電車

女優の吉永小百合さんが出演するCMで話題の「大人の休日倶楽部」。

テレビCMや旅行雑誌でも多数取り上げられているので、「詳しくは知らないけれど実は興味がある」という方は多いのではないでしょうか?

実は「大人の休日倶楽部」は、JR東日本・JR北海道のきっぷが割引されることもあり、大人の鉄道旅行にはもってこいなんです。

そこで今回は「大人の休日倶楽部」と、入会時に発行される「大人の休日倶楽部カード」についてご紹介します。

大人の休日倶楽部の会員のみに販売される2018年度版のフリーパスや、会員限定のツアーも併せて解説しますね。

大人の旅にお得と楽しさを提供する:大人の休日倶楽部

シニア

大人の休日倶楽部とは、「50歳からの旅と暮らしを応援する」をキャッチコピーに掲げるJR東日本の旅行会員のことです。

コンセプトの通り、50歳以上のミドル・シニア世代を対象にしています。

このサービスはJR東日本が運営していることもあり、鉄道関係のお得な特典を利用できるのが特長です。

そのため、大人の休日倶楽部パスやJR東日本・JR北海道の割引きっぷ、お得なツアープランなどが豊富に用意されています。

入会時に発行されるクレジットカード:大人の休日倶楽部カード

大人の休日倶楽部に入会するには、クレジットカードである大人の休日倶楽部カードの加入が必須です。

カードは年齢別で2種類に分かれており、男性満50歳~64歳、女性満50歳~59歳までの方はミドルカード。

男性満65歳以上、女性満60歳以上の方はジパングカードが対象になります。

それぞれのカードの特徴と共通のサービスは以下の通りです。

大人の休日倶楽部ミドルカード

大人の休日倶楽部ミドルカード

大人の休日倶楽部ミドルカードは満50歳以上の方が対象で、大人の休日倶楽部「ミドル会員」の入会時に発行されます。

年齢:男性 満50歳~64歳
年齢:女性 満50歳~59歳
年会費(カード+会員年会費) 2,385円(税抜)※初年度無料

ミドルカードは年会費が初年度無料、次年度から2,385円(税抜)が必要です。

男性は満50歳から64歳まで、女性の場合は満50歳から59歳の方が入会できます。

ところでこの男女の年齢条件の違い、気になりませんか?

実はこれ、JRが国鉄だった頃の名残なんです。

元々は男女とも65歳以上しか入会できませんでしたが、夫婦の年齢差を考慮すると「夫しか入会できない・・・」という声が多くありました。

そのため、年齢差があっても入会しやすい現在の条件になった経緯があります。

大人の休日倶楽部ジパングカード

大人の休日倶楽部ジパングカード

大人の休日倶楽部ジパングカードは男性が満65歳以上、女性は満60歳以上の方を対象にしたカードで、大人の休日倶楽部「ジパング会員」の入会時に発行されます。

年齢:男性 満65歳以上
年齢:女性 満60歳以上
年会費(カード+会員年会費):個人会員 / 夫婦会員 3,968円(税抜) / 6,778円(税抜)

ジパングカードの年会費は個人会員が3,968円(税抜)で、夫婦会員が6,778円(税抜)です。

この夫婦会員はジパング会員特有のもので、ミドル会員にはありません。

夫婦2人分の年会費を6,778円(税抜)で申し込める代わりに貰えるガイドブックや会員誌が夫婦で1冊になりますが、別々に入会するよりも1,158円(税抜)お得になります。

