PASMO(パスモ)を徹底解説!詳しく知ってもっとお得&便利に使いこなそう。

PASMO(パスモ)は、きっぷやお財布の代わりとして使える交通系ICカード。

首都圏ではSuicaと並んで最大勢力を誇ります。

今回はそんなPASMOの魅力を徹底解説!

PASMOについて詳しく知って、もっとお得&便利に使いこなしましょう。

PASMOのココが便利!

電車がスムーズ

  • 自動改札機にタッチするだけ
  • 簡単にチャージできる

駅に設置されている券売機やチャージ機から簡単にチャージでき、乗車の際は改札機にかざすだけでOK!

誰でもコツいらずで簡単に使えます。時間のない時に切符購入の手間を省けるメリットは大きいでしょう。

 バスの乗り降りも簡単

  • タッチで乗車できる
  • バスでもチャージできる
  • 一部の都市間高速バスや空港連絡バスでも利用可能

PASMOが利用できるバスは、下のマークが目印。

PASMO(パスモ)を徹底解説!詳しく知ってもっとお得&便利に使いこなそう。

PASMO(Suicaでも可)を利用して、バス特マークがあるバスに乗るとお得です。

  • 自動的にバスポイントが貯まる
  • バスポイントがたまると、PASMO(またはSuica)に特典バスチケットが自動的に付与される
  • 「特典バスチケット」は、次回のバス利用時に運賃として10円単位で自動的に使用される

お買い物もスムーズ

  • 決済端末にタッチするだけ
  • 街のPASMO(またはSuica)加盟店でお買い物できる
  • コインロッカーや駐車所でも利用可能

電子マネーとして、街ナカのPASMO加盟店のお店でも使えます。乗車だけでなく、お店も便利!

PASMOが使える場所

PASMO(パスモ)を徹底解説!詳しく知ってもっとお得&便利に使いこなそう。

PASMOは首都圏の電車やバスで使えるのはもちろんのこと、Suicaが使える場所でも利用できます。

また、PASMOは国内9つの交通系ICカードと相互利用が可能です。

つまり、下記のカードのうちどれか1枚でも持っていれば、互いのエリアでも利用できるということ。他県に出かけた際にも便利ですね!

PASMO(パスモ)を徹底解説!詳しく知ってもっとお得&便利に使いこなそう。

お店で使う場合、Pitapaだけは相互利用の対象外となるので注意が必要です(乗車なら相互利用OK!)。

↓お店で使う場合、Pitapaだけは相互利用の対象外となるので注意が必要です(乗車なら相互利用OK!)。

PASMOが使える代表的なお店

電子マネーとしてPASMOが使えるお店(ほんの一部)
  • ファミリーマート
  • セブンイレブン
  • ローソン
  • ミニストップ
  • サークルK・サンクス
  • イオン
  • イトーヨーカドー
  • ビックカメラ
  • ヨドバシカメラ
  • ドトール
  • ガスト
  • ブックオフ

PASMOの利用履歴

 PASMOは、駅の券売機やバス営業所等で利用履歴の確認ができます。

直近20件まで表示もしくは印字(紙の発行)可能なので、いつでも明細を把握しておけます。

利用履歴として確認できる項目
  • 残額
  • 利用日
  • 利用内容(種別)
  • 運賃を減額した区間
  • バスポイント数(バス営業所のみ)
  • バスチケット残額(バス営業所のみ)

内容欄に表示・印字される文字は下記の内容を表します。

PASMOで乗車した場合
*入 一旦改札を出て電車の乗換えor乗継ぎをした際に、「全区間通算の運賃or乗継割引運賃」が適用される条件を満たした場合
PASMOで出場した場合
定期券区間外と区間内相互間を乗車した場合
バス等 バス(IC運賃機)で利用した場合
現金 チャージした場合
オート オートチャージした場合
他の乗車券類と引換えた場合
窓口等で精算した場合
物販 電子マネーとしてお買い物をした場合

PASMOの種類

PASMOにはいくつかの種類が存在します。

  • 無記名PASMO
  • 記名PASMO
  • PASMO定期券
  • クレジットカード一体型PASMO
  • 小児用PASMO
  • PASMO定期券

種類によって、機能に多少の差があるので、一覧表でしっかり確認しておいてください。

PASMO(パスモ)を徹底解説!詳しく知ってもっとお得&便利に使いこなそう。

また、デポジットとして発行時に500円を支払ったPASMOであれば、PASMOが不要になった際に払い戻しもできます。

更に、記名PASMO/PASMO定期券/クレジットカード一体型PASMOなら、オートチャージが利用できるので非常に便利

 PASMOオートチャージサービスとは?

 オートチャージとは直訳で「自動入金」。

 残高が一定額を下回ると自動的にチャージされるため、毎回PASMOへチャージする必要がなくなります。

乗車の前のひと手間が完全に省けるので、とっても便利!

初期設定は「残高2,000円以下の時に3,000円チャージ」されるようになっていますが、オートチャージの条件や金額に関しては駅の券売機、チャージ機等で変更が可能です。

オートチャージはクレジットカードと紐づけて行われるサービスですが、クレジットカードが指定のものでないと適用されないので、注意が必要です。

オートチャージが利用できるクレジットカード

  • 京王パスポートVISAカード
  • 東急カード
  • SEIBU PRINCE CLUBカード セゾン/SEIBUプリンスカード
  • Tokyo Metro To Me CARD
  • 小田急OPクレジットカード
  • 京急プレミアポイント ゴールド/シルバー 
  • 京成カード
  • 相鉄カード
  • 東武カード
  • 横浜交通hama-eco card
  • パスタウンカード
    (PASMO鉄道事業者の駅、もしくはカード会社にて申込書を配布)

クレジットカード一体型PASMOが断然便利!

PASMOは単体で持っていても十分便利ですが、クレジットカード一体型のものだとかさばらず、更に便利です

PASMOオートチャージも利用できるクレジットカードを集めてみました。

To Me CARD Prime

TO ME Card

メトロポイントとクレジットポイントがダブルで貯まる、まさに東京メトロユーザーの一人勝ちカード!

乗車するだけで最大20円分のポイントが貯まる等、乗車に欠かせない1枚です。

TOKYU CARD ClubQ JMB

TOKYUカード

東急百貨店で最大10.0%の還元率を誇る高還元クレジットカード。

東急線沿線に住む方や、東急百貨店でお買い物の機械が多い方におすすめです。

PASMOオートチャージでも1.0%という高還元率でポイントがもらえます。

TOKYU CARD ClubQ JMB ゴールド

TOKYU CARD CLUB JMB GOLD

TOKYU CARD ClubQ JMBの特典はもちろん全て利用可能。

プラスアルファで高額の補償が付いているため、旅行等で使っても安心の1枚です。

まとめ

ちょっとした工夫で、もっと暮らしやすい毎日になります。

通勤・通学にPASMOを取り入れて、スピーディーでスマートな乗車とお買い物を叶えましょう。

もっと読む

 

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    Pocket