貧乏

皆さんはクレジットカードでお買い物する時に、「リボ払い」という支払方法を使ったことはありますか?

リボ払いとは「リボルビング払い」の略称で、実はその支払方法しか使えない専用のクレジットカードが存在したりします。

名前はそのまんまですが「リボ払い専用カード」と呼ばれるカードです。

今回は、そんなリボ払い専用カードについて調べてみました。

リボ払い専用カードとは

まずはリボ払い専用カードの基本的なことから解説していきたいと思います。

リボ払い専用カードでのトラブルや、実はお得に使える裏ワザもあるので併せて紹介しますね。

そもそもリボ払いって何?

疑問

当たり前のようにクレジットカードを使っていても、「そもそもリボ払いってなんなの?」と思っている方は意外にも多いのではないでしょうか?

リボ払いとは簡単に言えば、毎月借りた残高に対して月々一定額だけを返済する方法のことです。

一気にドカン!と返済する一括払いとは違い、小さい額をコツコツ返していくため、毎月の負担額は抑えられます

だからこそ高額な買い物でも気軽にできちゃうわけですが・・・。

その分高額な金利手数料を取られてしまいます(汗)。

「リボ払い」そのものの説明については、こちらの記事で分かりやすく解説しているので、ぜひご覧ください。

リボ払い専用カードの特徴

さて、クレジットカードには多種多様な支払方法があります。

一括払い、分割払い、ボーナス払いなどなど。

それらの支払方法の中でも、前項で説明したリボ払いだけでカード会社に返済していくクレジットカードがリボ払い専用カードです。

文字通り「リボ払い専用」なので、お店で一括払いを指定しても自動的にリボ払いになります

まさにリボ払いをするためだけに生み出されたカードです。

リボ払い専用カードのトラブル報告

危険

近年、消費者センターには「リボ払い」や「リボ払い専用カード」の相談が増えています。

その中でも特に多いのが、以下の2つです。

  • 作ったクレジットカードが実はリボ払い専用カードで知らずに利用してしまった
  • 繰り返しリボ払いを使ってしまい、いつまでたっても返済が終わらない

原因は、カードの申し込み時にカード会社の説明が曖昧なことと、リボ払いの仕組みについて十分に理解できていなかったこと・・・。

リボ払い専用カードは返済残高に対して金利手数料が発生するため、普通のクレジットカードと同じ感覚で使ってしまうと、どんどん手数料がかかってしまいます

このようなトラブルは、毎月しっかり利用明細を確認することで早期発見が可能です。

リボ払い専用カードを検討の際は、「場合によってはトラブルが発生するかもしれない」ということを胸に留めておいてくださいね。

手数料を発生させず、疑似的に一括払いにする裏ワザ

喜びに飛び跳ねるスーツの男性

先ほどリボ払い専用カードは自動的にリボ払いになるとお話をしました。

ですが、実は疑似的に一括払いにして金利手数料を節約できる裏ワザがあります。

それは、毎月かかるリボ払い返済額をカードの利用限度額と同じ金額に設定する方法です!

リボ払いは返済する残高に対して手数料が発生するので、これなら残高がゼロになり手数料が発生しないという仕組みです。

それには初回の支払いが手数料無料である必要がありますが、それができれば一括払いのごとく支払うことができちゃいます。

ただし、全てのカードで使える裏ワザではないので、申し込みの前に公式サイトで詳細をチェックしてください

後述する専用カードの一覧でも、この方法が利用可能かどうかまとめています。

一般向けカードとリボ払い専用カードの比較

天秤

リボ払い専用カードをより理解するために、一般向けのクレジットカードと比較してみました。

一般向けカードとリボ払い専用カードの比較
  一般カード リボ払い専用カード
支払方法 一括払い / 分割払い / ボーナス払い / リボ払い リボ払いのみ
年会費 無料カードが多い 無料(条件付き無料もあり)
ポイント還元率 0.5%~1.0% 1.0%~2.0%以上
リボ払いの実質年利 15% 9.90%~18.0%
旅行傷害保険 利用付帯が多い 自動付帯が多い