ちなみに夫婦会員は、どちらかが満65歳以上であれば二人とも申し込むことが可能です

また大人の休日倶楽部「ジパング会員」はミドル会員にはない特典として、日本全国のJR線のきっぷが合計20回まで20~30%割引されます。

  • 1~3回目のきっぷ購入:20%割引
  • 4~20回目のきっぷ購入:30%割引

購入時ときっぷ利用時には、入会の時に発行される会員証と会員手帳を提示する必要がありますが、ひと手間かけるだけで大変お得になります。

大人の休日倶楽部カードの共通サービス

シニア

ミドルカードとジパングカードの共通サービスとして、真っ先に挙げられる特典はJR東日本・JR北海道の「きっぷ運賃割引」です。

片道・往復・連続で201キロ以上なら、回数制限なく割引されます

  • ミドルカード:5%割引
  • ジパングカード:30%割引

それでは、実際にこの特典がどれくらいお得になるのかを検証してみましょう。

例えば、東京駅から宇都宮駅までは片道約109キロ(往復で218キロ)です。

JR新幹線「やまびこ」だと片道4,930円(乗車券:1,940円+指定席:2,990円)が必要なので、往復運賃は9,860円。

これがミドルカードを使えば5%割引で493円、ジパングカードなら30%割引で2,958円もお得になります。

カード決済するだけで割引されるので使い方も簡単です。

他の共通サービスも、せっかくなので表にまとめてみました。

主な特典内容 備考
びゅう国内商品なら同行者も5%割引  JR東日本の国内ツアーが、会員本人だけでなく同行者の方も5%割引されます。回数に制限がないので、旅行をすればするほどお得です。
年会費の支払いや割引切符の購入で「おときゅうポイント」が貯まる おときゅうポイントを貯めると、毎年異なる特典のメニューグレードが上がります。
日々のカード利用でビューサンクスポイントが貯まる ビューサンクスポイントは、メトロポリタンホテルズ共通利用券やグリーン車利用券など、多彩な商品と交換できるポイントです。日々のカード利用でポイントが貯まるだけでなく、Suicaのチャージや定期券の購入でポイント3倍(還元率1.5%)になります。
国内・海外の旅行傷害保険が付帯 海外旅行時は自動的に付帯され、死亡・後遺症時に最高500万円、傷害・疾病時には50万円まで補償されます。国内旅行は、カードで旅行費用を払った時に適用され死亡・後遺症時に最高1,000万円、入院時には日ごとに3,000円、通院で日ごとに2,000円補償されます。
「趣味の会」で学びや芸術にふれられる  「趣味の会」は大人の休日倶楽部のカルチャースクールです。 大正琴入門講座や囲碁教室などの講座やイベントが多数あります。

旅行へ保険付きで出掛けられるのにも注目です。

会員限定のフリーパスで旅行がお得になる:大人の休日倶楽部パス

高齢者

お得になるのは、なにもクレジットカードだけではありません。

大人の休日倶楽部では、枚数限定で「大人の休日倶楽部パス」を会員の方だけに販売しています

このフリーパスは有効期限中の対象路線が乗り降り自由になり、年に1度使うだけでも大変お得です。

遠くまで計画的にお出かけするのも良し、ぶらりと途中下車して自由気ままに散策するのも良しなので、それぞれの目的に合わせた使い方ができます。

それでは早速、2018年度版の大人の休日倶楽部パスをご紹介していきますね。

まずはJR東日本とJR北海道を対象にしたフリーパスです。

【2018年度】大人の休日倶楽部パス(東日本・北海道)
料金 26,000円(税込)
機能 連続する5日間に対象エリア路線の特急・急行・快速・普通列車の普通車自由席が乗り降り自由(あらかじめ指定すれば6回まで普通車指定席も利用可能)
対象路線 新幹線を含むJR東日本全線+JR北海道全線エリア。加えて青い森鉄道線、IGRいわて銀河鉄道線や三陸鉄道線などの一部私鉄。
発売期間 第1回目:2018年5月21日~6月28日
第2回目:2018年10月29日~12月6日
第3回目:2018年12月17日~2019年1月24日
利用期間 第1回目:2018年6月21日~7月3日
第2回目:2018年11月29日~12月11日
第3回目:2019年1月17日~1月29日
対象者 会員本人のみ

