頭を抱える男性

ブラックリストという単語は、誰もが一度は耳にしたことがあると思います。

「ちゃんと支払わないとブラックリストに載っちゃうよ!」なんて、周囲の人から言われたことがある方も多いのではないでしょうか?

でも実際のところ、ブラックリストに載ることによるデメリットって、いまいちよく分からないですよね・・・。

ということで今回はブラックリストについて調べてみました。

普段からお金にルーズな人は、実はブラックリスト予備軍かもしれません!

心あたりがある人は、今すぐ考えを改めることをおすすめします。

そもそもブラックリストとは

黒いリスト

ブラックリストとは、個人の信用情報に傷がついた状態のことです。

具体的に言うと、3ヵ月以上支払いを延滞した人自己破産手続きをした人です。

ちゃんとした金融用語では「金融事故」と呼ばれています。

ちなみにブラックリストという名前の書類が存在しているわけではなく、あくまで金融事故状態の人を「ブラックリストに載った」と表現しているだけです。

この「ブラックリストに載った」状態になると、お金に関わる様々なことに影響が出てきます・・・。

信用情報はどこで管理されている?

ブラックリストとは、個人の信用情報に傷がついた状態だと先ほど説明しました。

この信用情報とは名前や住所、年齢、生年月日など個人を特定する情報と、過去の支払履歴やカードの申込履歴、現在の借入額などクレジットカードやローンの利用状況のことです。

そして、これらの信用情報を管理する機関があります。

大まかな区分ですが、クレジットカードに関する情報はCIC、消費者金融系の情報はJICC、銀行系の情報はKSCが管理しています

信用情報の管理機関
  • CIC(シー・アイ・シー):割賦販売法・貸金業法指定信用情報機関
  • JICC(ジェイ・アイ・シーシー):日本信用情報機構
  • KSC(ケー・エス・シー):全銀行個人情報センター

上記の管理機関の間にはFINEやCRINと呼ばれる情報ネットワークが存在しており、信用情報を共有しています。

信用情報が共有されるとどうなるのか?

電卓とお金

管理機関の間で信用情報が共有されると、例えばクレジットカードの支払いの延滞が原因で、お金を借りられなくなる可能性が高まります

少し分かりにくいところなので、流れを説明していきますね。

まずクレジットカードの延滞記録は、カード会社からCICに報告されます。

そしてCICは、そのデータを他機関であるJICCやKSCに共有します。

そこで、あなたが消費者金融からお金を借りようとしたとしましょう。

消費者金融の業者は「この人はちゃんと返済してくれるか?お金を貸しても大丈夫か?」を審査するために、加盟しているJICCからあなたの信用情報を教えてもらいます。

最初にクレジットカードの延滞情報が登録されたのはCICですが、CICはJICCに延滞記録を共有しているので、JICCの信用情報を見てもカードの延滞記録がわかってしまいます

そのため、「カードの支払延滞が原因でローンの審査にも落ちてしまう・・・」ということが起こるんですね。

つまり、ある機関の管轄内で問題を起こすと、その情報がもれなく他の機関にも知れてしまうというわけです。

「信用情報は共有されている」ということが、なんとなくイメージできたでしょうか?

でも正直、知らないところで自分の情報が共有されていると思うと、ちょっと怖いですよね・・・。

そこでそのような心配を解決するために、こうした管理機関は具体的にどんな情報を扱っているのかもついでに調べてみました。

今回は、クレジットカードの信用情報を管理するCICを取り上げて解説していきます。

CICってなに?

契約書にサインする男性

CICの基本的な役割は、カード発行会社から寄せられた信用情報を管理&共有することです。

CICに加盟しているカード会社は、クレジットカードに関わる情報を提供する代わりに、カード審査に必要な情報を共有してもらっています。

クレジットカードを申し込むと審査がありますよね?

カードの審査では、CICなどの管理機関から提供された情報が判断材料となります

カード会社は利用者の情報を集めて、信用のおける人物かどうかを見極めているということですね。

CICが管理する情報は、申込情報クレジット情報利用状況の3つです。

申込情報

申込情報には、クレジットカードなどの新規申込みをした記録が登録されています。

これを見れば他社のカードに申し込んだことも、審査に落ちたこともわかってしまいます。

申込情報に登録される主な内容
  • 照会日
  • 商品名
  • 契約予定額
  • 支払予定回数
  • 照会会社名

この情報は照会日から数えて6ヵ月前まで見れます。

ちなみに、この申込情報の保存期間である6ヵ月の間であまりにも多くのカードに申し込むと、カードの審査に落ちやすくなるので要注意です。

申込履歴がたくさんあると、「どうしてもカードが必要なくらいお金に困っているの?」とカード会社に判断されてしまいます。

その状態を申込ブラックと呼びます。

クレジットカードを作るときは、同時に複数のカードに申し込むのは止めましょう。

クレジット情報

クレジット情報にはカードの支払状況や分割・ボーナス払いの利用状況、キャッシングの利用状況などが登録されています。

クレジット情報として登録される主な情報
  • 契約内容に関する情報
  • 支払状況に関する情報
  • 分割・ボーナス払いなどに関する情報
  • カードキャッシングなどに関する情報