あくまでも参考程度と言った感じですが、一般向けのクレジットカードよりもリボ払い専用カードのほうがお得に見えるかと思います。

しかしリボ払い専用カードは、リボ払いしか利用できないことでプラスマイナス0、むしろマイナスといった印象です

一般向けカードのほうが特典は少ないものの、一括払いや分割払いなどの選択肢があるのは便利ですね。

リボ払い専用カードの種類

数字の3

リボ払い専用カード。いえ、正確に言うと「リボ払い」にはいくつかの種類があります。

大きく3つに分類されるので、それぞれ説明していきますね。

定額方式

定額方式は、残額に対して常に一定額支払う返済方法です。

例えば、毎月1万円が返済額だとすると、完済するまで毎月1万円を支払います。

実際にどんな動きになるのか表で説明しますね。

ここでは返済残高を10万円とし、月々の返済額は1万円と想定しています。

定額方式の例
返済回数 月の負担額 手数料 返済残高
 -  -  - 100,000円
1ヵ月目 10,000円 +1,233円 90,000円
2ヵ月目 10,000円 +1,110円  80,000円
3ヵ月目 10,000円 +986円 70,000円
4ヵ月目 10,000円 +863円  60,000円
5ヵ月目 10,000円 +740円 50,000円
6ヵ月目 10,000円 +616円 40,000円
7ヵ月目 10,000円 +493円 30,000円
8ヵ月目 10,000円 +370円 20,000円
9ヵ月目 10,000円 +248円 10,000円
10ヵ月目 10,000円 +123円 0円

定額方式の場合、一定額を常に支払い続けるので残高が増えると返済期間が長引きますが、月々の負担は安定しています

定率方式

定率方式は、残高の一定割合(%)を返済額として支払う方法です。

返済していくにつれてリボ払いの残高が減るため、毎月負担する金額は少なくなっていきます。

例えば、リボ払い残高が10万円で10%を負担する場合、支払いは1万円。

残高5万円の場合は支払いは5千円となります。

こちらも表を見ていきましょう。

定率方式の例
返済回数 月の負担額(10%) 手数料 返済残高
 -  -  - 100,000円
1ヵ月目 10,000円 +1,200円 90,000円
2ヵ月目 9,000円 +1,080円 81,000円
3ヵ月目 8,100円 +972円 72,900円
4ヵ月目 7,290円 +874円 65,610円
5ヵ月目 6,561円 +787円 59,049円
6ヵ月目 5,904円 +708円 53,145円
7ヵ月目 5,314円 +637円 47,831円
8ヵ月目 47,83円 +573円 43,048円
9ヵ月目 4,304円 +516円 38,744円
10ヵ月目 3,874円 +464円 34,870円
11ヵ月目 3,487円 +418円 31,383円
12ヵ月目 3,138円 +376円 28,245円
13ヵ月目  2,824円 +338円 25,421円 
14ヵ月目 2,542円 +305円 22,879円
 ・・・ ・・・   ・・・ ・・・ 
22ヵ月目 1,094円 +131円 9,850円
22ヵ月目 9,850円(繰上返済) +121円 0円

ふぅ、長すぎて表にするのが大変でした・・・(笑)。

定率方式は割合で返済していくため、最終的に追加で返済を行わなければ完済できません

表では残高が1万円を下回った22ヵ月目で繰上返済したということにしています。

ちなみに「繰上返済」とは、毎月の返済額に追加して返済ができる方法のことです。

残高スライド方式

残高スライド方式は、残高に応じて支払う金額が変化(スライド)する返済方法です。

返済残高に応じた返済額のランクが決められていて、負担する金額は段階的に変化します。

金額がスライドするため、残高が減ると定率方式ほどではないにしろ負担額が減り、支払い時は定額方式のように安定した返済が可能です

残高スライド方式も実際に表で見た方が分かりやすいと思うので、例を挙げてみますね。

ここでは、残高が5万円以上なら支払いは2万円、残高が5万円以下であれば1万円に負担額がスライドしていくと想定します。

残高スライド方式の例
返済回数 月の負担額 手数料 返済残高
- - - 100,000円
1ヵ月目 20,000円 +1,233円 80,000円
2ヵ月目 20,000円 +1,002円 60,000円
3ヵ月目 20,000円 +767円 40,000円
4ヵ月目 10,000円 +530円 30,000円
5ヵ月目 10,000円 +413円 20,000円
6ヵ月目 10,000円 +295円 10,000円
7ヵ月目 10,000円 +176円 0円

表で見ると、他の方式と返済期間の違いが一目瞭然ですね!