このフリーパス1つでJR東日本とJR北海道をカバーしているのに、26,000円(税込)という安さには驚きです。

ただ、値段だけ聞いてもお得さを実感しづらいと思うので、東京駅から函館駅間を例にご説明しますね。

もしも通常料金でJR新幹線はやぶさ+JR特急スーパー北斗で移動したとすると・・・。

片道23,420円(乗車券:11,880円+指定席:11,540円)で、往復なら46,840円です。

ところが大人の休日倶楽部パスを使えば、往復でも26,000円のまま。

つまりこの移動だけで20,840円もお得になり、ミドル会員・ジパング会員のどちらでも年会費の元が簡単に取れちゃいます

若年層の方々が「ずるい!」と羨むのも仕方のないお得さですね(笑)。

次はJR東日本のエリアを対象にしたフリーきっぷを見てみましょう。

【2018年度】大人の休日倶楽部パス(東日本)
料金 15,000円(税込)
機能 連続する4日間に対象エリア路線の特急・急行・快速・普通列車の普通車自由席が乗り降り自由(あらかじめ指定すれば6回まで普通車指定席も利用可能)
対象路線 新幹線を含むJR東日本全線エリア。加えて青い森鉄道線、IGRいわて銀河鉄道線や三陸鉄道線などの一部私鉄。ただし北海道新幹線(新青森~新函館北斗)は利用不可。
発売期間 第1回目:2018年5月21日~6月29日
第2回目:2018年10月29日~12月7日
第3回目:2018年12月17日~2019年1月25日
利用期間 第1回目:2018年6月21日~7月3日
第2回目:2018年11月29日~12月11日
第3回目:2019年1月17日~1月29日
利用象者 会員本人のみ

期間は4日間と他のパスより1日少ないですが、対象エリアの路線を15,000円(税込)で乗り降り自由というコストパフォーマンスは負けていません。

続いては、JR北海道だけを対象にしたフリーパスです。

【2018年度】大人の休日倶楽部パス(北海道)
料金 16,250円(税込)
機能 連続する5日間に対象エリアの特急・急行・快速・普通列車の普通車自由席が乗り降り自由(あらかじめ指定すれば6回まで普通車指定席も利用可能)
対象路線 JR北海道在来線の特急・急行・快速・快速・普通列車。ただし北海道新幹線(新青森~新函館北斗)は利用不可。
発売期間 第1回目:2018年5月21日~6月28日
第2回目:2018年10月29日~12月6日
第3回目:2018年12月17日~2019年1月24日
利用期間 第1回目:2018年6月21日~7月3日
第2回目:2018年11月29日~12月11日
第3回目:2019年1月17日~1月29日
対象者 会員本人のみ

東京都の約35倍もある広大な北海道を、16,250円(税込)で乗り降り自由に移動できます。

北海道旅行において、このパス以上にお得になるサービスは他にないんじゃないでしょうか(笑)。

そして最後に紹介するのは、秋限定のJR東日本+JR北海道エリアのフリーパスです。

【2018年度】大人の休日倶楽部パス(秋の東日本・北海道スペシャル)
料金 26,000円(税込)
機能 連続する5日間に対象エリア路線の特急・急行・快速・普通列車の普通車自由席が乗り降り自由(あらかじめ指定すれば6回まで普通車指定席も利用可能)
対象路線 新幹線を含むJR東日本全線+JR北海道線全線エリア。加えて青い森鉄道線、IGRいわて銀河鉄道線や三陸鉄道線などの一部私鉄。
発売期間 2018年8月3日~9月7日
利用期間 2018年9月3日~9月12日
対象者 会員本人のみ

最初に解説した東日本・北海道のパスとエリア自体は同じですが、利用期間は1回だけです。

秋の行楽シーズンにマッチしたお得なフリーパスとなっています。

さて、これらの大人の休日倶楽部パスは入会したならぜひ利用したいサービスですが、当日販売は行っていないので注意してください。

ちなみに2011年は、東北新幹線の新青森開業記念パスなどが発売されていました。

今後どんなパスが発表されるか分かりませんが、2020年なら東京オリンピックにちなんだフリーパスなどが発売されそうですね

毎年更新されるので、随時公式サイトをチェックしてみてください。

大人の休日倶楽部会員限定:エスコートツアー

大人の休日倶楽部では、会員だけの限定ツアーにも参加が可能です。

なかなか個人では体験できないツアーが、豊富に用意されています。

2018年はJR東日本発足30周年を記念して、特別企画ツアーが募集されていたのが印象的です。

今回は魅力的なツアーの中から3つを抜粋してご紹介します。

【JR東日本発足30周年記念「のってたのしい列車」で行く憧れの名旅館】全室露天風呂付きのお部屋で癒される赤湯温泉「山形座 瀧波」

赤湯温泉参照:山形座 瀧波公式サイト

場所 山形県
出発日 2018年4月14日(土)・15日(日)
泊数 1泊2日
募集人数 40人
旅行代金 39,800円~72,800円(部屋や発着駅によって異なる)
対象者 会員限定

