quicpaynanaco

nanacoにQUICPay機能を追加すれば、更に便利に。サインも現金もいらない、スマートなお支払い機能がnanacoに搭載!!

セブン&アイグループの電子マネー「nanaco」に、QUICPay機能を追加した「クイックペイナナコ」があることをご存知でしょうか?

クイックペイナナコは、セブン&アイグループ以外のQUICPay加盟店でもnanacoポイントを貯められる後払い式電子マネー

実は、Apple Payでもnanacoポイントを貯める方法があるので、こちらも併せて解説していきます。

nanacoユーザーは要チェックです!

QUICPay(nanaco)とは?

qcpnnc

QUICPay(nanaco)は、次の2つが一体型となったもの。

  • nanaco:プリペイド型電子マネー
  • QUICPay:後払い型電子マネー

通常のnanacoカードはチャージ(入金)が必要ですが、手続きをすれば後払いでもnanacoカードが使えるようになります。

このQUICPay(nanaco)を利用するには、nanacoカードとクレジットカードが必要

QUICPayは後払い式電子マネーなので、クレジットカードとの紐づけはどうしても必須となってしまいます。

対象のクレジットカードは?

QUICPay(nanaco)と紐づけができるのは、下記のカード会社発行のクレジットカードです。

  • JCB
  • セブンカード
  • セディナ

どこで使えるの?

通常のnanacoカードは、セブン&アイグループもしくはnanacoマークのある加盟店で使えます。

lead_ver3

しかしQUICPay(nanaco)であれば、上記のお店に加えてQUICPay加盟店でもnanacoカードで決済可能

利用範囲がぐっと広がり、幅広く活躍してくれます。

QUICPay(nanaco)の使い方は?

QUICPay(nanaco)はQUICPayマークのあるお店で利用できます。1回の利用上限は2万円まで。

レジでは、「QUICPayで支払います」と伝えてください。

siharai

下図の通り、クレジットカードの利用明細にQUICPay IDが記載されるため、管理も簡単。

tejunn

QUICPay(nanaco)はクレジットカード決済の扱いなとなり、毎月10日にまとめて引き落とされます。

nanacoポイントの付与について

images

QUICPay(nanaco)を利用するメリットとしては、通常のnanacoよりポイントが多方面で貯まることにあります。

まずは、こちらをご覧ください。

  チャージ ポイント還元率
QUICPay 不要 クレジットポイント:カードによって違う
nanaco 必要 nanacoポイント:100円につき1ポイント
QUICPay(nanaco) 不要 ・基本のnanacoポイント:100円につき1ポイント
・クレジットカードポイント:カードによって違う

QUICPay(nanaco)は紐づけたクレジットカードに応じて、適用されるポイントサービスや還元率が異なります。

例えばJCBやセディナ発行のクレジットカードを紐づけた場合、それぞれJCBとセディナのポイントプログラムが適用されるという感じ。

そのため肝心のnanacoポイントは、nanacoポイント加盟店でしか貯まらず、その他のお店ではカード会社ごとのクレジットポイントが貯まります。

nanacoポイントを効率よく貯めるなら

先ほど説明した通り、QUIC Pay(nanaco)はどのクレジットカードと紐づけるかによって、獲得できるクレジットポイントが異なります。

そこでおすすめしたいのが、「セブンカード・プラス」。

セブンカード・プラス

セブンカード・プラスは、そもそも「nanacoポイント」が貯まるカードなので、どこで使ってもnanacoポイントを獲得できます。

セブンイレブンなら、クレジット決済分のnanacoポイント+加盟店で貯まるnanacoポイントの二重取りが可能です(還元率1.5%)。

セブンカード・プラスとQUICPay(nanaco)が相性抜群な理由

QUICPay(nanaco)を利用するメリットは下記の通り。

  • 「クレジットカードは非加盟だがQUICPayには加盟しているお店」にて、間接的にクレジットカード決済が出来る
  • チャージやサイン、暗証番号が不要なので決済が楽

つまり、QUICPay(nanaco)にセブンカード・プラスを紐づけることで、QUICPayが使える場所であればどこでもnanacoポイントが貯まるというメリットがあるんです。

nanaco加盟店でなければ、還元率は200円につき1ポイントと平均的ですが、あらゆるシーンでお得を取りこぼしたくない人にはぴったりです。

  • nanaco:nanaco加盟店でしかnanacoポイントが貯まらない
  • QUICPay(nanaco):nanaco加盟店に加えてQUICPay加盟店でもnanacoポイントが貯まる

Apple Payでnanacoポイントを貯めるには?

img_applepay01010101

2016年10月25日よりスタートした「Apple Pay」は、残念ながら電子マネー「nanaco」に未対応です。※Apple Payに対応しているプリペイド型電子マネーは、現状Suicaのみ。

しかし、セブンカード・プラスがApple Payに対応しているので、このカードを持つことでApple Payを経由してnanacoポイントを貯められます

Apple PayとQUICPay(nanaco)どちらがおすすめ?

ちなみにセブンカード・プラスはQUICPayが割り当てられるので、決済時は自動的にQUICPay扱いとなります。

そのため、わざわざQUICPay(nanaco)を利用しなくても、Apple Payがあれば同様のポイントサービスを利用できます。 

  • セブンカード・プラス:nanaco機能付き
  • Apple Pay:nanaco非対応だがQUICPayは対応
  • Apple Pay:セブンカード・プラス対応

つまり、Apple Payは電子マネー「nanaco」に未対応ながらも、セブンカード・プラスを登録すればQUICPay加盟店でもnanacoポイントが貯められます

  1. Apple Payにセブンカード・プラスを登録
  2. QUICPayで決済
  3. QUICPayの利用分はセブンカード・プラスから支払う
  4. クレジット決済分のnanacoポイントが貯まる

・・・という流れです。

もちろん、セブンイレブンなどのnanacoポイント加盟店では、さらにnanacoポイントが上乗せされます。

Apple PayでもQUICPay(nanaco)でも内容は変わりません。

ただ、利便性を考えるならカードよりスマホの方が便利かなという印象です。

まとめ

なんとなく複雑な仕組みの「QUICPay(nanaco)」について、お分かりいただけたでしょうか?

QUICPay(nanaco)とApple Payのどちらを使うにしても、nanacoポイントをQUICPay加盟店でも獲得するにはセブンカード・プラスが必須となります。

nanacoポイントを多角的に獲得したい方は、ぜひ検討してみてくださいね。

もっと読む

トップページ:クレジットカードおすすめ比較で自分ピッタリの1枚を探す

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    Pocket