チャージ不要の電子マネー「QUICPay(クイックペイ)」の魅力やiD(アイディ)との違いについて。

国内では様々な電子マネーが普及していますね。

一口に電子マネーと言ってもその種類は様々で、PASMO(パスモ)やSuica(スイカ)等も交通系ICカードとして、電子マネーに含まれます。

今回紹介するのは事前にチャージする必要のない、後払い式電子マネーの「QUICPay(クイックペイ)」

その特徴を説明していきたいと思います。

QUICPay(クイックペイ)とは?

チャージ不要の電子マネー「QUICPay(クイックペイ)」はここが便利!

QUICPayとは、「JCBとイオンクレジットサービスが始めた、事前チャージのいらない電子マネー」のこと。

国内ではこの他に同タイプとして、iD(アイディ)があります。

店頭で、端末にかざすだけで決済が完了するため、現金と比べて非常に管理が楽です。

QUICPayの種類

QUICPayには、3つの種類がありますが、どれを使っても、かざすだけで決済できることに変わりはありません。

いずれのタイプも、クレジットカードに紐づけて利用するため、利用分は後でクレジットカード会社から請求されます

カードタイプ

カードタイプの中にもさらに3つのタイプがあるので、それぞれ説明していきます。

  • 専用カード:QUICPayの機能だけがついた専用のカード。
  • QUICPay搭載型クレジットカード:1枚でクレジットカードとQUICPayの機能を利用できる一体型カード
  • QUICPay(nanaco):セブンイレブン等で発行できるnanacoカード。

nanacoにQUICPayの機能が付帯していたことは私も知らなかったのですが、持っているnanacoの裏面を見てみたところ、本当にQUICPayマークがありました。

モバイルタイプ

携帯電話やスマートフォンに、おサイフケータイの機能がついていれば、モバイルでも利用できます。

FeliCaプラットフォームマークというマークがついていれば、利用可能なので確認してみてください。

チャージ不要の電子マネー「QUICPay(クイックペイ)」はここが便利!

その他タイプ(キーホルダー等)

チャージ不要の電子マネー「QUICPay(クイックペイ)」はここが便利!

あまり知られていませんが、「スピードパスプラス」というキーホルダータイプのQUICPayもあります。

もちろん、カードタイプやモバイルタイプと同じように利用可能。

QUICPayの使い方は?

QUICPayの使い方は4つのステップでとても簡単です。

  1. 店頭にて、QUICPayで支払うことを伝える。
  2. 手持ちのQUICPayを決済端末にかざすと、端末が緑色に点滅し、約1秒で支払い完了
  3. お客様控を受け取る。
  4. 後日クレジットカード利用分と合わせて、QUICPay利用分が請求される。

後払い式電子マネーなので、楽天EdyやSuica(スイカ)のように事前にチャージする必要がありません。

QUICPayはどこで使えるの?

QUICPayが使える主な店舗を挙げてみました。

主なQUICPay加盟店
コンビニ・スーパー ファミリーマート セブンイレブン ローソン
ローソンストア100 ローソンマート ミニストップ
サークルKサンクス デイリーヤマザキ ポプラ
イトーヨーカドー イオングループ ピアゴ
ドラッグストア ツルハドラッグ 富士薬品ドラッグストアグループ くすりの福太郎
食事   すき家 ロイヤルホスト 魚べい
海都 海鮮三崎港 サガミグループ
ショッピング ヨドバシカメラ 阪神・阪急百貨店 HMV
ガソリンスタンド ENEOS(エネオス) 昭和シェル石油 エッソ・モービル・ゼネラル
 レジャー ・
アミューズメント
ユニバーサルスタジオジャパン 富士急ハイランド 東京タワー
タクシー 東京無線タクシー チェッカーキャブ 日本交通
朝日交通株式会社 名古屋近鉄タクシー 東和交通

QUICPayのメリット4つ

QUICPayを持つメリットを4つ挙げてみます。

チャージ不要の電子マネー「QUICPay(クイックペイ)」はここが便利!

支払いが楽

かざすだけで支払いができるので、お財布を出す手間がかかりません。

約1秒で決済が完了するので、「お財布を開けて、現金を数えて、おつりをもらって・・・」という一連の流れと比べると何倍もスピーディーです。

もちろんクレジットカードのような、サイン記入や暗証番号入力を求められることもありません。

ポイントやマイルが貯まる

利用分はクレジットカードから引き落とされるため、カードごとにクレジットポイントが貯まってお得

紐づけるクレジットカードは、なるべく還元率が高いものにすると、よりお得なので、最後におすすめのクレジットカードを紹介します。

チャージ不要

QUICPayは楽天Edy等のプリペイド式電子マネーと違って、後から使った分だけ請求される仕組み。

事前チャージが不要なので、残高不足になる心配はありません。

盗難・紛失も安心

プリペイド式電子マネーは、盗難や紛失の際に損害は補償されません。

しかし、QUICPayならクレジットカードと紐づいているため、クレジットカードと同様の補償が受けられます

iDとQUICPayの違いは?

QUICPayの比較対象とも言える、同じ後払い式電子マネーのiD。2つの違いは何なのでしょうか?

結論から言うと、明確な違いはありません。

強いて挙げるなら、3点。

  • 発行会社の違い:iDはドコモと三井住友カードが発行。QUICPayはイオンとJCBが発行。
  • 使える店舗の違い:両者共に大手コンビニは全カバー。
    iDの方が、マクドナルドやドン・キホーテ、ビックカメラ等、使えるお店が多い。
  • 支払いのスピードの違い:決済スピードはQUICPayに軍配が上がる印象。

そこまで大きな差はないので、好みで選ぶと良いでしょう。

QUICPayでお得なクレジットカード

QUICPay搭載のおすすめクレジットカードを3つ比較してみました。

  JCB一般カード Orico Card THE POINT JCB一般カード/プラスANAマイレージクラブ
card_jcb_jcb oricothepoint JCBカードプラスANAマイレージクラブ
還元率 0.5% 1.0% 0.5%
特徴 QUICPayはJCBの電子マネーなので、本家のクレジットカードがベスト。 iDとQUICPayどちらも搭載。好きな方を利用できておすすめ! QUICPayが使えてANAマイルも貯まるカード。

 まとめ

QUICPayは名前の通り、支払いがとてもスピーディーに出来る電子マネーです。

お財布からお金を出しておつりをもらって・・・という作業を省くことができるので、ぜひ検討してみてください。

もっと読む

トップページ:クレジットカードおすすめ比較で自分ピッタリの1枚を探す

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    Pocket