはなりません。

しかしiDは後でまとめて支払うポストペイ式なので、チャージ用に現金を用意する手間もかからず、簡単に使えます。

ポイントが付く

iDは、クレジットカードの利用分とまとめて請求されるため、クレジットカードポイントが付きます。

現金ならポイントが付くことはもちろんないので、お得ですね。

どのクレジットカードを紐づけるかによって還元率が変わってくるので、最後にiD利用でお得なクレジットカードも合わせて紹介します。

使えるお店が多い

iDを使える店舗は、59万3,000店舗(2016年現在)!

コンビニ、スーパー、カフェ、ドラッグストア等、日常的に利用するお店で使えます。

また、インターネットショッピングにも利用できます。

主な利用可能サイト
  • amazon
  • タワーレコード
  • ショップジャパン
  • Joshin
  • プレイステーションネットワーク
  • XBOX

iDが使えるお店は?

iDは実店舗では利用範囲がかなり広いので、ジャンル別にその主な店舗を挙げていきます。

見てもらうとわかる通り、暮らしから遊びまでほとんどの分野で使えます。

主なiD加盟店
コンビニ ファミリーマート セブンイレブン ローソン
ローソンストア100 ローソンマート ミニストップ
サークルKサンクス デイリーヤマザキ ポプラ
スーパー&ショッピングセンター イトーヨーカドー イオングループ ドン・キホーテ
ダイソー サミット SHIBUYA109
羽田空港国際線旅客ターミナル ららぽーと横浜  ザ・ダイソー
ドラッグストア ツルハドラッグ セイジョー くすりの福太郎
食事   ガスト マクドナルド ジョナサン
すき家 プロント 笑笑
魚民 和民 白木屋
本・CD/DVD 紀伊国屋書店 ブックオフ(一部店舗) タワーレコード
家電・ドコモショップ ドコモショップ ヨドバシカメラ ビックカメラ
 宿泊・レジャー   歌広場  カラオケの鉄人  ビッグエコー
 シダックス  東京サマーランド  としまえん
ハワイアンズ 富士急ハイランド 東映太泰映画村 

QUICPayとの違いは?

国内ではiDの他にQUICPay(クイックペイ)が、唯一後払いを採る電子マネーとして普及しています。

iDとQUICPayの違いについては、「大差がない」というのが結論ですが、多少の違いをまとめてみました。

  • 発行会社の違い:iDはドコモと三井住友カードが発行。QUICPayはイオンとJCBが発行。
  • 使える店舗の違い:両者共に大手コンビニは全カバー。
    iDの方が、マクドナルドやドン・キホーテ、ビックカメラ等、使えるお店が多い。
  • 支払いのスピードの違い:決済スピードはQUICPayに軍配が上がる印象。

iD(アイディー)利用ポイントが貯まりやすいカード

iD利用分の支払いには、下記のクレジットカードを登録するとお得。

  三井住友VISAクラシックカード dカード Orico Card THE POINT
三井住友VISAクラシックカード Dカード oricothepoint
還元率 0.5% 1.0% 1.0%
特徴 三井住友カードはiDの本家!iDを追加カードとして発行するか、もしくは一体化できる。 ドコモでのお得に特化したクレジットカード。ドコモユーザーには鉄板! ポストペイ式電子マネーiDとQUICPayがダブルで搭載。

まとめ

いかがでしたか?

ポストペイ式の電子マネーなら、残高を気にせずお得&スピーディーな支払いが実現します。

ぜひiDを検討してみてください。

もっと読む

トップページ:クレジットカードおすすめ比較で自分ピッタリの1枚を探す

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    Pocket