カードの支払いがきちんとされたかなどの支払延滞データは、支払状況に関する情報として「$」や「A」などの記号で表示されます。

引き落とし日に遅れることなく入金されていれば「$」マーク、延滞すれば「A」マークが付きます。

ただし、延滞のデッドラインはカード会社によってバラバラで、「A」マークをつける明確な基準は決まっていません。

そのため、延滞してしまう前に事前連絡すれば「A」マークをつけないカード会社もあるようです

クレジットカードの支払延滞について、さらに詳しく知りたい人は下記の記事をご覧ください。

利用記録

利用記録には「カードを使って、いつどこで何を購入したか」等が記載されます。

利用記録として登録される主な情報
  • 利用日
  • 利用目的
  • 利用会社名

この情報は利用日から6ヵ月間保存されます。

ブラックリストに登録される原因

電卓とスーツの男性

ブラックリストに登録される主な原因として挙げられるのは2つです。

支払いを延滞してしまった

クレジットカードなどの支払いを3ヵ月以上延滞するとブラックリストに登録されます。

「じゃあ1~2ヵ月の延滞はセーフなのか?」というと、3ヵ月に満たない延滞でもNGです。

ブラックリスト状態にはなりませんが、延滞を起こしたという記録は残るので、カードの継続審査などに影響が出てしまいます。

ちなみにスマホ本体を分割購入している場合、スマホ代の延滞でも同様にブラックリストに登録されてしまいます

これはスマホを扱う大手キャリア会社がCICやJICCに加盟しているためです。

スマホの支払滞納が原因でブラックリスト入りする人は近年増加しているので気をつけましょう。

自己破産等の債務整理をした

当然ながら、自己破産手続きを行った場合はブラックリスト入りします。

また「借金の過払い金請求でブラックリスト入りしてしまう」という話を聞いたことがあるかもしれませんが、これは2010年4月以前の話で、現在は法改正により過払い金請求によってブラックリスト入りすることはありません

ただし完済していない場合など、状況によっては一時的に残ってしまっているケースも考えられるので、不安な方は弁護士に相談するのがおすすめです。

ブラックリストに登録されている期間

金融事故を起こした事実は、CICなどの信用情報を管理する機関によって一定期間保存されます。

3ヵ月以上延滞の場合はCIC・JICC・KSCとも最長で5年間、自己破産の場合だとCICは7年、JICCは5年、KSCは10年残ります。

ブラックリストに載るとどうなるか

傘をさして歩く男性

ここまではブラックリストに載る条件を見てきました。

では実際にブラックリストに載ってしまったらどうなるでしょうか?

ブラックリストに載ると、お金に関わることで不便を感じる生活を強いられます・・・。

ブラックリストに載るとできないこと

ブラックリストに載るとできないことの中で一番困るのは、ローンの審査に通らないことです。

あらゆるローンが組めなくなり、消費者金融からもお金を借りられなくなります。

特に自己破産によってブラックリストに載った人は、銀行ローンが10年組めないと思っておいたほうがいいでしょう。

要するに、信用を失うことでお金が借りられなくなるんです

そしてもうひとつ困ることは、新規にカードが発行できないことです。

金融事故を起こしたカードの会社はもちろん、他のカード会社でも新規のカード発行は難しくなります。

また一度金融事故を起こすと、所有しているカードの継続も断られる可能性があります。

これって精神的にも相当しんどそうですよね・・・。

お金が借りられないってどんな生活?

ブラックリストに載ってしまうと、現金しか使えない生活になります。

住宅ローンや自動車ローンなどのローンの審査に落ちやすくなり、スマホの分割払いも断られる可能性があります。

またクレジットカードも使えないので、高額な商品には手が届きにくくなります。

このように、ローンや分割払いが利用できないと大きな出費が増えるので、ブラックリストに登録されている人は人並み以上に貯金しておくことが大切です

ブラックリストに載ると勤務先にバレる?

ブラックリストに関する疑問として、「ブラックリストに登録されると勤務先に通知されるんじゃないか?」と不安に思っている人が多いようです。

結論から言えば、ブラックリストに登録されても勤務先に知られる心配はありません

この信用情報は加盟会社が参照する以外には、他人が勝手に開示することはできないようになっているためです。

同じ理由で、ブラックリストに載っていたとしても就職活動で不利になることもありません

ただし銀行や金融機関に勤めている場合は、仕事にも影響する可能性はゼロとは言い切れないので、金融事故を起こさないように気をつけるしかないですね・・・。

ちなみに家族にブラックリストの人がいても特に影響はありません。

こんな場合はどうなるの?

