【切符もカードで!】JRの普通乗車券をクレジットカードで買う方法&乗車でポイントを貯める方法。

JRの定期券や、新幹線の特急券などをクレジットカードで購入できるのは当たり前のように知られていますね。

しかし、実は普通乗車券もクレジットカードで購入できることを知っているでしょうか。

今回は、「切符をクレジットカードで買うメリットやデメリットは何なのか?」「乗車でお得にポイントを貯める方法はあるのか?」という疑問を解決しましょう。

クレジットカードで切符を買う!

JRの普通乗車券(切符)をクレジットカードで買う方法は2つあります。

みどりの窓口で買う方法

切符をクレジットカードで買う方法の1つ目は、『みどりの窓口』を利用すること

みどりの窓口に行き、あとは定期券や特急券を買う時と同じです。

行きたい駅と、クレジットカードで支払う旨を伝えるだけでOK。

130円切符区間でも買えますよ。

指定券売機で買う方法

普通の券売機ではクレジットカードで普通乗車券を買うことはできません。

しかし、枠が紫色の『指定券売機』を利用すれば、クレジットカードで切符を購入できます

切符の特徴

クレジットカードで購入した切符は、通常の小さめのものではなく、青色で少し大きめの券となります。

特急券やグリーン車と同じ形をしているので、通常の切符に慣れている人は「あれ?」と思うかもしれません。

しかし、通常の切符と同じように問題なく使えますよ。

どんなクレジットカードが使えるの?

5大国際ブランド(VISA・MasterCard・JCB・アメックス・ダイナースクラブ)のカードならどれでも利用可。

しかし、JR東日本が発行するビューカードで購入すると、ポイントが通常の3倍付きます

また、ビューカードならサインレスで決済できるので、JR東日本エリア在住の方にはビューカードをおすすめします。

メリットは?

ポイントが付く

クレジットカードで切符を買いたいと考えている人のほとんどは、以下のタイプに分類されると思います。

  • ポイントを貯めたい
  • 現金の手持ちがない

そういう方にとって、切符の購入でポイントが付くメリットは大きいでしょう。

先ほども説明しましたが、ビューカードなら通常の3倍のポイントがつきます

JR東日本エリアに住んでいる方なら、他のクレジットカードで切符を買うより断然おすすめ。

購入履歴が明細で確認できる

切符を購入する度に領収書を発行しなくても、自身のクレジットカード利用明細で、簡単に交通費の管理ができます。

最近はネットで明細が管理できるので、楽ですね。

デメリットは?

デメリットとしては、普通に切符を買う場合や、Suicaを使う場合より手間がかかることでしょう

例えばみどりの窓口で130円の切符を購入する場合、並ぶ手間を考えても、還元率が割に合わない気もしますね。

回数券や、最低でも300円程度の購入予定がない場合、みどりの窓口で普通乗車券を買うのはおすすめできません・・・。

もっと時短でお得な方法がある!

ここまでクレジットカードで切符を買う方法を説明してきました。

クレジットカードで切符を買う目的とは主に、『ポイントを貯めること』だと思いますが、そのためにみどりの窓口や指定券売機で、毎回カード決済をするのは非効率。

そこで、日常的に利用する方や移動回数が多い方に、おすすめしたいのがビューカード

ビューカードはSuicaが内蔵されており、一定金額を下回ると自動でチャージされる『オートチャージ機能』が利用できます。

このオートチャージでも通常の3倍(還元率1.5%)のポイントが付くので、手間や還元率を考えてもこちらを利用した方が断然お得。

注意点

ビューカードはJR東日本グループ発行のカードなので、JR東日本エリアに在住している方向けとなります。

まとめ

いかがでしたか?

Suicaを初めとした交通系ICカードの普及により、今や電車の切符を買う機会は、前ほど多くはありません。

しかし、クレジットカードで普通乗車券も買えるということを知っておけば、手持ちの現金がないなど、いざというときにも対応できます。

併せて今回は、乗車でもっとお得にポイントを貯める方法も紹介しました。

いつもの通勤・通学の際にぜひ役立ててくださいね。

もっと読む

トップページ:クレジットカードおすすめ比較で自分ピッタリの1枚を探す

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    Pocket