WAON

イオン株式会社(以下、イオン)は、2016年6月(予定)より順次、新たな共通ポイント「WAON POINT」サービスを開始します。同サービスの開始にあわせて、現金でのお買い物にも対応する「WAON POINTカード」(入会金・年費無料)を新たに発行し、これまでイオングループ各社で運営していた会員組織(延べ会員数約1億人、カード57種類)を順次統合していきます。

イオン独自の「WAON」が、従来の電子マネーに加えて、共通ポイントとして始動することが決定しました。

 TポイントやPontaポイントのように、チャージではなくポイントカードの提示でWAONポイントが貯まるようになります。

 WAON(ワオン)ポイントが共通ポイント化!

イオンの電子マネー「WAON(ワオン)」が共通ポイントとして始動!今後は電子マネーだけでなくポイントカードとしても使えます。

イオンは、自社のWAONポイントを2016年6月より共通ポイント化することを発表しました。

従来のWAONカードは「チャージして決済をすると、WAONポイントが貯まる電子マネー」です。

今後はこのWAONカードに加えて、電子マネー機能のない共通ポイントカードとして「WAONポイントカード」も導入されます。

また、イオングループ各店舗のそれぞれ異なるポイントサービスを「WAONポイント」へ一本化する予定。

もちろん発行手数料や年会費は無料なので、WAONポイントがさらに貯まりやすくなるでしょう。

 ポイントの還元率は?

共通ポイントとしてのWAONポイントは、原則、利用額200円につき1ポイント貯まります(還元率0.5%)。

しかし、WAONカードを持つ会員に対してはお買い物時のポイント付与を増やすなどして、電子マネーの利用拡大も狙うそうです。

電子マネーとしてのWAONに利用価値がなくならないよう、様々な対策が取り計らわれるのは納得できます。

 共通ポイントとは?

 電子マネー機能のない「WAONポイントカード」は提示するだけで良いので、 現金でのお買い物でもWAONポイントが付きますし、チャージ(入金)の必要はありません。

 同タイプにはTポイントやPontaポイント等があり、これらを「共通ポイント」と呼びます。

貯めた共通ポイントの使い道例
  • 次のお買い物時にお会計に充当
  • 他社ポイントやマイルと交換
  • 希望の商品と交換 等

 文字通り「様々なシーンで、一つのポイントを共通して使える」のが共通ポイントです!

既に持っているWAONカードやイオンカードは?

新たにポイントカードとして発行開始が決まったWAONですが、既に持っている電子マネー「WAONカード」やクレジットカード「イオンカード」に関しては、「WAONポイントカード」への切替えや2枚持ちの必要はありません

これらのカードで電子マネー決済やクレジット決済を行わずに、提示による現金支払いでもWAONポイントが貯まります。

 つまり、「イオン系列の対象カードを持っている人なら、提示でもクレジット決済でも電子マネー決済でもWAONポイントが貯まる」ということ。

イオン発行のクレジットカードについては、当サイトトップページ:クレジットカードおすすめ比較から探してみてくださいね。

 WAONポイント利用開始予定の店舗は? 

共通ポイントとしてのWAONポイントはこのような流れで利用開始の予定です。

  1. イオングループが運営する店舗でサービスを開始
  2. 2016年夏以降、イオングループ以外の提携加盟店やネットでもサービスを開始
  3. 2016年夏以降、提携企業とのポイント交換を開始

利用開始予定のお店(WAON POINT加盟店)

イオン イオンスーパーセンター
マックスバリュ ダイエー
グルメシティ ザ・ビッグ
アコレ ピーコックストア
KOHYO 山陽マルナカ
マルナカ ホームワイド
まいばすけっと イオンバイク
イオンリカー WAON POINT加盟店
(イオンモール、イオンタウンの専門店など)
※2016年6月より順次開始予定
おうちでイオン、イオンネットスーパー、イオンショップ
※2016年度夏頃開始予定
 

WAONポイントとの提携企業は?

 WAONポイントは、2016年度内にはJALのマイルと交換可能になります

 また、2016年夏頃よりこちらの提携先でもWAONポイントが貯まるように。

  • インターネットホテル予約:Agoda.com
  • ウォーキングアプリ連携:ネオス株式会社「RenoBody」 株式会社エムティーアイ「CARADA」

 提携企業は順次拡大予定であるため、さらにWAONポイントの利便性が上がるでしょう。

WAONポイントの使い道が増える!

 WAONポイントは慈善活動にも利用範囲を拡大予定です。

  • 貯める:ウォーキング等の健康増進活動や植樹祭・育樹祭などの環境保護活動に参加
  • 使う:「イオン 幸せの黄色いレシートキャンペーン」対象団体への寄付
       ※イオングループ各店舗で毎月11日に実施

また、WAONポイントを分け合うことも可能に。

  • 家族間でのポイント合算
  • 友人へのポイントプレゼント

イオングループの狙いは?

イオングループは

「行政やインフラ、交通、地域の商店街等との提携を促進し、社会性、公共性に優れ、地域社会の基盤となるような共通ポイントサービスを目指します。」

と話しています。

また、国内最大級のポイントサービスを目指すそうで、イオングループの目標設定も、下記のように明確です。

  • ポイント発行額の規模を、現在の500億から3年後の2018年には1,000億に
  • 会員数を6,000万人(重複を除く)に

まとめ

現在、国内3大勢力と言われているのはTポイント、Pontaポイント、楽天スーパーポイントの3つですが、WAONポイントは、今後3社を脅かす存在となるかもしれません。

もっと読む

電子マネーWAONについて解説している記事です。WAONの基本的な仕組みなどがわかるようになっているので、併せてご一読ください。

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    Pocket