LINE Payカードチャージ

LINE Pay株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:舛田 淳)は、コンビニエンスストア「ローソン」の国内全店舗(12,462店:2016年5月末[ナチュラルローソン、ローソンストア100を含む])のレジで、プリペイドカード「LINE Pay カード」を提示し現金でチャージ(入金)できる「LAWSONレジチャージ」サービスを2016年6月28日(火)に開始することをお知らせいたします。

LINE Payカードに新たなチャージ方法が誕生しました。ローソンのレジでカードを提示し、現金でチャージするという方法です。

コンビニ端末機を使ったチャージはこれまでも可能でしたが、レジで普通の電子マネーと同じようにチャージできるサービスは、ローソンが初!

早速詳細を見ていきましょう。

ローソンのレジで簡単チャージ!

ローソンレジチャージ

2016年6月28日よりLINE Payカードは、ローソンのレジにて現金チャージできるようになりました。

もちろん、ナチュラルローソンやローソンストア100でもチャージ可能です。

ちなみに、LINE Payカードで既に使えるチャージ方法は、下記の3つ。

  • 銀行口座連携
  • コンビニ端末(Loppi、Famiポート等)を使ったコンビニチャージ
  • Pay-easy

コンビニでも端末機を通すことでチャージが可能でしたが、"端末機を通さずにレジで直接チャージできるサービス"はローソンが初です!

チャージ方法

全国のローソンのレジで、LINE Pay カードとチャージしたい金額を渡すだけでチャージが完了します。

ローソンレジチャージの利用方法
  1.  ローソンのレジで、店員に「LINE Pay カード」を渡し、チャージする旨を伝える
  2. チャージしたい金額の現金を渡す(店員側で操作)
  3. 「LINE Pay カード」とレシートを受け取る
  4. チャージ完了時点で、お手元のLINEアプリに完了のメッセージが届く

チャージ可能金額は?

レジチャージ

1,000円以上1円単位でチャージでき、上限は1回49,000円まで。24時間いつでもチャージ可能です!

LINE Payカードは、Suicaや楽天Edyなどの電子マネーと違って、ローソンレジでは1円単位でチャージできます。

「お財布の中に小銭がたくさんあってかさばる・・・。」というシーンなどでも、活躍しそうですね。

ローソンレジチャージのメリットは?

ローソンレジチャージのメリットを挙げてみました。

とにかく簡単

銀行口座連携やコンビニ端末、Pay-easyはチャージ方法として一見複雑そうに感じます。

しかし、レジチャージならLINE payカードと現金を出すだけでOKなので、電子マネーと同じように、とにかく簡単!

「なんだか難しそう・・・」と、チャージに挑戦できなかった方でも、手軽に利用できます。

残高不足にも柔軟に対応

LINE payカードのチャージ方法は、他に銀行口座連携・コンビニ端末・Pay-easyが利用可能。

しかし、万が一お会計中に残高不足が生じた場合、レジでスマホを取り出してチャージの手続きをするのは、時間と手間がかかります。

特に、後ろに人が並んでいる時はスマホを取り出している暇などありません。

そんな時は現金チャージを利用すれば、残高不足でも他のお客さんを待たせることなく柔軟に対応できるでしょう。

「ローソンレジチャージ」公開記念キャンペーン

チャージキャンペーン

ローソンレジチャージのサービス開始を記念して、期間限定のキャンペーンを実施。

ローソンのレジにて、1,000円以上チャージするとLINEポイントが120ポイントもらえます!

名称 「ローソンレジチャージ」公開記念キャンペーン
期間 2016年6月28日(火)〜2016年7月18日(月)までの21日間
対象 ローソンの店頭レジで、「LINE Pay カード」を提示し1,000円以上チャージした方全員
内容 LINEポイント120ポイントプレゼント(初回1回限り)

ぜひ、期間中にチャージしてみてくださいね。

※このキャンペーンは、現在終了しています。

Line payカードのローソンレジチャージまとめ

発行以来、大人気のLINE payカード。チャージ方法がまた1つ増えたことにより、更に利便性がUPしました。

今後、ローソン以外のコンビニでもレジチャージが可能になると、もっと嬉しいです!

もっと読む

ローソンでは、WebMoney Card(ウェブマネーカード)のレジチャージも可能になりました。

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    Pocket