PAY ID

もう支払いのたびにカード情報を入力する必要はありません。PAY IDがあれば、20万を超えるショップで手軽にさくさく買い物が楽しめます。

2016年6月27日、ネットショップを作るためのWEBサービス「BASE」は、「PAY ID」という決済サービスをリリースしました。

ネットショッピングで、毎回クレジットカード情報を入力しなくてはならないことを、煩わしく思っていた方も多いでしょう。PAY IDがあれば、カード情報を入力せずにサクっとお買い物ができちゃいます。

PAY IDとは?

PAY IDとは

PAY IDとは、「BASE」が開発したネットショッピング向けの決済サービス。

ユーザーはあらかじめIDを取得し、そこにクレジットカード情報や届け先住所を登録しておくことで、ID認証だけで購入が完了するという仕組みです。

つまり、一度PAY ID上に情報を登録しておけば、ネットショッピングにおいてその都度カード情報を入力しなくてOK!

例えば「BASE」の店舗ではこれまで、過去に購入したことがあるショッピングサイトでも、商品を購入する度にカード情報や住所の入力が必要でした。

しかしPAY IDがあれば、同一店舗はもちろん、初めて利用する店舗でもこれらの情報を入力する手間が省けます。

PAY IDはウェブでもアプリでも利用でき、複数のカード情報を登録しておけるので、どのカードを使うか自由に選べますよ!

PAY IDの利用方法は?

PAY ID

PAY IDの新規登録に必要なのは、

  • メールアドレス
  • パスワード

の2点だけなので面倒な手続きはなく、シンプルでわかりやすいですね。

新規登録が済んだ後は、クレジットカード情報や届け先住所をPAY ID上に登録します。

ちなみに、登録したカード情報がお店に渡ることはないので、セキュリティ面が不安な方も安心して使えるでしょう。

履歴もスマホで簡単に確認!

PAY ID履歴チェック

PAY IDで購入した履歴も、スマートフォン等で簡単に確認できます。

  • いつ
  • どこで
  • いくら使ったか

など、利用履歴が手軽にチェックできるので、出費を把握しておきたい方にもぴったり。

対象のショッピングサイトは?

PAY ID対応店

PAY IDが導入されているのは、「BASE」を使って開設された20万以上のショッピングサイト。

欲しいと思った商品をワンタップで購入できますよ。

また、今後は加盟サイトや加盟サービスを拡大し、利用シーンをさらに増やすことも視野に入れているそうです。

もっと幅広い範囲でPAY IDが使えるようになると嬉しいですね!

PAY IDの今後の方針は?

現状、PAY IDの利用にはクレジットカードの登録が必須。しかし、BASEは、「将来的にはそれ以外の選択肢も追加していく」という考えを持っています。

ポイントカードや電子マネーなんかも追加されると、クレジットカードを持っていない層からも支持が得られるのではないでしょうか。

また、ネットだけでなくリアル店舗での決済においても、PAY IDを使えるようにしたいとの考えもあります。

イメージとしては、スマートフォンを活用して、バーコードやBluetoothによる決済を実現する感じ。

いずれにしても、「決済手段をできる限りシンプルにしたい」というビジョンに迷いはないようです。

PAY IDまとめ

ネットショッピングにおいて、カード情報や住所の入力が面倒だと思っている方は多いでしょう。

クレジットカード番号を覚えている人は少ないので、いちいちクレジットカードを取り出して確認しなくてはなりません。

自宅にいる時ならまだしも、電車などでネットショッピングを利用する際は、このような行為は非常に手間がかかります・・・。

しかし、PAY IDがあればワンタップで購入が完了するので、手間を省きたい方はぜひ活用してみてくださいね。

もっと読む

複数のクレジットカードを1つのアプリで一括管理!さらにポイントも貯まる!

そんな画期的なアプリ「CRECO(クレコ)」について、ぜひ併せてご覧ください。

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    Pocket