残高スライド方式は、他の方式より返済期間を短縮することができます

3つの支払方式の比較

3つの支払い方式の比較を、表にまとめてみました。

リボ払い3種類の比較
  定額 定率 残高スライド
返済額の動き 一定 変化大 変化小
返済期間 最長 
残高が高額時の負担 一定
残高が低額時の負担 一定 少 
採用度

返済額の動きに注目してみると、定額方式は他の方式と異なり返済額が一定なので、残高に関係なく月々の負担額は変わりません。

それに対して、定率方式は残高に対する割合で返済額が変わるため、他の方式と比べると負担額の変化は大きくなります。

例えば同じ10%の割合でも、借入額100万円と5万円では返済額に大きな差ができてしまいますよね。

一方、残高スライド方式は残高に応じて段階的に返済額が変化するので、月々の負担額もゆるやかです。

この3種類の中では残高スライド方式が一番使いやすい支払方式と言えるでしょう。

リボ払い専用カードの紹介

さて次は、現在発行されている主なリボ払い専用カードを紹介しますね。

下の表にある「初回手数料無料」と「返済額を限度額まで引上げ可能」という2つの項目に○がついていれば、先ほど説明した「月々の支払いを限度額と同じにする裏ワザ」が使えます。

リボ払い専用カード一覧
カード名 方式 繰上返済 初回手数料無料 毎月の返済額を限度額まで引上げ可能
ACマスターカード 定率  ○ ×
DCカード Jizile(ジザイル) 定額  ○ ×
JCB EIT カード 定額  ○
三井住友VISAカード エブリプラス 定額 ○ 
セディナカード Jiyu!da! 定額  ○  ○
P-one FLEXY 定額  ×
「ビュー・スイカ」リボカード 定額 ×
UCカード FreeBO! 残高スライド / 定額 / 定率  ○ ×
R-styleカード 残高スライド × ×
ライフカード Stylish 残高スライド  ×  ×
ファミマTカード 残高スライド ○   ○
Orico Card THE POINT UPty 残高スライド ○  ×
ダイナースクラブ リボルビングカード 残高スライド ○   ○

調べてみて驚いたのですが、ACマスターカードやクレジットカード機能付きのファミマTカードってリボ払い専用カードだったんですね・・・。

実際にカードの公式サイトを見てみると、「リボ払い専用カードなのかどうか?」が判別しづらいものもあるので申し込みの際は注意してください。

リボ払い専用カードのメリット

リボ払い専用カードは、実にお得なメリットが付帯します。

ただ、そんな魅力的なメリットもデメリットで帳消しになってしまうのですが・・・(泣)。

それはひとまず置いて、リボ払い専用カードにはどんなメリットがあるのか解説していきます。

年会費が無料

リボ払い専用カードの年会費は基本的に無料です。

例えば、一般向けクレジットカードのJCB一般カードは年会費1,250円(税抜)が必要ですが、リボ払い専用カードのJCB EITは家族会員含めて年会費が永年無料です。

他にも専用カードのR-styleカードは通常年会費が1,250円(税抜)ですが、前年に1回でもカードを利用していれば無料になります。

jaccs_rstylecard

年会費がかかるリボ払い専用カードも、このような簡単な条件を満たせば無料で利用可能です。

ポイントを貯めやすい

リボ払い専用カードは一般向けカードよりも多くポイントが手に入ります。

一般向けカードのポイント還元率が0.5~1.0%なのに対し、リボ払い専用カードの還元率は1.0~2.0%です。

キャンペーンや条件次第では、もっとたくさんのポイントがもらえます。

famimatcard

ファミマTカードを例に挙げると、Tポイント加盟店以外での利用ならポイント還元率は0.5%です。

しかし、このカードをファミリーマートで使うとカード提示の0.5%とクレジット機能の利用で0.5%のポイントがもらえるので、ポイント還元は2倍(1.0%)までアップします!

