UCSゴールドカード必読解説2016最新版

最新記事: 更新
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    Pocket

UCSゴールドカードのココが『お得』!

UCSゴールドカード

 

UCSゴールドカードは、東海地方を中心に店舗展開するスーパーマーケット「アピタ」「ピアゴ」や、コンビニエンスストア「サークルKサンクス」がお得になるゴールドカードです。

 

アピタの5%割引対象日
  • 毎月:19日・20日(年間24日)
  • 毎月:第2・第4金曜日(年間24日)※ネットスーパーに限る
  • 毎月:お好きな1日(年間12日)
  • 臨時開催:特別感謝デー(年間6日)
  • 臨時開催:誕生祭(年間4日)

 

ピアゴの5%割引対象日
  • 毎週:金曜日(年間52日)
  • 毎月:お好きな1日(年間12日)
  • 臨時開催:ダイナミックサンデー(年間12日)
  • 臨時開催:ピアッキ~まつり(年間12日)
  • 臨時開催:誕生祭(年間4日)

 

ゴールドカードにも関わらず、節約に貢献してくれます。

 

誕生月のお好きな1日を「5%OFF特典日」に設定できる、バースデープレミアムチケットも貰えます。

 

また、このカードはゴールドカード特典として「国内+ハワイ」の空港ラウンジが使えます。

 

UCSゴールドカードで利用可能な空港ラウンジ
  • 新千歳空港
  • 函館空港
  • 青森空港
  • 秋田空港
  • 仙台空港
  • 成田国際空港
  • 羽田空港
  • 新潟空港
  • 中部国際空港
  • 富山空港
  • 小松空港
  • 関西国際空港
  • 伊丹空港
  • 神戸空港
  • 岡山空港
  • 広島空港
  • 米子空港
  • 山口宇部空港
  • 高松空港
  • 松山空港
  • 徳島空港
  • 北九州空港
  • 福岡空港
  • 熊本空港
  • 長崎空港
  • 大分空港
  • 鹿児島空港
  • 那覇空港
  • ハワイ・ホノルル国際空港

 

ステータスを感じられる特典もばっちりですね。

 

 

UCSゴールドカードの年会費

UCSゴールドカードは年会費初年度無料、2年目以降は3,000円(税抜)が必要なクレジットカードです。

 

しかし、年間100万円以上のカード利用で、3,000円分のギフトカードが必ずプレゼントされるため、実質負担は税抜3,000円に掛かる消費税240円だけで済みます。

 

年間100万円を達成するには、月額84,000円程度のカード利用が必要です。

 

公共料金の支払い等を、積極的にカード決済しましょう。

 

 

UCSゴールドカードの国際ブランド比較

UCSゴールドカードは国際ブランド、VISA・MastesCard・JCBが使えます。

 

上記で紹介した「空港ラウンジ特典」は、VISA・MasterCardブランドの限定特典となるため、注意しましょう

 

VISA・MasterCardであれば海外でも、不自由なく利用できますよ。

 

 

UCSゴールドカードのポイント

Uポイント

 

UCSゴールドカードはユニーグループの「Uポイント」がUCSカードと同様に、ご利用200円につき1ポイント貯まり、アピタ・ピアゴ・サークルKサンクスの特定日にポイントが2倍貯まります。

 

UCSカードのポイント2倍優待日
  • アピタ・ピアゴ:毎月第2日曜日・第4日曜日
  • サークルKサンクス:毎週土曜日・日曜日
  • ミニピアゴ:毎月15日

 

東京・神奈川を中心に展開する「ミニピアゴ」でも、毎月15日に2倍のポイントを獲得可能です(5%OFF特典はミニピアゴ対象外)。

 

また、1年間の獲得ポイントが5,000ポイント以上になると、翌年のポイント付与が20%アップする「UCSロイヤルメンバーズ」を利用できます。

 

UCSロイヤルメンバーズ

 

会員専用のネットモール「ぽいん貯モール」経由のお買い物なら、最大30倍のポイント獲得も可能ですよ。

 

 

UCSゴールドカードの補償とサービス

UCSゴールドカードには最高5,000万円の海外旅行傷害保険と最高1,000万円の国内旅行傷害保険、最高100万円のショッピング保険が付帯します。

 

