miles

日本国内で貯められるマイルの中で有名&人気の高い、JALマイルとANAマイル。

航空機に乗る機会の少ない方ても、一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか?

マイルは貯めることで航空券をゲットできるため、目に見えたお得を実感できます。

しかし「JALかANAのマイルを貯めたいけど、どっちを貯めよう・・・うーん」と思っている方が多いのも事実です。

今回はそんな分かりずらい両マイルの特徴について、解説していきます。

JALマイルとANAマイル

知っている方も多いかとは思いますが、少しだけ触れておきますね。

JALマイルは「日本航空」が提供しているマイルで、ANAマイルは「全日空」が提供しているマイルです。

どちらのマイルも飛行機に乗るたびにフライトマイルが貯まり、マイルの貯まるクレジットカードを使えばショッピングでもマイルを獲得できます。

貯めたマイルは、提携グループ会社の航空券にも交換可能

上手く活用すれば世界中に出掛けられます。

マイルを貯めるメリット

passengers

ではマイルを貯める最大のメリットは何なのでしょうか?

それは、貯めたマイルを使って無料で飛行機に乗れることです。

自分へのご褒美としても良いですし、家族へ航空券のプレゼントもできちゃいます。

また、飛行機の座席をアップグレードできることもメリットです。

エコノミークラスをビジネスクラスにしたり、ビジネスクラスをファーストクラスに変更できます。

JALマイルの特徴

jal

それではここからは、JALマイルの特徴について見ていきましょう。

JALのマイルを貯めるには、JMBと呼ばれるJALマイレージバンクへの入会が必要です。

日本航空は、15の加盟航空会社を持つワンワールドに加入しており、ワンワールドに加盟している提携航空会社のフライトでもJALマイルを獲得&利用できます

また日本航空は、日本国内の地方空港にフライトがあるのも大きな特徴です。

貯めたマイルを使って、日本の隅々まで旅行をしたいという方におすすめの航空会社と言えるでしょう。

空港で使えるJALラウンジについて

jal-lounge

JALが運営する空港ラウンジ(JALラウンジ)は、JAL便のファーストクラスあるいはビジネスクラスに搭乗する方、もしくはJGC(JALグローバルクラブ)の会員資格のある方に開放されています

JGCの会員資格はJGCへ入会することで得られますが、入会するにはいくつか条件があります。

JGCへ入会できる条件は以下の3つ。

これまで航空会社を特定せずに利用していた方や、そもそも1年間であまり飛行機には乗らない方には高いハードルです。

しかしこのハードルをクリアすれば、空港ラウンジの中でもステータスの高いJALラウンジが使えるようになります。

航空会社が運営するラウンジは、クレジットカードの特典に付帯した空港ラウンジよりも、搭乗口に近い場所に設置されていたり、上質な空間を提供してくれるというメリットもあります

また、ワンワールド加盟航空会社の利用時にも、世界600ヶ所以上に設置されたワンワールドのラウンジを利用可能です。

JALカード(年会費:初年度無料/2年目以降2,000円+税)

card_jal_visa

JALカードは、毎年初回の搭乗ごとに1,000マイル貯まり、フライトで10%のボーナスマイルを獲得できるクレジットカードです。

JALが発行するクレジットカードの中では最も年会費が安く、JALマイルを貯める入門用カードとしてもおすすめです。

ショッピングでもマイルを獲得できる1枚として、日常生活も支えてくれます。

ANAマイルの特徴

ANAのマイルを貯めるには、全日空のANAマイレージクラブへ入会する必要があります。

全日空は世界最大の加盟グループであるスターライアンスに加入しており、スターアライアンス加盟航空会社のフライト時にもマイルが加算されます。

また全日空は、世界中の様々な国へのフライトがあるのも大きな特徴。

貯めたマイルを使って、「まだ見たことのない国へ旅立ちたい!」という方におすすめです。

空港で使えるANAラウンジについて

ana-lpounge

ANAラウンジは、ANAグループ運航便とスターアライアンス加盟の航空会社便を利用する方に開放されています。

ANAラウンジを利用できるのは、以下のいずれかの条件に該当する方です。
  • ANAプレミアムメンバーの方
  • ANA Million Miler Program「Lounge Access Card」も持っている方
  • ファーストクラス・ビジネスクラス・プレミアムエコノミー・プレミアムクラスへ搭乗する方
  • ANAカードプレミアムも持っている方
  • 「スターアライアンス・ゴールド」メンバーの方
  • 「ANA SUITE LOUNGE」利用券を持っている方
  • 「ANA MY CHOICE」で有料ラウンジサービスを利用の方

ただし上記に該当しても、全ての空港ラウンジを使えるわけではありません

いずれもANAのランク付けによって、利用できるラウンジが異なります。

ANAラウンジを使う際には、どのラウンジが利用可能なのかを事前にチェックしておきましょう。

またハードルは上がってしまいますが、ANAプレミアムメンバーの中でも「ダイヤモンド・プラチナ・スーパーフライヤーズ」会員の方は、スターアライアンス提携航空便のフライト時に世界1,000ヶ所以上の空港ラウンジを利用できます(スター アライアンス・ゴールドメンバー特典)。

海外へ行く機会が多い方に、おすすめの活用方法です。

ANA VISA一般カード(年会費:初年度無料/2年目以降2,000円+税)

card_anavisa_visa

ANA VISA一般カードは、飛行機に乗らなくてもカードの継続をするだけで毎年1,000マイルを獲得できるクレジットカードです。

フライトでも10%のボーナスマイルが貯まるため、ANA発行のオーソドックスな1枚として人気があります。

ショッピングでマイルを貯めるには、「ポイントをマイルへ交換する」というひと手間が必要ですが、ANAマイルを手軽に貯められるクレカとしておすすめです。

JALマイルとANAマイルの特徴まとめ

JALとANAは国内の二大航空会社として、どちらも素晴らしいおもてなしを提供してくれる会社です。

しかしよく見てみると、各社の特典には微妙な違いがあるため、その違いを把握することで、より自分に合った航空会社を選べるようになります。

どちらかの航空会社に魅力を感じたら、ぜひ会員限定の特典をゲットしてくださいね。

もっと読む

  • はてなブックマークに追加
  • Google+でシェア
  • Pocket