さらに、火曜日と土曜日ならカード提示でポイント3倍(1.5%)、クレジット利用は2倍(1.0%)になるため合計ポイント還元は5倍(2.5%)です。

ポイントをたくさん貯めたい!という方には、特に魅力的な特典と言えるでしょう。

お店で「一括払い」と伝えても自動でリボ払いになる

クレジットカードの読み取り装置

リボ払い専用カードはお店で一括払いを指定しても自動的にリボ払いになります。

そのため「リボ払いにしたいけどリボ払いだと言いたくない」など、リボ払いであることを隠してお買い物をしたい時に便利です。

一括払いしか対応していないお店であっても、リボ払い専用カードならリボ払いでの支払いが可能です

リボ払い専用カードのデメリット

上記まではメリットをお伝えしてきましたが、やはりリボ払い専用カードはメリットだけに注目していると危険なカードです。

リボ払い専用カードを検討する際は、必ずデメリットのことも念頭に置きましょう。

それでは、2つのデメリットをご紹介していきます。

借金をしている感覚が薄れやすい

おじさん

リボ払い専用カードは、使っていると借金をしている感覚が薄れやすいです。

一括払いであれば、大きな買い物をしても「使いすぎちゃったな」と自制できますが、リボ払いは返済額が少ないため危機感を認識しづらいリスクがあります。

そのうえ毎月一定額の返済はしているため、「自分はしっかり払ってるから大丈夫」だと思いやすいのも恐ろしいところです

返済期間の長期化

頭を抱える男性と無数の数字

リボ払い専用カード最大のデメリットは、返済が終わらず長期化してしまうことです。

完済していないのに翌月も翌々月もカードを使ってしまうと、借金がどんどん積み重なってしまいます。

もちろん積み重なった借金の返済が続いている間は、ず~っと手数料を払い続けなければいけません

下手をすれば「リボ払い残高が膨大になりすぎて、毎月の返済のほとんどが手数料分しか払えていない」なんてこともあります(汗)。

余裕があるなら返済額が積み重なる前に繰上返済(追加返済・臨時返済や早期返済とも)を使い、返済期間を短くすることを心掛けてくださいね。

リボ払い専用カードを安全に利用できる人とは?

正解

さて、リボ払い専用カードには危険性やデメリットが多いと解説してきました・・・が、「リスクは分かったけど、お得を手にしてみたい!」という方も多いのではないでしょうか?

そこで、リボ払い専用カードを安全に利用できそうな人と役立てられそうな人について考えてみました。

リボ払いの仕組みを理解している人

リボ払い専用カードのリスクと仕組みをきちんと理解できている人であれば、危険を回避可能です。

この記事やリボ払いの記事を読んだ方なら大丈夫だと思います(笑)。

そのような方は「疑似一括払いの裏ワザ」を駆使しながら、高いポイント還元等のお得な特典を狙ってみるのもありです。

計画的に返済できる人

繰上返済などを用いて返済をコントロールできる人であれば、リボ払い専用カードでもしっかりとお得を享受可能です。

リボ払い専用カードは無計画に買い物を続けていると負債が膨大になってしまうので、返済の際にはきちんと計画を立てる必要があります

カード会社によってはWebサイト上に返済シュミレーターが用意されているので、それを利用してみるのが良いでしょう。

一時的な利用を目的としている人

「今月はお金がないけどパソコンを買い替えないといけない!」みたいな時はありませんか?

リボ払いへの認識や返済時の計画性を前提として、「現在一時的にお金がないけど、大きな買い物の必要がある人」にはリボ払い専用カードが役立ちます。

もちろん、後でしっかり返済できる見込みがある場合に限ります

もしも返済までに時間が欲しいのであれば、分割払いボーナス払いのほうがおすすめです。

これらの支払方法については、下記の記事で詳しく解説しています。

併せてぜひご覧ください。

リボ払い専用カードのまとめ

さて今回は、リボ払い専用カードについての解説をしてみました。

リボ払い専用カードは、お得なメリットが付帯していますが結局デメリットのほうが大きいです。

リボ払いの記事でも注意している通り、もしもリボ払い専用カードを使う機会があっても「リスクがある」ということを絶対に忘れないでくださいね。

新しくクレジットカードを作る際はそれがリボ払い専用カードでもそうでなくても、しっっっかりと申込説明書や公式サイトをチェックしましょう!

  • はてなブックマークに追加
  • Google+でシェア
  • Pocket