LINE Payカード

LINE Pay株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:舛田 淳)は、LINEユーザーのためのお得なプリペイドカード「LINE Pay カード」の取り扱いが全国のコンビニエンスストア、ドラッグストアで2016年11月22日(火)より順次開始いたしますのでお知らせいたします。

2016年11月22日より、「LINE Payカード(ラインペイカード)」がコンビニでも入手&チャージできるようになりました。

これまではLINEアプリ上で申込みをして郵送でカードを受け取るという方法のみでしたが、今後はさらに手軽にカードをGETできますよ。

LINE Payカード店頭販売開始

これまで「LINE Pay カード」を取得するには、LINEアプリ内のLINE Pay画面からお申込みいただき、郵送でカードをお届けするまでに1~2週間お待ちいただいておりました。そのため、ユーザーから「申込んでから届くのに時間がかかる」、「もっと早く使いたい」などの声がいただいておりました。日本全国3万店以上で「LINE Pay カード」を購入することが可能になるため、いつでもどこでもすぐに「LINE Pay カード」を使い始めることができます。

前述の通り、2016年11月22日からLINE Payカードのコンビニ販売が開始となりました。

これまでカードの受け取りは郵送のみだったため、取得までに時間がかかるデメリットがありました。

しかしそんな悩みも今回で解消!

カードは店頭限定の新デザインとなっており、シンプルで素敵です。

LINE Payカード

カード発行自体は無料ですが、店頭での購入時にチャージが必須となります。

チャージ金額は1,000円~10,000円の範囲で選択可能。

チャージ完了後はLINEアプリ上でカード利用開始手続きを行うことで、すぐに利用できますよ。

どこのお店でカードが手に入るの?

対象となるコンビニは下記の2つ。

  • ファミリーマート:約12,000店
  • ローソン:約12,721店

12月中旬以降、更に下記の店舗でもLINE Payカードの販売を開始する予定です。

  • ミニストップ
  • スリーエフ
  • ポプラ
  • コミュニティストア
  • ツルハドラッグ
  • くすりの福太郎
  • ドラッグストア ウェルネス
  • ウオンツ
  • くすりのレディ
  • メディコ21

これまではオンライン上でしか発行手続きが出来なかった「LINE Payカード」ですが、今後は様々な場所でGETできそうです。

LINE Payカード店頭販売の注意点は?

LINE Payカードを店頭で購入する際に、注意しておきたい点を挙げてみました。

LINEプリペイドカードと間違えないように注意!

既にコンビニエンスストアでは「LINEプリペイドカード」が販売されています。

LINEプリペイドカードはLINE Storeでしか使えませんが、LINE Payカードはいろいろなお店やネットショッピングにて利用可能。

LINE Payカード

2つともLINE社が発行するカードなので、店頭では隣同士に並べられている可能性が高いです。

間違って購入しないように注意してくださいね。

既にLINE Payカードを持っている場合は注意!

LINE Payと同期できるカードは1枚のみなので、既にLINE Payカードを持っている方はメインカードを選択しなくてはなりません。

店頭でカードを購入すると、既にお持ちのLINE Payカードと新しく購入したカードの選択画面が表示されます。

LINE Payカード

購入したカードを利用カードとして選択した場合、以前のカードは使えなくなるので注意が必要。

残高や登録情報はそのまま引き継がれるので安心してくださいね。

LINE Payカード店頭取り扱い開始キャンペーン

コンビニとドラッグストアでの「LINE Payカード」取り扱い開始を記念して、キャンペーンを実施中です。

期間2016年11月22日~12月31日
対象「LINE Payカード」を取り扱い各店舗で購入し、利用開始手続きが完了しているユーザー
特典LINE Pay残高120円をプレゼント

※期間中、1人1回のみ。後日自動的にチャージされます。

ぜひ、期間内にコンビニでLINE PayカードをGETし、チャージしてみてくださいね。

LINE Payカード店頭販売まとめ

これまでLINE Payカードは、申込みから手元に届くまで時間がかかるというデメリットがありました。

今後はコンビニで気軽にカードを入手し、その場でチャージして使えるので嬉しいですね。

店頭限定デザインも、白を基調としたシンプルな仕上がりでとても素敵。

「既にLINE Payカードを持っているけれど、店頭限定デザインに切り替えたい」という方も、ぜひ検討してみてくださいね。

もっと読む

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    Pocket