このツアーは、JR東日本が発足して30周年の記念に企画された特別なツアーです。

2017年に全館改修された赤湯温泉の「山形座 瀧波」に貸し切りで宿泊できます。

加えて、のってたのしい列車「とれいゆ つばさ」に乗車できるのも魅力的です。

この列車は足湯(事前にオプション申し込みの必要あり)があったり、バーカウンターが設置されているためテレビでも頻繁に紹介されています。

ちなみに、カード決済の場合は14日前まで受付OKです。

【カシオペア紀行盛岡行きで行く「弘前公園」「五稜郭公園」青森・函館桜紀行】憧れの寝台列車と桜めぐりの旅

桜

場所 函館(北海道)・弘前(青森県) 
出発日 2018年4月28日(土)
泊数 2泊3日(車中1泊) 
募集人数 25名 
旅行代金 139,800円~189,800円(部屋や発着駅によって異なる) 
対象者 会員限定 

こちらは東北の季節を感じられる限定ツアーです。

1999年7月にデビューした寝台特急カシオペアに乗って、弘前公園をはじめ華やかな北の桜を見られます。

カードの決済であれば17日前まで受付OKです。

【日光東照宮の彩色技術を伝承する非公開資料を特別鑑賞】世界遺産「日光東照宮」と「日光山輪王寺・大猷院」特別参拝

見ざる言わざる聞かざる

場所 日光・中禅寺湖(栃木県)
出発日 2018年4月26日(木)・5月9日(水)
泊数 1泊2日
募集人数 20名
旅行代金 94,800円~109,800円(部屋や発着駅によって異なる)
対象者 会員限定

上記ツアーは、日光東照宮で通常非公開の彩色技術を伝承する資料を特別に鑑賞できます

また1日目の予定表を見ると、中禅寺湖のクルージングも行われるようです。

人数に空きがある場合、カード決済なら21日前まで受付ています。

大人の休日倶楽部会員になるためには?

 前半にもお伝えした通り、大人の休日倶楽部に入会するためには「大人の休日倶楽部カード」への加入が必要です。

申し込み方法は3種類あります。

インターネット、書類の郵送、またはJR東日本の旅行センター「びゅうプラザ」から申し込みが可能です。

インターネットで申し込み

ノートPC

インターネットからの申し込みは大人の休日倶楽部ミドルカードのみで、ジパングカードは受け付けていません。

お持ちのパソコンかスマートフォンで、ビューカードのWebサイトから申し込みを行います。

会員規約に同意後、住所などのカード発行に必要な個人情報を入力。

審査に通れば約2週間後にカードが発行されます。

書類の郵送で申し込み

投函

郵送する入会申込書類は、JR東日本やJR北海道の駅で手に入ります。

書類の郵送に必要なものは以下の2点です。

  • 記入済みの入会申込書(ジパング会員を希望の場合は顔写真を添付)
  • 本人確認書類のコピー(例:運転免許証・パスポート・保険証)

郵送の場合は、インターネットからの申し込みと比べて記載漏れが多くなりがちなので注意してくださいね。

「大人の休日倶楽部カード」の発行は、書類がカード会社に到着してから約2週間後です。

ジパング会員の場合は、さらに1週間ほどで会員証や会員手帳が届きます

びゅうプラザに来店して申し込み

署名

JR東日本の旅行センター「びゅうプラザ」でも申し込みが可能です。

申し込みには以下のものが必要になります。

  • 本人確認書類の原本(コピー不可)
  • 顔写真(ジパング会員希望の場合)
  • 金融機関届出印

必要書類に記入後は、郵送での申し込みと同じ流れです。

必要書類がカード会社に届いてから2週間ほどで大人の休日倶楽部カードが発行され、ジパング会委員の方はさらに1週間すると会員証や会員手帳が届きます

なお、びゅうプラザに来店して申し込むと、その場で仮会員証が発行可能です。

仮会員証は、提示すると「大人の休日倶楽部パス」の購入(3回まで)や「びゅう国内旅行商品」の割引を利用できます。

ただし、仮会員証は発行したびゅうプラザでしか使えないので気を付けてくださいね。

大人の休日倶楽部と会員カードのまとめ

さて皆さん、「大人の休日倶楽部」の魅力は伝わりましたでしょうか?

大人の休日倶楽部は、大人の休日倶楽部カードに加入することで入会でき、大人の休日倶楽部パスや会員限定ツアーなどの旅行特典をこれでもかと手にできます。

定年後に新しくクレジットカードを作りたい方や、大人の旅行を楽しみたいミドル・シニア世代の方に大推薦です。

ぜひ大人の休日倶楽部カードを使って優雅な旅を楽しんでくださいね。

  • はてなブックマークに追加
  • Google+でシェア
  • Pocket