インターネットショッピング

インターネットショッピングにおいて、クレジットカード決済は広く導入されています。

しかしコンビニ払いはまだまだ対応していないところも多く、クレジットカードを持っていない方からしたら「欲しい商品を購入する決済手段がなかった・・・」なんてケースもあると思います。

今回はそんな方のために、「コンビニ払い非対応のショッピングサイト」でコンビニ払いを使う方法を解説します。

LINE Payカードを使えばコンビニ払い可能!

LINE Payカード

まだ、クレジットカードをお持ちでない皆さん!クレジットカード払いにしか対応していないショッピングサイトで、欲しい商品があったとき、購入を諦めていませんか?コンビ二で買えるLINE Pay カードがあれば、クレジットカード無しでも、簡単にネットショッピングの支払いができます!

例えばAmazonマーケットプレイスは、クレジットカード払いもしくはギフト券にしか対応していません。

せっかく欲しい商品を見つけても、「クレジットカードを持っていないから買えなかった」なんてことは、できるだけ避けたいですよね。

そんな時は「LINE Payカード(ラインペイカード)」を利用すれば、クレジットカードを持っていなくてもコンビニ払いができます。

LINE Payカードの購入&決済方法

1. コンビニでカードをGET(カード自体は無料)

コンビニにてLINE Payカードを入手し、レジで店員さんにチャージ金額を伝えます(1,000円~10,000円の範囲でチャージ可能)。

LINE Payカード購入

※ネットショッピングの支払い金額が、チャージ上限額の10,000円を超える場合はコンビニで別途チャージする必要があります

2. LINEアプリで利用登録

LINE Payカードに同封されているQRコードを読み込み、利用開始手続きをします。

利用登録

3. インターネットショッピングサイトでクレジットカード払いを選択

インターネットショッピングサイト

LINE Payカードには1枚ずつカード番号が付与されているので、この番号を使えばクレジットカードと同じように支払いができます

下図のようにショッピングサイトのフォームに、カード情報を入力すれば決済完了!

支払い情報

LINE Payカードとは?

LINE Payカード

ちなみに「LINE Payカード(ラインペイカード)」とは、プリペイドカードのこと。

クレジットカードは後払いなので、使いすぎが心配でなんとなく手が出せないと思う方もいるでしょう。

しかし、プリペイドカードはあらかじめチャージした分しか使えないため、使いすぎの心配もありません。

LINE Payカードは2.0%という高還元率を誇り、プリペイドカードの中でも特に還元率の高い1枚。

定期的に還元率が2倍にUPするキャンペーン(還元率4.0%)も実施しているので、ぜひ検討してみてくださいね。

LINEPayカード全デザイン

LINEアプリ上から発行申込をすると、コンビニで入手するより時間はかかりますが、上記のデザインも選択可能です。

まとめ

まだまだ、コンビニ払いに対応していないショッピングサイトも多いという現状。

クレジットカードを持っていない方も、プリペイドカード「LINE Payカード」を利用して、ぜひネットショッピングを楽しんでもらえたらと思います。

ちなみに、Orico Card THE POINTネットショッピングでのお得に特化した年会費無料クレジットカード。

使いすぎが心配という方は、利用限度額を下げるなど工夫して所有してみるのもおすすめです。

クレジットカードなら、プリペイドカードにはないメリットもたくさんありますよ。

ぜひ検討してみてくださいね。

もっと読む

  • はてなブックマークに追加
  • Google+でシェア
  • Pocket