悩む男性と札束

先ほど「スマホ代の延滞でもブラックリスト入りする」とお伝えしましたが、スマホ代以外にも毎月支払う代金ってありますよね。

電気代やガス代、家賃などの延滞によってブラックリスト入りすることはあるんでしょうか?

実は信用情報に影響するものもあれば、しないものもあるんです

電気・水道・ガス代の延滞は信用情報に影響しない

電気・水道・ガス代などの公共料金は、延滞しても信用情報に影響はありません

だからと言って延滞していいわけじゃないですが、もしもカードの支払いとガス代の支払いどちらかしか払えないなら、カードを優先したほうがいいと思います。

もちろん公共料金の支払いをカード払いにしている場合は、カードの延滞と同じなのでNGです。

家賃の延滞は信用情報に影響する場合あり

家賃の延滞は、賃貸保証会社を通している場合はNGです。

大家さんに支払うタイプなら延滞しても信用情報に影響はありませんが、人としての信用は失います。

家賃延滞がきっかけで大家さんと揉めて強制退去→住所不定になると、ブラックリスト並みに社会的信用を失い、ローンも組めなくなってしまいます・・・。

きっちり支払うに越したことはありません。

奨学金の延滞はNG!ブラックリスト入りしてしまう

意外なところでは奨学金の延滞です。

奨学金を貸与している日本学生支援機構はKSCに加盟しています。

そのため奨学金もローンとして扱われ、3ヵ月以上滞納するとブラックリストに登録されてしまいます。

クレジットカードの現金化は絶対ダメ

「クレジットカードの現金化」と書かれた怪しげな看板を見たことがありますか?

この行為自体は法律で禁止されているわけではないんですが、カード会社の利用規約では禁止されているため絶対NGです。

もしも利用した事実がカード会社に知れたら、規約違反のため強制解約され、即ブラックリスト入りしてしまいます。

ブラックリストに載っているかを自分で確認する方法

ノートパソコンを操作する人

ここまではブラックリストについての知識を書いてきました。

過去に延滞した記憶がある人は、自分がブラックリストに載っているかどうか、今すごく気になっていますよね?

ブラックリストに載っているかどうかは、自らCICに開示請求をすることで確認できます。

開示された報告書のクレジット情報欄に「異動」という文字があれば、残念ながらブラックリストに載っている状態です。

開示には手数料がかかるので下記の表を参照してください。

CICの開示請求方法と手数料
開示方法手数料
パソコン1,000円(税込)
スマホ1,000円(税込)
郵送1,000円(税込)
窓口500円(税込)

パソコンやスマホを利用したインターネット開示の場合、支払いにクレジットカードが使えます。

窓口で手続きするのが一番安いんですが、窓口はなんと全国に7か所しかありません・・・(汗)。

なので、下記の相談室が生活圏内にある人は窓口での開示がおすすめですが、窓口までの交通費が500円以上かかる人はインターネット開示のほうが簡単です

CICの開示相談室
  • 首都圏開示相談室(新宿)
  • 中部開示相談室(名古屋)
  • 九州開示相談室(福岡)
  • 北海道開示相談室(札幌)
  • 近畿開示相談室(梅田)
  • 東北開示相談室(仙台)
  • 中四国開示相談室(岡山)

ちなみにインターネット開示の場合、上手くダウンロードできなかったり、ダウンロード画面でキャンセルを押してしまうなどして見られないことがあります。

その場合は既にお金を払った状態になってしまっているので、96時間以内に再開示手続きが必要です。

再開示手続きをすれば追加料金なしで開示できます。

ブラックリストのまとめ

こうやってイチから徹底的に調べてみると、ブラックリストに載ってしまうとかなりのデメリットを被ることが改めてわかりました。

そうならないためには、まずはカードの支払いを延滞しないように利用明細や口座残高の確認を忘れないようにしましょう

一度ブラックリストに載ってしまうと残念ながらどうしようもありませんが、さらなる延滞を繰り返さないことが大切です。

信用をコツコツ積み重ねることで、ブラックリスト状態を早く解除できるように心がけてくださいね。

審査の易しいクレジットカード

信用を重ねるための第一歩としては、比較的審査に柔軟なACマスターカードがおすすめです。

金融事故から数年程度で取得できたという噂もあるので「他のクレジットカードはおそらく取得が難しい・・・」と思ったら、ぜひ検討してみてください。

  • はてなブックマークに追加
  • Google+でシェア
  • Pocket