この海外旅行傷害保険は旅費等をカードで支払わなくても、自動付帯として保険が適用されるため、いざという時のトラブルにも安心です。

 

また、このカードはゴールドカード特典として「UCSロードサービス24」が無料で使えます。

 

カードを所持するだけで、24時間・年中無休のカーサポートを受けられます。

 

 

UCSゴールドカードおすすめの使い方

UCSゴールドカードはアピタ・ピアゴ・サークルKサンクスをお得に使いつつ、ゴールドカード特典も満喫しましょう。

 

条件付きとは言え、実質240円で所持できるゴールドカードとして、空港ラウンジやロードサービス特典は『お得』そのものです

 

他のクレジットカードでは手にできない「コストパフォーマンスの高さ」を提供してくれます。

 

一般カードであるUCSカードと同様に、アピタ・ピアゴ・サークルKサンクス以外の優待店舗もしっかり活用してくださいね。

 

主なUCSカードの優待加盟店
  • シティツアーズ旅行予約:ポイント5倍
  • ラグーナテンボス:5%OFF
  • 日本モンキーパーク:入園料金(プール付)400円割引
  • HIS海外パックツアー(UCSネットサーブ経由):最大3%OFF
  • 三河湾リゾートリンクス:ソフトドリンク1杯提供
  • ホテル ルートイン:特別割引価格
  • 湯快リゾート:ポイント3倍
  • 淡路インターナショナルホテル ザ・サンプラザ:10%OFF
  • 宇佐美:1リットルあたり2円引き
  • アトムグループ(ステーキ宮・徳兵衛・カルビ大将):ポイント2倍
  • かに本家:5%OFF
  • シダックス:最大30%OFF
  • ドクターシーラボ:ポイント3倍
  • ゴルフパートナー:中古クラブ10%OFF
  • アート引越センター:30%OFF
  • サカイ引越センター:20%OFF+ポイント2倍
  • アリさんマークの引越社:20%OFF

 

 

UCSゴールドカードのデメリット

UCSゴールドカードは、低年会費で使えるゴールドカードとしてデメリットはありません。

 

優待店舗を上手に使うことで、割引&ポイントも簡単に手にできます。

 

節約に貢献する1枚として、活躍してくれるでしょう。

 

 

UCSゴールドカードのライバル比較

UCSゴールドカードのライバルは、同じ低年会費ゴールドカードであるMUFGカード ゴールドです。

 

両カードを比較すると、ステータスではMUFGカード、お得度ではUCSカードが優れています

 

日常生活に近い『お得』を求めている方には、UCSゴールドカードがおすすめです。

 

空港ラウンジの提携数でもUCSカードが優れていますよ。

 

 

UCSゴールドカードのまとめ

UCSゴールドカードは安い年会費で、日々の暮らしを支えてくれるゴールドカードです。

 

毎日の節約を贅沢な旅行特典に変えられるため、主婦層を始め幅広く人気があります。

 

アピタ・ピアゴ・サークルKサンクスを使う方に、劇的な節約効果を提供してくれるでしょう。

 

 

公式サイトでもっと見る

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    Pocket

UCSゴールドカードの基本情報

カード名 UCSゴールドカード
申込資格 勤続5年以上、本人年収500万円以上で30歳以上の方、安定した収入があり社会的信用を有する方
発行期間 約4週間
入会金 無料 支払い方法 1回払い
年会費(本人) 初年度 無料 2回払い
2年目以降 税抜3,000円+税 ボーナス払い
年会費(追加) 初年度 無料 分割払い
2年目以降 税抜1,000円+税 リボ払い
解約金 無料 その他 -
締め日 10日・13日・15日 支払日 翌月10日

UCSゴールドカードの付帯保険・補償

旅行傷害保険 海外 最高5,000万円 ショッピング保険 最高100万円
国内 最高1,000万円 紛失・盗難補償

ETCカード

ETCカード 年会費 無料
備考 -

電子マネー

電子マネー -

空港サービス

空港ラウンジ プライオリティパス -

発行会社

会社名 株式会社UCS
所在地 愛知県稲沢市天池五反田町1番地
設立日 1991年5月

 

公式サイトでもっと見る

楽天カード特集